バリイ・N・マルツバーグ

Barry N. Malzberg

1939/ 7/24- U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

(Barry Norman Malzberg)、Pen Name:K・M・オドネル(K. M. O'Donnell)、マイク・バリー(Mile Barry)
バリー・N・マルツバーグの表記もあり。
ニューヨーク市生まれ。ニューヨーク市の福祉調査員、版権代理店社員、アメージング、ファンタスティック誌の編集長後、作家。
非常に多作な作家らしい。数打ちゃなんとかとは言われるけれど、わずかに訳された中から察するに、どうもそうでもないらしい。
Amazon バリイ・N・マルツバーグ Barry N. Malzberg

Novel

『スクリーン』 Screen (1969)

『アポロの彼方』 Beyond Apollo (1972)

『嘲笑う闇夜』 The Running of Beasts (1976)

『裁くのは誰か?』 Acts of Mercy (1977)

『決戦!プローズ・ボウル小説速書き選手権』 Prose Bowl (1980)

Short Fiction

「最終戦争」 Final War (F&SF 1968/ 4)

「三面鏡」 A Triptych (1969)

「アップス・アンド・ダウンズ」 Ups and Downs (editor:(Joseph Elder) Eros in Robot 1973)

「つながり」 Linkage (editor:(Roger Elwood) Demon Kind 1973)

「すばらしい万能変化機」 The Wonderful, All-Purpose Transmogrifier (editor:(Edward L. Ferman)/(Barry N. Malzberg) Final Stage 1974)

「セダン・デビル」 Sedan Deville (F&SF 1974/12)

「1975年1月」 January,1975 (Analog1975/ 1)

「ローマという名の島宇宙」 A Galaxy Called Rome (F&SF 1975/ 7)

「大統領就任式」 Inaugural (Galaxy 1976/11)

「不可能問題」 Varieties of Technological Experience (Analog 1978/10)

「ダーウィン的真実」 Darwinian Facts (editor:(Edward Gorman)/(Martin H. Greenberg) Stalkers 1989)

「死体がいっぱい」 Inside Out

「コンキスタドーレスの征服2423年」 The Conquest of the Conquistadores: 2473 (1971)

「せつない時代だぜ」 Backing Up

「水心、魚心」 No Hearts, No Flowers

「五人の積み荷」 Dogs, Masques, Love, Death: Flowers (editor:(Mike Resnick)/(Martin H. Greenberg) Sherlock Holmes in Orbit 1995)


「習慣への回帰」 Homage to Custom (editor:(Ellen Datlow) Twist of the Tale 1996)

「最後の贋作」 The Last Plagiarism

「最終試験」 Final Exam

「十一回目の殺人?」 Multiples

「クローン待ち」 A Clone at Last (F&SF 1978/10)

「生と死の問題」 A Matter of Life and Death

「死んでもらうぜ」 I Ought to Kill You

「どういう奴なんだ、おまえは」 What Kind of Person Are You?

「ナイト・ライダー」 Night Rider

「身上相談」 Problems Solved

「リオ・レインジャーの火を吹く銃」 Blazing Guns of the Rio Rangers

「類は友を呼ぶ」 Birds of a Feather

「再会」 Rebound (EQMM 1979/ 4)

「ミステリ小説を愛した男」 The Man Who Loved Mystery Stories

Anthology/Nonfiction/Etc.

『究極のSF 13の解答』 Final Stage (1974)

『一ダースの未来 -SF合作ゲーム傑作選』 Shared Tomorrows -Science Fiction in Collaboration (1979)


「1950年代SF」 The End of Summer Introduction

「50年代SFの宴のあと」 The Fifties

Top of Page