翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist
サイト内検索

翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

翻訳作品集成 ameqlist
日本で翻訳出版された作品リストです。
Producer:雨宮孝(Amemiya Takashi) fandom name:AMEQ

2017年、夏、野球そのいち

野球である。野球は筋書きのないドラマだ、だからリアルタイムがおもしろいと思われがちだが、文章にしたときに現実よりも活き活きと書かれることもある。
山際淳司に「江夏の21球」というドキュメントがある。1979年11月4日、大阪球場の近鉄対広島、3、4で広島が勝っていた。9回裏の攻防である。
ライブ映像を見ることができた幸運なひとりであるが、一体何をどうすれば、満塁、しかも大舞台でヒットもフライも打たれてはいけない状況で、いかに防ぐか。
可能性を探りながら少ないチャンスを活かす。勝負時には思考を表面に出してはいけない。
勝利者も、敗者も一世一代の勝負にはあとから語ることができる。その時には語れないことも時が語らせてくれるようになる。
脇役であっても長く語り継がれる物語の登場人物なれるのである。
わたしがノンフィクションを読むのはリアルタイムでない再構成された可能性を楽しめるから、「そうだったんだ」だけでない広がりを感じさせてくれる。
中でもスポーツノンフィクションはおもしろい。
野球は筋書のないドラマだ、だから後から検証する余地がある。
どんなスポーツでも、「もしあの時が…」がある、終わってからも楽しむ余裕を持つべきだろうと思うけど。
ロバート・ホワイティング(Robert Whiting)の諸作は、かなり楽しませていただいたものだ。比較文化論的な視点も多いけど、純粋に好きなんだなと思える。
『マネー・ボール -奇跡のチームをつくった男』 Money Ball マイケル・ルイス(Michael M. Lewis)、映画はむぅという感じだったが、本はおもしろい。

近藤唯之の著作には、ほんの少し疲れた時に読むとなごみになった。独特の表現と、前向きなスタイルは大好きであった。
玉木正之は、批判的な姿勢が心地よくも、またかと思うこともありであるが、公正な視点を保とうとしているように感じ取れなくもない。
今年のペナントレースは終わりに近いのかい。あまり盛り上がりなせんなあ。

Amazon 山際淳司
Amazon 近藤唯之
Amazon 玉木正之

Authors Index ラストネーム(Last Name)A-Z
Authors Index アジア(Asia)
Authors Index アフリカ(Africa)
Authors Index ユーラシア(Eurasia)
Authors Index 中南米(Latin America)
Authors Index 作者不詳(Anonymous)
出版社索引(Publisher Index)
日本人編者名索引(Japanese Translator/Editor Index)
受賞リスト(Awards)/SF/Fantasy/Horror
受賞リスト(Awards)/Mystery
受賞リスト(Awards)/Novel
雑誌(Magazine)
Special 全集!集合!! Gather! Complete!!/世界○○全集一覧
Special あたしを知ってよ The Romance, Men Don't See/ロマンスもの一覧
Special 文庫一覧(Japanese Paperback)
Special スター・ウォーズ・クロニクル(Star Wars Chronicle)
Special 宇宙英雄ローダン(Perry Rhodan)
Special 宇宙大作戦(Star Trek)
Special クトゥルー神話(Cthulhu Mythology)
Special ワイルド・カード(Wild Cards)
Special SFが読みたい!
Special このミステリーがすごい!
Special 神話伝説大系/世界神話伝説大系
Top of Page