エド・ブライアント

Edward Bryant

1945- U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

エド・ブライアント(Ed Bryant)とに変えたらしい。
LDGのひとりと言われる。ストーリーよりも表現力が持ち味。それゆえ、ホラーも書いていた。これが傑作というのはないが、訳された作品は、印象に残る作品が多い。

Short Fiction

「死者とともに」 Among the Dead (editor:(Samuel R. Delany)/(Marilyn Hacker) Quark 2 1971)

「ジェイド・ブルー」 Jade Blue (editor:(Terry Carr) Universe 1 1971)

「2・46593」 2.46593 (1973)

「鮫」 Shark (editor:Damon Knight Orbit 12 1973)

「石」 Stone (F&SF 1978/ 2)

「ジャイ-アント」 giANTS (Analog 1979/ 8)

「闇の天使」 Dark Angel (editor:(Kirby McCauley) Dark Forces 1980)

「八月の上昇気流」 The Thermals of August (F&SF 1981/ 5)

「ビーンバック猫」 Bean Mag Cat (Omni 1983/11)

「アンドロメダ星雲へ旅した男」 The Man Who Always Wanted to Travel (Omni 1985/ 6)

「転移」 The Transfer (editor:(Dennis Etchison) Cutting Edge 1986)

「バク」 The Baku (Night Vision 4 1987)

「捕食者」 Predators (Night Vision 4 1987)

「フラット・ラット・バッシュ」 Frat Rat Bash (Night Vision 4 1987)

「亡霊」 Haunted (Night Vision 4 1987)

「荷物」 Buggage (Night Vision 4 1987)

「コルファックス・アヴェニー」 Doing Colfax (Night Vision 4 1987)

「地底深く」 Down Deep (Wild Cards 1987)

「夜はいい子に」 Good Kids

「彼女のお出かけ」 While She Was Out

「地獄のレストランにて、悲しき最後の逢瀬」 A Sad Last Love at the Diner of the Dammed (editor:(John Skipp)/(Craig Spector) Book of the Dead 1989)

「愛につぶされて」 Styx and Bones (editor:(Al Sarrantonio) 999 1999)

「吊された男」 The Hanged Man

「カッター」 The Cutter


『ワイルド・カードIII 審判の日』 (Wild Cards 3: Jokers Wild 1987)

Nonfiction/Etc.

「SF作家が予測する21世紀前夜」

Top of Page