アヴラム・デイヴィッドスン

Avram James Davidson

1923/ 4/23-1993/ 5/ 8 U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

エイヴラム・ディヴッドスン、エイヴラム・デヴィッドスン、エイブラム・デヴィッドソン表記もあり。けっこうごちゃごちゃしてるので、統一。
ニューヨーク州ヨンカーズの生まれ。1941年から1945年までアメリカ海軍、1948年から1949年の第一次中東戦争ではイスラエル軍に参加。正統派ユダヤ教徒ではあるけれど、そうした宗教色は作品にはないらしい。まったくわからないのであるのかないのかわからない。ただ戦争経験は、わずかに訳された作品の中で「どんがらがん」の描写に反映されているように感じる。
生っ粋の日本人であるおいらには、たまに首をかしげる作家がいるけども、ディヴッドスンもそんなひとり。「どんがらがん」を読んだときの衝撃感は忘れられない。こんな作品があるのかという驚きと、なんじゃこれはという不可解な部分とが相乗効果となり、頭の中をかけめぐった。
ヒューゴー賞の「あるいは牡蠣でいっぱいの海」も相当にへんてこな作品。でもね、その珍味さがいい。訳者は相当苦労するのではないかなといつも思うのだけど。長編の代表作が訳されるのは期待できないのでしょうね。売れないのかなあ。
Amazon アヴラム・デイヴィッドスン Avram Davidson

Collection

『10月3日の目撃者 -アメリカの俊英作家初の短編集』 The Grantha Sighting (1962)

『どんがらがん』 Bumberboom and Other Stories (2005)

『エステルハージ博士の事件簿』 The Enquiries of Doctor Eszterhazy (1975)

Short Fiction

「わが亡きあとに…」 Apres Nous (F&SF 1960/ 3)

「申請受理」 The Certificate (F&SF 1959/ 3)

「道よ、道よ、うるわしの道よ」 The Roads, the Roads, the Beautiful Roads (editor:Damon Knight Orbit 5 1969)

「聖者」 The Holy Man

「君はまだ汚れなき花嫁」 Thou Still Unravished Bride (EQMM 1958/10)

「前奏曲の創作者」 The Creator of Prelude (EQMM 1958/ 6)

「ドヤ街の人々」 The Dive People (EQMM 1959/ 2)

「エジプトからきた旅人」 Traveller from an Antique Land (EQMM 1961/ 9)

「お守りの値段」 The Price of a Charm(The Lineaments of Gratified Desire) (EQMM 1963/12)

「拳銃」 Revolver (EQMM 1962/12)

「聖なる井戸」 The Third Sacred Well of the Temple (EQMM 1965/ 5)

「自然の調和」 The Restorer of Balance

「記憶バンク」 The Memory Bank

「スミスはどこにいる?」 The Captain M. Caper (EQMM 1970/ 3)

「見えない法律」 The Unknown Law (F&SF 1964/ 1)

「トレフォイルCo.」 Trefoil Company

「新道の狙撃者」 The Mad Sniper

「侵略」 The Invasion (Playboy 1965/ 6)

「エリヤの聖画像」 The Ikon of Elijah (EQMM 1956/12)

「パスクァレ公の指輪」 Duke Pasquale's Ring (Amazing 1985/ 5)

「蛛形網節足動物学」 The Spinner (Manhunt1958/ 1)

「ケント氏の値打ち」 The Cost of Kent Castwell (AHMM 1961/ 7)

「追いはぎ」 Down by the Depot (EQMM 1989/ 8)

「気違い婆さん」 Crazy Old Lady (EQMM 1976/ 3)

「臣民の自由」 The Liberty of the Subject (1962)

「アパートの住人」 The Tenant

Nonfiction/Etc.

「デイヴィッドスン氏を囲んで」


『第八の日』 And on the Eighth Day (1964)

『三角形の第四辺』 The Fourth Side of the Triangle (1965)

『真鍮の家』 The House of Brass (1968)

Top of Page