ビル・プロンジーニ

Bill Pronzini

1943/ 4/13- U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

カリフォルニア州ペタルマ生まれ。
Pen Name:ウィリアム・ジェフリー(William Jeffrey)は、ビル・プロンジーニとジェフリイ・M・ウォールマン(Jeffrey M. Wallmann)(1941-)の共同ペンネーム。
夫人は、マーシャ・ミュラー(Marcia Muller)
THE EYE Life Achievement Award for 1987
”名無しのオプ”シリーズはプロンジーニのミステリでの出世作。名無しのオプと言われるのは探偵の名前を書いていないため。喫煙シーン、煙草好きなのだが、この描写がえげつない。

Amazon ビル・プロンジーニ Bill Pronzini

Novel

『パニック』 Panic! (1972)

『雪に閉ざされた村』 Snowbound (1974)

『よそ者たちの荒野』 A Wasterland of Strangers (1987)

『マスク』 Masques (1981)


『嘲笑う闇夜』 The Running of Beasts (1976)

『裁くのは誰か?』 Acts of Mercy (1977)

『決戦!プローズ・ボウル -小説速書き選手権』 Prose Bowl (1980)


『誘拐』 The Snatch (1971)

『失踪』 The Vanished (1973)

『殺意』 Undercurrent (1973)

『爆発』 Blowback (1977)

『依頼人は三度襲われる』 Twospot (1978)

『死角』 Labyrinth (1980)

『脅迫』 Hoodwink (1981)

『迷路』 Scattershot (1982)

『標的』 Dragonfire (1982)

『追跡』 Bindlestiff (1983)

『復讐』 Quicksilver (1984)

『亡霊』 Nightshades (1984)

『ダブル』 Double (1984)

『骨』 Bones (1985)

『奈落』 Deadfall (1986)

『報復』 Shackles (1988)

『凶悪』 Hardcase (1995)

『幻影』 Illusion (1997)


『名無しの探偵事件ファイル』 Nameless Detective's Casefile (1984)

Short Fiction

「そうなるといいな、そうなったらいいな」 I Wish I May, I Wish I Might (F&SF 1973/ 9)

「死の呪文」 Dry Spell (Amazing 1970/ 9)

「むらさきの牛」 How Now Purple Cow (Fantastic 1969/ 4)

「カボチャ」 Pumpkin

「悪霊」 Ancient Evil (1991)

「世界でいちばんこじれた職業」 The Screaiest Job in the World

「熱い想い」 Seewt Fever

「有罪証拠」 Proof of Guilt

「逃げる男」 The Running Man

「11月の寒い日」 A Cold Day in November

「密輸人の島」 Smuggler's Island

「ワイン鑑定家」 Connoisseur (editor:(Alice Laurance)/(Isaac Asimiv) Who Done It? 1980)

「蒸発」 Thin Air

「ケインの標的」 Cain's Mark

「死者の沼地」 Dead Man's Slough

「ホテルで早わざ」 A Dip in the Poole

「アローモント監獄の謎」 The Arrowmont Prison Riddle

「ライオンの肢」 Cat's Paw (Wave's Press; Nameless 1983)

「脅迫者がもう一人」 Here Lies Another Blackmailer

「骸骨よ、お前の脚を鳴らせ」 Skeleton Rattle Your Mouldy Leg

「誤射」 It's Lousy World

「サンクチュアリ」 Sanctuary

「予言」 The Prophecy

「伏せたエース」 Ace in the Hole

「狙撃手ダイハン」 Stacked Deck

「近くの酒場での事件」 Incident in a Neighborhood Tavern

「引退」 Retirement

「満室につきお断り」 No Room at the Inn

「張り込み」 Stakeout

「サンタクロースがやってくる」 Here Comes Santa Claus

「木彫りのインディアン」 Wooden Indian

「ネコは幽霊がきらい」 Bedeviled: A 'Nameless Detective' Story

「魂が燃えている」 Souls Burning

「暗殺団員」 The Highbinders

「コレクターの死」 The Private Eye Who Collected Pulps (EQMM 1979/ 2)

