ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

コーネル・ウールリッチ

Cornell Woolrich

1903/12/ 4-1968/ 9/25 U.S.A.
Authors List

本名:コーネル・ジョージ・ホブリー=ウールリッチ(Cornell George Hopley-Woolrich)
ニューヨーク市生れ。コロンビア大学中退。
『黒衣の花嫁』『喪服のランデヴー』アイリッシュ名義の『幻の女』などが有名なミステリー作家。わたしも読みふけった時期がある。日本の某有名な時代小説作家も参考にしたという…。
『幻の女』も非常にファンタスティックな面を持ち、そんなところが惹かれるのだろうと思う。そうした作風は、『今夜の私は危険よ』に集まっている。
アイリッシュという名前は1962年に本名にしてしまっているらしいけど、ここではウールリッチにまとめた。
Pen Name:ウィリアム・アイリッシュ(William Irish)、ジョージ・ハプリイ(George Hopley)

Amazon コーネル・ウールリッチ Cornell Woolrich
Amazon ウィリアム・アイリッシュ William Irish

Novel

『マンハッタン・ラブソング』 Manhattan Love Song (1932)

『黒衣の花嫁』 The Bride Wore Black(Beware the Lady) (1940)

『黒いカーテン』 The Black Curtain (1941)

『黒いアリバイ』 Black Alibi (1942)

『幻の女』 Phantom Lady (1942)

『黒衣の天使』 The Black Angel (1943)

『恐怖の冥路』 The Black Path of Fear (1944)

『暁の死線』 Deadline at Dawn (1944)

『夜は千の目を持つ』 Night Has a Thousand Eyes (1945)

『暗闇へのワルツ』 Waltz into Darkness (1947)

『死者との結婚』 I Married a Dead Man (1948)

『喪服のランデヴー』 Randezvous in Black (1948)

『野性の花嫁』 Savage Bride (1950)

『恐怖』 Fright (1950)

『死刑執行人のセレナーデ』 Strangler's Serenade (1951)

『聖アンセルム九二三号室』 Hotel Room (1958)

『死はわが踊り手』 Death Is My Dancing Partner (1959)

『運命の宝石』 The Doom Stone (1960)

『夜の闇の中へ』 Into the Night, completed by Lawrence Block (1987)

Collection

『ぎろちん』

『自殺室』

『悪夢』 NightMare (1956)

『私が死んだ夜』

『もう探偵はごめん』

『今夜の私は危険よ』 The Fantastic Stories of Cornel Woolrich (1981)

『睡眠口座』

『妄執の影』 Silent as the Grave


『アイリッシュ短編集1 -晩餐後の物語』

『アイリッシュ短編集2 -死の第三ラウンド』

『アイリッシュ短編集3 -裏窓』

『アイリッシュ短編集4 -シルエット』

『アイリッシュ短編集5 -わたしが死んだ夜』

『アイリッシュ短編集6 -ニューヨーク・ブルース』


『ホテル探偵ストライカー』


『さらばニューヨーク』 Goodbye, New York and Other Stories


『見えない死』 Death Escapes the Eye (1999)


『砂糖とダイヤモンド』

『踊り子探偵』

『シンデレラとギャング』

『マネキンさん今晩は』

『耳飾り』

『非常階段』 The Best Stories of Cornell Woolrich

Short Fiction

「タイムズ・スクェア」 Times Square (1929)

「警部の娘」 Endicott's Girl (Detective Fiction Weekly 1938/ 2/19)

「グラントの墓にあった死体」 The Body in Grant's Tomb(The Case of the Body in Grant's Tomb) (Dime Detective 1943/ 1)

「熱い湯」 Hot Water Tune (Argosy 1935/12/28)

「一滴の血」 One Drop of Blood (EQMM 1962/ 4)

「死の三角切手」 The Cape Triangular (Detective Fiction Weekly 1938/ 4/16)

「死者よりの花束」 Flowers from the Dead (Dime Detective 1940/ 9)

「近づいてくる…足音は」 Steps... Coming Near(The Jazz Record)(Steps Coming Near) (EQMM 1964/ 4)

「ニューヨーク式結婚」 Divorce...New York Style (EQMM 1967/ 6-7)

「負け犬」 The Loser (1968)

