ジーン・ウルフ

Gene Wolfe

1931/ 5/ 7- U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

(Gene Rodman Wolfe)
ニューヨーク市生まれ、テキサス州ヒューストンで育った。家系はオランダとスイス系で、テキサス農工大で途中で朝鮮戦争に従軍し戦闘歩兵徽章を受け、終戦後、ヒューストン大学で学び、機械工学科を卒業。
「プラント・エンジニアリング」誌の編集長を11年勤め1984年にフルタイムの作家に転身。このとき、すでに53才。
新しい太陽の書自体が40代後半に書かれているし、1970年以降の作品がすごいが、それは40に手が届く年齢だし、年齢と作品の相関関係は日米では大きく違うのだろうか。
読む努力に充分、報いてくれる尊敬する作家。でも翻訳家の苦労も並み大抵ではないはず。

Amazon ジーン・ウルフ Gene Wolfe

新しい太陽の書

『拷問者の影』 The Shadow of The Torturer (1980)

『調停者の鈎爪』 The Claw of the Conciliator (1981)

『警士の剣』 The Sword of the Lictor (1981)

『独裁者の城塞』 The Citadel of the Autarch (1982)

『新しい太陽のウールス』 The Urth of the New Sun (1987)

Novel

『ピース』 Peace (1975)

『ナイト』 The Knight (2004)

『ウィザード』 The Wizard (2004)

Collection

『ケルベロス第五の首』 The Fifth Head of Cerberus

『デス博士の島その他の物語』 The Island of Doctor Death and Other Stories

『ジーン・ウルフの記念日の本』 Gene Wolfe's Book of Days

Short Fiction

「ソーニャとクレーン・ヴェッスルマンとキティー」 Sonya, Crane Wessleman, and Kittee (Orbit 8 1970)

「戦争のHORARたち」 The HORARS of War (Nova 1 1970)

「頭のない男」 The Headless Man (editor:(Terry Carr) Universe 2 1972)

「録音」 The Recording (F&SF 1972/ 4)

「素晴らしき真鍮自動チェス機械」 The Marvelous Brass Chessplaying Automaton (1977)

「探偵、夢を解く」 The Detective of Dreams (editor:(Kirby McCauley) Dark Forces 1980)

「ユニコーンが愛した女」 The Woman the Unicorn Loved (IASFM 1981/ 6)

「創造」 Creation (Omni 1983/11)

「浜辺のキャビン」 A Cavin on the Coast (F&SF 1984/ 2)

「地図」 The Map (editor:(Micheal Bishop) Light Years and Dark 1984)

「スリアンの翡翠の兎」 The Green Rabbit from S'Rian (editor:(Will Shetterly)/(Emma Bull) Liavek 1985)

「葉と花の帝国」 Empires of Foliage and Flower (Empire of Foliage and Flower 1987)

「ショウガパンの館にて」 In the House of Gingergread (1987)

「黄泉の妖神」 Lord of the Land (editor:(Martin H. Greenberg)/(Robert E. Weinberg) Lovecraft's Legacy 1990)

「木は我が帽子」 The Tree Is My Hat (editor:(Al Sarrantonio) 999 1999)

「風来」 The Waif (F&SF 2002/ 1)

「迷える巡礼」 The Lost Pilgrim (editor:(Harry Turtledove)/(Noreen Doyle) The First Heroes: New Tales of the Bronze Age 2004)

「列車に乗って」 On the Train (New Yorker 1983/ 5/ 2)

Nonfiction/Etc.

「一匹狼 ジーン・ウルフが自分自身をインタビュウする」 Lone Wolfe (1983)

「聖キャサリンの祭」 The Feast of Saint Catherine (The Castle of the Otler 1982)

「川獺(かわうそ)の城」 The Castle of the Otter (The Castle of the Otter 1982)

List
Top of Page