ロバート・シルヴァーバーグ

Robert Silverberg

1935/ 1/15- U.S.A
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

多作のデヴュー期を過ぎ、典型的な化け方をした作家。
ある時期に変貌を遂げるアーティストは多いが、シルヴァーバーグもそのひとり。
多作だった時代の作品は垣間見ることしかできないが、もともと力量はあったのだろうと思う。
真の力を備えているアーティストは、必ず変貌し、その実力を見せつけるものである。だが、えせ実力者は、変貌さえも遂げずに消え行く運命なのだ。

多作時代のペン・ネーム。
デイヴィット・オズボーン(David Osborne)、キャルヴィン・M・ノックス(Calvin M. Knox)、アイヴァー・ジョーゲンスン(Ivar Jogensen)、アレグザンダー・ブレード(Alexander Blade)、
リチャード・F・ワトスン(Richard F. Watson)、ダン・マルカム(Dan Malcolm)、ラルフ・バーグ(Ralph Burke)、ロバート・アーネット(Robert Arnette)、エリック・ロドマン(Eric Rodman)、
ウォーレン・キャステル(Warren Kastel)、ホール・ソーントン(Hall Thornton)、アレックス・メリマン(Alex Merriman)、T・D・ベスレン(T. D. Bethlen)、E・K・ジャーヴィス(E. K. Jarvis)、
S・M・テネショー(S. M. Tenneshaw)、ダーク・クリントン(Dirk Clinton)、ウェバー・マーティン(Webber Martin)、ウォーカー・チャップマン(Walker Chapman)、リー・セバスチアン(Lee Sebastian)等々。

Amazon ロバート・シルヴァーバーグ Robert Silverberg

Novel

『生と死の支配者』 Master of Life and Death (1957)

『10万光年の迷路』 Collision Couse (1961)

『生命への回帰』 Recalled to Life (1962)

『多元世界の門』 The Gate of Worlds (1967)

『いばらの旅路』 Thorns (1967)

『時の仮面』 The Masks of Time (1968)

『時間線を遡って』 Up the Line (1969)

『いまひとたびの生』 To live Again (1969)

『夜の翼』 Nightwings (1969)

『大地への下降』 Downward to the Earth (1970)

『ガラスの塔』 Tower of Glass (1970)

『禁じられた惑星』 A Time of Changes (1971)

『内側の世界』 The World Inside (1971)

『一人の中の二人』 The Second Trip (1972)

『内死』 Dying Inside (1972)

『確率人間』 The Stochastic Man (1975)

『不老不死プロジェクト』 Shadrach in the Furnace (1976)

『夜来たる -長編版』 NightFall (1990)

『アンドリューNDR114』 The Positronic Man (1992)


『ヴァレンタイン卿の城』 Lord Valentine's Castle (1980)

『マジプール年代記』 Majipoor Chronicles (1982)

『<教皇>ヴァレンタイン』 Valentine Pontifex (1983)

Collection

『我ら死者とともに産まれる』 Born with the Dead (1974)

Short Fiction

「決断」 Sound Decision (Astounding 1956/10)

「奥の手」 The Werewolf Gambit (1957)

「水星に太陽が…」 Sunrise on Mercury (SF Stories 1957/ 5)

「上か下か」 Worman's World (Imagination 1957/ 6)

「暗殺者」 The Assassin (Imaginative Tales 1957/ 6)

「記憶が俺を」 The Man who never forgot (F&SF 1958/ 2)

「アラリー」 Alaree (Saturn 1958/ 3)

「鉄の独裁者」 The Iron Chancellor (Galaxy 1958/ 5)

「闇に至る道」 Road to Nightfall (Fantastic Universe 1958/ 7)

「ささやかな知恵」 A Little Intelligence (Future 1958/10)

「だましあい」 Double Dare (Galaxy 1956/11)

「墓場からの帰還」 Back from the Grave(Coffins are for Corpses) (Monster Parade 1958/12)

「社内販売」 Company Store (Analog 1959)

「クトゥルーの眷属」 Demons of Cthulhu (Monster Parade 1959/ 3)

「マグワンプ 4」 Mugwump Four (Galaxy 1959/ 8)

「どんな場所?」 The Nature of the Place (F&SF 1963/ 2)

「見えない男」 To See the Invisible Man (Worlds of Tomorrow 1963/ 4)

「第六の宮殿」 The Sixth Palace (Galaxy 1965/ 2)