「死とのブラインド・デート」 Blind Date with Death (Dime Detective 1937/ 6)

「駆出し記者」 Leg Man (Dime Detective 1943/ 8)

「アイスピック」 The Ice Pick Murder(Death in Duplicate) (Detective Fiction Weekly 1940/ 2/17)

「夜間航路の殺人」 Murder on the Night Boat (Black Mask 1937/ 2)

「悲鳴をあげる本」 The Book That Squealed(Library Book) (Street and Smith's Detective Story 1939/ 8)

「簡易食堂の殺人」 Murder at the Automat (Dime Detective 1937/ 8)

「ジョニーが危ない」 Jonny on the Spot (Detective Fiction Weekly 1936/ 5/ 2)

「銀のペンシル」 The Absent-Minded Murder(Cool, Calm and Collected) (Black Mask 1941/ 4)

「靴が合うなら」 If Shoe Fits (Dime Detective 1943/ 3)

「死の白い薔薇」 Dead Roses(Dead Rose) (Baffling Detective Mysteries 1943/ 3)

「戯れに賭はすまじ」 You Bet Your Life(Don't Bet on Murder) (Detective Fiction Weekly 1937/ 9/25)

「死のミラー・ドア」 The Detective's Dillemma(Only One Grain More) (Detective Fiction Weekly 1940/10/26)

「時こそ勝者」 Mind Over Murder(A Death Is Caused) (Dime Detective 1943/ 5)

「ソーダ・ファウンテン」 Soda Fountain Saga (Liberty 1930/10/11)

「ジェスチャー殺人事件」 Mimic Murder (Black Mask 1937/ 6)

「死の日記」 The Death Diary (Flynn's Detective Fiction Magazine 1943/ 4)

「疑惑」 Last Night -A Man Died(Last Night) (Street and Smith's Detective Story 1940/ 9)

「撮影中」 Shooting Going On (Black Mask 1937/ 1)

「大きな声では言えない話」 Story To Be Whispered (The Saint Detective Magazine 1963/ 5)

「前髪の罠」 Crime by the Forelock (Black Mask 1939/ 9)

「地下鉄の怪盗」 The Phantom of the Subway(You Pays Your Nickel)(Subway) (Argosy 1936/ 8/22)

「夜の眞珠」 Dilemma of the Dead Lady(Working Is for Fools) (Detective Fiction Weekly 1936/ 7/ 4)

「車ですか、お客さん?」 Cab, Mister? (Black Mask 1937/11)

「利口なアメリカ人たち」 Clever, These Americans(Damned Clever)(These Americans) (Argosy 1937/ 7/ 3)

「悪夢の一夜を走る」 Dusk to Dawn (Black Mask 1937/12)

「弾道学」 You Take Ballistics (Double Detective 1938/ 1)

「熱いタオル」 Hot Towel(The Towel) (Double Detective 1938/ 3)

「幻のアリバイ」 Those Who Kill (Detective Fiction Weekly 1939/ 3/ 4)

「巻頭小説」 The Penny-a-Wonder

「愛が変わるとき」 When Love Turns (EQMM 1964/ 6)

Juvenile

『黒衣の花嫁』

『黒衣の花よめ』


『恐怖の黒いカーテン/アリスが消えた』

『非常階段/シンデレラとギャング』

『恐怖の黒いカーテン』 The Black Curtain (1941)

『見えない殺人犯』

『あかつきの追跡』


『黒衣の花嫁』

『まぼろしの証人』

『自殺ホテルの怪』

『魔ひょうの恐怖』


『大時計は見ていた』

『歌う白骨』

『夜の予言者』

『死を予告された男』


『深夜の追跡』

『まぼろしの女』


『犯人をあげろ』

『裏窓の目撃者』 Rear Window

『死を呼ぶ弾丸』


『真犯人を追え』

『アリバイを追え』

『きえた花嫁』

「爪(つめ)」 The Fingernail


『赤い花と死刑執行人・黒衣の少女』


『深夜の追跡』

「その子を殺すな」

in Complete

「黒いアリバイ」 Black Alibi

「抜け穴」 The Loophole

「黒いカーテン」 The Black Curtain

「暁の死線」 Deadline at Dawn

AmeqList since 1996 Update:2018/ 5