「朝飯前の仕事」 A Nice Easy Job (EQMM 1979/11)

「夏の二週」 Two Weeks Every Summer (EQMM 1980/ 6/ 2)

「現行犯」 Caught in the Act (EQMM 1978/12)

「嘘つきダイス」 Liar's Dice (EQMM 1992/11)

「時代は変わる」 Time Change (EQMM 1980/ 2)

「銀行強盗」 Bank Job (EQMM 1978/ 8)

「逃走の果て」 Man on the Run (EQMM 1996/ 2)

「蹄鉄の釘」 The Horseshoe Nail (EQMM 1997/ 2)

「悩める母親の依頼」 Worried Mother Job (1995)

「霧の中から」 Strangers in the Fog (EQMM 1978/ 6)

「待ちかねて」 Waiting, Waiting

「共通点」 The Pattern

「バターミルク」 Buttermilk

「<シャドウ>を集めた男」 The Man Who Collected 'The Shadow' (1971)

「黄色い目」 Tom

「影のお仕事」 Shade Work

「奈落の底から」 Out of the Depths

「私立探偵ブルース」 Private Eye Blues

「いつもの苦役」 The Same Old Grind

「決断」 Decision

「ろくでなしの死」 Death of a Nobody

「大きなひと噛み」 The Big Bite

「ささやかな願望」 Wishful Thinking

「パルプマガジン・コレクター」 Private Eye Who Collected Pulps (EQMM 1979/ 2)

「いないいない、バア!」 Peekaboo (editor:(Charles L. Grant) Nightmares 1986)

「みーつけた」

「シャーロック・ホームズなんか恐くない」 Who's Afraid of Sherlock Holmes?

「慈悲の天使」 Angel of Mercy (editor:(F. Paul Wilson) Diagnosis: Terminal 1996)

「ささやかな正義」 Sometimes There is Justice (AHMM 1968/ 8)

「当たりくじ」 The Winning Ticket


「おばあちゃんに脱帽」 Little Old Ladies Can Be Dangerous


「大統領就任式」 Inaugural (Galaxy 1976/11)

「身上相談」 Problems Solved

「クローン待ち」 A Clone at Last (F&SF 1978/10)

「ナイト・ライダー」 Night Rider

「最後の贋作」 The Last Plagiarism

「どういう奴なんだ、おまえは」 What Kind of Person Are you?

「類は友を呼ぶ」 Birds of a Feather

「リオ・レインジャーの火を吹く銃」 Blazing Guns of the Rio Rangers

「最終試験」 Final Exam

「十一回目の殺人?」 Multiples

「生と死の問題」 A Matter of Life and Death

「死んでもらうぜ」 I Ought to Kill You

「再会」 Rebound (EQMM 1979/ 4)

「ミステリ小説を愛した男」 The Man Who Loved Mystery Stories (2000)


「ハウス・コール」 House Call

「見えない男」 The Half-Invisible Man

「複製の店」 The Facsimile Shop

「コヨーテとクォータームーン」 Coyote and Quarter-Moon (Mike Shayne Mystery Magazine 1981/10)


「キャッシュ・アンド・キャリー」 Cache and Carry

「わかちあう季節」 Season of Sharing


「人体消失術」 Vanishing Act

Anthology/Nonfiction/Etc.

『現代アメリカ推理小説傑作選01』 Tricks and Treats (1976)

『一ダースの未来 -SF合作ゲーム傑作選』 Shared Tomorrows: Science Fiction in Collaboration (1979)

『エドガー賞全集 -アメリカ探偵作家クラブ傑作選(The Mystery Writers of America Anthology)6』 The Edgar Winners (1980)


「名無しのオプのコレクション フェニックス・ミステリ物語」

「史上最悪のミステリ」 The Worst Mystery Novel of All Time

「秘書たちはどこへ?」

「ウェストコースト・ストーリー 第3回 -ハードボイルドを今書こうとは思わない」

「ウェスタン・パルプス」 The Western Pulps (editor:(Bill Pronzini) Wild Westerns 1986)

「町一番のレストラン?」

List
Top of Page