ジャック・リッチー

Jack Ritchie

1922/ 2/26-1983/ 4/25 U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

ウィスコンシン州ミルウォーキー生まれ。州立ティーチャーズ・カレッジ卒業。短編のみを書いたらしい。
Pen Name:スティーヴ・オコンネル(Steve O'Connell)

Amazon ジャック・リッチー Jack Ritchie

Collection

『クライム・マシン』 The Crime Machine and Other Stories

『クライム・マシン』 The Crime Machine and Other Stories

『10ドルだって大金だ』

『ダイアルAを回せ』

『カーデュラ探偵社』 Kid Cardula

『ジャック・リッチーのあの手この手』

『ジャック・リッチーのびっくりパレード』

Short Fiction

「やすらかに眠れ…」 Put Your Head Upon My Knee (The Diners Club Magazine 1967/ 8)

「魂にかけて」 Upon My Soul (The Diners Club Magazine 1965/ 1)

「前世の約束」 Appointment on the Barge

「捕われた聴衆」 Captive Audience

「箱の中の箱」 Box in a Box

「大壜」 The Magnum

「五月のマメ」 Blisters in May

「自縄自縛」 Setup

「トニーのために唄おう」 Sing a Song for Tony

「白銅貨ぐらいの大きさ」 No Wider than a Nickel

「転職への道」 Dropout

「殺し屋」

「風味豊かな犯罪」 The Many-Flavored Crime

「お次の番」 Next in Line

「バード・ウォッチャー」 In the Public Eye (Woman's World 1981/ 3/10)

「完全殺人を買う」 When Buying a Fine Murder (AHMM 1960/ 6)

「つながれた男」 Man on a Leash

「助太刀稼業」 You Can't Trust Me (AHMM 1961/ 2)

「脱走計画No.19」 Plan Nineteen

「カメリアの香り」 The Scent of Camellias

「かたちんばの靴下」 An Odd Pair of Socks

「間一髪」 You Could Get Killed

「愛する人に捧げた詩」 Copy Cat

「銀行は信用第一」 Package Deal

「一石二鳥」 With One Stone

「わッ、これはなんだ」 The Wastebasket

「5000ドルの脱獄」 The $5000 Getaway

「ナンバー8(エイト)」 #8 (AHMM 1958/ 6)

「最後に笑う者」 Bullet-Proof (AHMM 1957/ 1)

「死体運搬」 Between 4 and 12 (AHMM 1959/10)

「無痛抜歯法」 Painless Extraction (AHMM 1959/12)

「ビルの谷間」 Stories Up-22 Down (AHMM 1959/ 1)

「狂った朝」 Such Things Happen at Night (AHMM 1959/ 7)

「警官殺し」 Fragrant Puzzle (AHMM 1960/ 3)

「でっち上げ」 Frame-Up (AHMM 1959/ 4)

「ようこそお越しを」 Welcome to My Prison (AHMM 1957/10)

「第12捕虜収容所」 The Fabulous Tunnel (AHMM 1960/ 9)

「刑務所と私」 What Frightened You, Fred (AHMM 1958/ 5)

「爆弾14号」 Bomb #14 (AHMM 1957/ 8)

「三度目の電話」 The Third Call (AHMM 1961/ 3)

「殺人大学」 That Year's Victim (AHMM 1961/ 4)

「夜の暴動」 Under Dim Street Light (AHMM 1961/ 7)

「さらば記憶よ」 Goodbye Memory (AHMM 1961/ 8)

「片腕の男」 The Traveling Arm (AHMM 1961/11)

「ギャンブル時代」 Punch Any Number (AHMM 1961/12)

「礼儀が大切」 For All the Rude People (AHMM 1961/ 6)

「良心の問題」 Holdout (AHMM 1962/ 3)

「さかさまの世界」 Upsode Down World (AHMM 1962/ 5)

「指さす妖婆」 Where the Finger Points (AHMM 1962/10)

「肉眼カメラ」 The Eyes Have It (AHMM 1962/11)

「殺人趣味」 A Taste for Murder (AHMM 1963/ 1)

「パパ、内証だよ」 Just Betwen Us Dad (AHMM 1963/ 2)

「どっこい、チョイ待ち」 Kill Joy (Manhunt1957/11)

「縄張り荒し」 Divide and Conquer (Manhunt1957/ 2)

「ルールは俺がつくる」 My Game, My Rules (Manhunt1954/ 7)

「帰郷」 Solitary (Manhunt1955/ 7)

「油虫」 Try It My Way (Manhunt1955/ 8)

「おれは死にたくない」 Good-Bye, World (Manhunt1956/ 8)

「ある訊問」 Interrogation (Manhunt1955/ 6)

「長生きしなよ」 You Should Live So Long (Manhunt1957/ 4)

「仲間たち」 The Partners (Manhunt1956/ 9)

「身代金」 Hold Out (Manhunt1955/ 5)

「贋札(にせさつ)使用法」 The Queer Dear (Manhunt1961/12)

「情事に酒は禁物だ」 Devil Eyes (Manhunt1956/ 5)

「トマト誘拐事件」 The Seed Caper (EQMM 1977/ 8)

「手堅い方法」 The Way To Do It (EQMM 1980/ 1)

「私は見た!」 A Case of Identity (EQMM 1982/ 1/27)

「誘拐犯は食通」 The Gourmet Kidnaper (EQMM 1979/ 9)

「残りの二パーセント」 The Two Percent Solution (EQMM 1984/ 6)

「プロの銃」 The Gun for Hire (Woman's World 1981/ 3/24)

「天気予想」 The Weather Man (The Elks Magazine 1976/ 1)

「深夜の絞殺魔」 The Midnight Strangler (EQMM 1979/ 1)

「真相解明」 The Final Truth (EQMM 1983/ 2)

「沈黙は金」 Silence is Gold (AHMM 1964/ 4)

「囮」 The Operator (AHMM 1963/ 6)

「貯金箱の殺人」 Piggy Bank Killer (AHMM 1967/11)

「みんなで抗議を!」 To the Barricades (AHMM 1975/ 4)

「手ぬかりなし」 The Pikup Man (MSMM 1966/ 1)


「殺人(ころし)に税金はかからない」 Death, Taxes, and... (AHMM 1960/ 2)

「ひとりぼっちの男」

「他殺クラブ」 9 from 12 leaves 3 (AHMM 1960/11)

Top of Page