「改体者の行く道」 Where the Changelings Ones Go (Galaxy 1966/ 2)

「蠅」 Flies (editor:(Harlan Ellison) Dangerous Visions 1967)

「ホークスビル収容所」 Hawksbill Station (Galaxy 1967/ 8)

「すいすい落ちてく」 Going Down Smooth (Galaxy 1968/ 8)

「憑きもの」 Passengers (editor:Damon Knight Orbit 4 1968)

「太陽踊り」 Sundunce (F&SF 1969/ 6)

「帰らざる神々」 After the Myths Went Home (F&SF 1969/11)

「現実からのトリップ」 The Reality Trip (If 1970/ 5and6)

「恋するイシュメール」 Ishmeal in Love (F&SF 1970/ 7)

「世界の終わりを見にいったとき」 When We Went To See the End of the World (editor:(Terry Carr) Universe 2 1972)

「ヴァチカンからの吉報」 Good News from the Vatican (editor:(Terry Carr) Universe 1 1971)

「グループ」 In the Group (editor:(Joseph Elder) Eros in Orbit 1973)

「セックスと嘘とタイム・マシン」 Many Mansions (editor:(Terry Carr) Universe 3 1973)

「境界線を越えて」 Getting Across (1973)

「旅」 Trips (editor:(Edward L. Ferman)/(Barry N. Malzberg) Final Stage 1974)

「われら竜脚類の聖母」 Our Lady of the Sauropods (Omni 1980/ 9)

「ソウル・ペインター」 The Soul Painter and the Shapeshifter (Omni 1981/11)

「バジリウス」 Basileus (1983)

「時間層の中の針」 Needle in a Timestack (Playboy 1983/ 6)

「永き夜の終わりに」 Sunrise on Pluto (1985)

「免罪師の物語」 The Pardoner's Tale (Playboy 1987/ 6)

「ハードウェア」 Hardware (Omni 1987/10)

「白亜紀の狩人」 Hanter in the Forest (Omni 1991/10)

「バットマン、夜の街にあらわれる」 Batman in Nighttown (editor:(Martin H. Greenberg) The Further Adventures of Batman 1989)

「第七の神殿」 The Seventh Shrine (editor:(Robert Silverberg) Legends 1999)

「竜帝の姿がわかってきて」 Getting to Know the Dragon (editor:(Robert Silverberg) Far Horizons 1999)


「臆病者の死」 Coward's Death

Anthology/Nonfiction/Etc.

『ミュータント傑作選』 Mutants (1974)

『世界カーSF傑作選』 Car Sinister (1979)


『SFの殿堂 遥かなる地平』 Far Horizons (1999)

『ファンタジイの殿堂 伝説は永遠に』 Legends (1998)


『埋れた古代文明』 Frontiers in Archaelogy (1966)

『地上から消えた動物』 The Dodo, the Auk and the Oryx (1967)

『世界をゆるがせた発明発見の謎』


「「小説工場」とよばれたころは雑誌ぜんぶを、一人でうめてしまったこともある」

「私たちの世代で書物が姿を消すことはないだろう」

「深刻化するSF読者の高齢化問題」 The Audience Frows Older

「彼女に関するいいわけめいたこと」 Reflections

「量と質 -フィリップ・K・デイックの短篇」 Quantity and Quality: The Short Fiction of Philip K. Dick

「海外作家追悼文 -永遠のシェクリイ」 Robert Sheckley (Locus 2006/ 1)

Juvenile

『生きていた火星人』 Lost Race of Mars (1960)

『第四惑星の反乱』 Revolt on Alpha C (1955)

『大氷河の生存者』 Time of the Great Freeze (1964)


「墓場(はかば)から帰る」 Back from the Grave

List
editor:ロバート・シルヴァーバーグ(Robert Silverberg) New Dimensions

Universeと並んで、1970年代を代表するオリジナル・アンソロジー。翻訳された作品はストレートな味わいが多い。


New Dimensions 1 (1971)

New Dimensions II (1972)

New Dimensions 3 (1974)

New Dimensions 4 (1974)

New Dimensions 5 (1975)

New Dimensions 6 (1976)

New Dimensions 7 (1977)

New Dimensions 8 (1978)

New Dimensions 9 (1979)

New Dimensions 10 (1980)

New Dimensions 11 (1980)

New Dimensions 12 (1981)

Top of Page