フリッツ・ライバー

Fritz Leiber

1910/12/24-1992/ 9/ 5 U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

(Fritz Reuter Leiber, Jr.)
イリノイ州シカゴ出身。父親のフリッツ・ライバー・シニアは映画俳優。息子のジャスティン・ライバー(Justin Leiber)は、哲学者。

SFを読んでいて、よかったなあと感じる時がある。そう、ばっちし自分の嗜好と合う作家と巡りあった時だ。ライバーと巡りあった時もそれを感じた。『年刊SF傑作選7』に収録されていた「冬の蠅」。描写の妙、たぶん私自身に純文学の素養がないために、はまったのであろうと思う。深淵さを垣間見させる小説技術に惚れ込み、探しだした「ラン・チチ・チチ・タン」や、「骨のダイスを転がそう」にいかれてしまった。
心の闇に迫る超絶技巧を感じさせる作家。まさにそれが、フリッツ・ライバーである。

ファファード&グレイ・マウザーが脚光を浴びる部分もあるが、この作家の本質は、それ以外の短篇にこそあるのだ。
猫のガミッチものもいいけども、「正気と狂気」、「ミュータント兄弟」、時間逆行テーマものの「若くならない男」他にも同テーマの作品はあるけども、「セールスマンの厄日」、「マリアーナ」、「237個の肖像」、「骨のダイスを転がそう」、ファンタジーなのか、それともというすさまじい「影の船」、オルタネート・ワールドものの傑作「あの飛行船をつかまえろ」、問題作「ベルゼン急行」実にいい。

作者渾身の改変戦争シリーズ、どこの出版社でもいい。なんとか再評価の機会を。それを祈っている。

Amazon フリッツ・ライバー Fritz Leiber

Novel

『闇よ、つどえ!』 Gather, Darkness (1950)

『ビッグ・タイム』 The Big Time (1961)

『放浪惑星』 The Wanderer (1964)

『妻という名の魔女たち』 Conjure Wife (1969)

『闇の聖母』 Our Lady of Darkness (1977)

ファファード&グレイ・マウザー(Fafhrd and the Gray Mouser)

『魔の都の二剣士』 Swords and Deviltry (1970)

『死神と二剣士』 Swords Against Death (1970)

『霧の中の二剣士』 Swords in the Mist (1968)

『妖魔と二剣士』 Swords Against Wizardry (1968)

『ランクマーの二剣士』 The Swords of Lankhmar (1970)

Collection

『バケツ一杯の空気』 A Pale of Air (1964)

『闇の世界 《夜と闇のファンタジー》』 A Bit of the Dark World

『跳躍者の時空』

Short Fiction

「煙のお化け」 Smoke Ghost (Unknown 1941/10)

「魔犬」 The Hound (Weird Tales 1942/11)

「蜘蛛の館」 Spider Mansion (1942)

「ミュータント兄弟」 The Mutant's Brother (Astounding 1943/ 8)

「正気と狂気」 Sanity (Astounding 1944/ 4)

「若くならない男」 The Man Who Never Grew Young (Night's Black Agent 1947)

「飢えた目の女」 The Girl with the Hungry Eyes (1949)

「先住種族」 Later Than You Think (Galaxy 1950/10)

「死んでいる男」 The Dead Man (Weird Tales 1950/11)

「レントゲン写真」 X Ray (1952)

「ビッグ・ホリディ」 The Big Holiday (F&SF 1953/ 1)

「セールスマンの厄日」 A Bad Day for Sales (Galaxy 1953/ 7)

「男が悲鳴をあげる夜」 The Night He Cried (editor:Frederik Pohl Star Science Fiction Stories 1953)

「おわり」 Last (F&SF 1957/ 3)

「時間劇場」 Time in the Round (Galaxy 1957/ 5)

「果てへの旅路」 The Big Trek (F&SF 1957/10)

「過去を変えようとした男」 Try and Change the Past (Astounding 1958/ 3)

「獣の数字」 The Number of the Beast (Galaxy 1958/12)

「現代の呪術師」 The Warlock (1959)

「マリアナ」 Mariana (Fantastic 1960/ 2)

「夢の卵」 Hatchery of Dreams (Fantastic 1961/11)

「電気と仲よくした男」 The Man Who Made Friends With Electricity (F&SF 1962/ 3)

「237個の肖像」 237 Talking Statues, Etc. (F&SF 1963/ 9)

「交通戦争」 X Marks the Pedwalk (Worlds of Tomorrow 1963/ 4)

「子供たちの庭」 Kindergarten (F&SF 1963/ 4)

「剣と魔法」 Success (F&SF 1963/ 7)

「変化の風が吹くとき」 When the Change-Winds Blow (F&SF 1964/ 8)

「心安かれ」 Be of Good Cheer (Galaxy 1964/10)

「月面上の決闘」 Moon Duel (If 1965/ 9)

「新しき良き時代」 The Good New Days (Galaxy 1965/10)

「アーカムそして星の世界へ」 To Arkham and the Stars (1966)

「電話相談」 Answering Service (If 1967/12)

「影の船」 Ship of Shadows (F&SF 1969/ 7)

「あの飛行船をつかまえろ」 Catch That Zeppelin! (F&SF 1975/ 3)

「ベルゼン急行」 Belsen Express (The Second Book of Fritz Leiber 1975)

「ジェフを探して」 I'm Looking for Jeff (Fantastic 1952/Fall)

「一八四九年、九月末、リッチモンド」 Richmond, Late September, 1849 (Fantastic 1969/ 2)

「モーフィー時計の午前零時」 Midnight by the Morphy (IF 1974/ 8)

「地獄堕ちの朝」

Nonfiction/Etc.

「戦慄の体験こそ一服の刺激剤だ」 Wonder and Terror (editor:(Kirby McCauley) Frights 1976)

Juvenile

「けむりのお化け」 Smoke Ghost (Unknown 1941/10)

List
Top of Page