ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

エドワード・D・ホック

Edward D. Hoch

1930/ 2/22-2008/ 1/17 U.S.A.
Authors List

(Edward Dentinger Hoch)
Pen Name:R・L・スティーヴンス(R. L. Stevens)、ミスターX(Mr. X)、R・E・ポーター(R. E. Porter)
ニューヨーク州生まれ、ロチェスター大学卒業。表記は、ほとんどがホック。創元推理文庫で一部、ホウクあり。

THE EYE Life Achievement Award for 2000

Amazon エドワード・D・ホック Edward D. Hoch

Novel

『大鴉殺人事件』 The Shattered Raven (1969)

『コンピューター検察局』 The Transvection Machine (1971)

『コンピューター404の殺人』 The Fellowship of the Hand (1973)

「狐火殺人事件」 The Will-O'-The-Wisp Mystery (1971)

『青の殺人』 The Blue Movie Murders (1972)

『エアロビクス殺人事件』 Prize Meets Murder (1984)

Collection

『怪盗ニック登場』 Enter the Thief (1976)

『怪盗ニックを盗め』 The Thief Strikes Again

『怪盗ニックの事件簿』 The Adventures of the Thief

『怪盗ニック対女盗賊サンドラ』


『密室への招待』 Hoch's Locked Room (1981)

『ホックと13人の仲間たち』 Hoch's Dozen

『革服の男』 The Problem of the Leather Man and Other Stories

『夜はわが友』 The Night My Friend (1992)


『こちら殺人課!』 The Case of Captain Leopold

『エドワード・D・ホックのシャーロック・ホームズ・ストーリーズ』 The Sherlock Holmes Stories of Edward D. Hoch


『サム・ホーソーンの事件簿I』 Diagnosis: Impossible -The Problems of Dr. Sam Hawthorne (1996)

『サム・ホーソーンの事件簿II』 Diagnosis: Impossible2 -More Problems of Dr. Sam Hawthorne

『サム・ホーソーンの事件簿III』 Diagnosis: Impossible3 -Futher Problems of Dr. Sam Hawthorne

『サム・ホーソーンの事件簿IV』 Diagnosis: Impossible4 -More and More Problems of Dr. Sam Hawthorne (2007)

『サム・ホーソーンの事件簿V』 Diagnosis: Impossible5 -Futher and Further Problems of Dr. Sam Hawthorne (2007)

『サム・ホーソーンの事件簿VI』 Diagnosis: Impossible6 -The Last Problems of Dr. Sam Hawthorne


『サイモン・アークの事件簿I』 The First Casebook of Simon Ark

『サイモン・アークの事件簿II』 The Man from Nowhere

『サイモン・アークの事件簿III』 The Third Casebook of Simon Ark

『サイモン・アークの事件簿IV』 The Fourth Casebook of Simon Ark

『サイモン・アークの事件簿V』 The Fifth Casebook of Simon Ark


『怪盗ニック全仕事1』 The Complete Stories of Nick Velvet, Vol.1

『怪盗ニック全仕事2』 The Complete Stories of Nick Velvet, Vol.2

『怪盗ニック全仕事3』 The Complete Stories of Nick Velvet, Vol.3

『怪盗ニック全仕事4』 The Complete Stories of Nick Velvet. Vol.4


『夜の冒険』 The Night People and Other Stories

Short Fiction

「動物園」 Zoo (Fantastic Universe 1958/ 6)

「最後のパラドックス」 The Last Paradox (Future 1958/10)

「ウルフラム・ハンター」 The Wolfram Hunters (Saint Mystery Magazine 1964/ 3)

「1944年のドラキュラ」 Dracula 1944 (1991)

「億万長者の入江」 The Pirate of Millionaires' Cove (editor:(Martin H. Greenberg) The Further Adventures of Batman 1989)

「吸血鬼の日」 Day of the Vampire (AHMM 1972/11)

「完全犯罪のための完全な時」 The Peerfect Time for the Perfect Crime

「ゆすり」 Murder Offstage

「銃殺」 Every Fifth Man

「話す家」 Talking House

「百年目の暗殺」 The Centennial Assassin

「夜にひそむもの」 Something for the Dark

「女かライオンか」 The Lady or the Lion

「密室の暗号」 The Locked Room Cipher (editor:(Alice Laurance)/(Isaac Asimiv) Who Done It? 1980)

「水の上のパン」 Bread upon the Waters

「パリの絞殺魔」 The Paris Strangler

「もうひとつの眼」 The Other Eye

「悪しきサマリア人」 The Bad Samaritan

「父の遺産」 Code of Honor

「沈んだ自動車」 The Sunken Car

「去年の殺人」 Last Year's Murder

「傷跡を売った男」 The Rented Scar

「刑務所のバス」 Prison Bus

「ビッグ・フィッシュ」 Big Fish

「汗をかくマリア像」 The Sweating Statue

「ヤンキース驚異のセンター」 Centaur Fielder for the Yankees

「赤い閃光」 A Flash of Red

「テディベア」 The Teddy Bear

「ウィンブルドン・ミステリ」 Mystery at Wimbledon

「第二の“まだらの紐”」 The Return of the Speckled Band

「疑惑の河」 The River of Doubt

「薔薇荘の殺人」 Murder at Rose Cottage

「冬のゲーム」 A Winter's Game

「行き止まりの階段」 Stairway to Nowhere

「マナー・ハウスの秘密」 The Manor House Case

「赤い丸の秘密」 The Circle of Ink

「らくだの季節」 Season of the Camel

「空飛ぶ悪鬼」 The Flying Fiend (EQMM 1982/ 7/M)

「ライト兄弟殺人事件」 Brothers on the Beach (EQMM 1984/ 8)

「ネコにヴァイオリン」 The Cat and Fiddle Murder (EQMM 1983/ 1)

「フロリダの雪祭り」 A Shipment of Snow (EQMM 1996/12)

「憧れ」 Now You See It (EQMM 1993/ 8)

「鐘声」 The Trial of the Bells (EQMM 1985/ 4)

「カラスを収集する男」 The Man Who Collected Ravens (Whydunit 1997)

「マダガスカルの殺意」 One Bag of Coconuts (EQMM 1997/11)

「クリスマスの依頼人」 The Christmas Client (editor:(Martin H. Greenberg)/(Calol-Lynn R. Waugh)/(Jon L. Lellenberg) Holmes for The Holidays 1996)

「クリスマスの陰謀」 The Christmas Conspiracy

「貴婦人のペルシャ猫」 Saratoga Cat

「ダイヤモンドで一儲け」 A Deal in Diamonds

「めぐりあわせ」 Co-Incidence

「東洋の精」 Essence D'Orient

「白雪姫と11人のこびとたち」 Snow Whote and the Eleven Dwarfs

「ピーコックの信者」 The People of the Peacock

「マジックの宮殿」 The Magician's Palace

「マダム・ウーの九匹のウナギ」 The Nine Eels of Madame Wu (1980)

「老スパイクラブ」 The Old Spies Club

「仮面倶楽部」 The Club of Masks

「黄昏の阪神タイガース」

「もっと悪いことが起こるかも」 It Could Get Worse (editor:(PWA) The Shamus Game 2000)

「丘の上の墓地」 The Graveyard on the Hill (ブレイジング・ウェスタン・ストーリイ・マガジン 1957)

「匿名作家の事件」 The Adventure of the Anomymous Author

「拳銃使いのハネムーン」 Gunfighter's Honeymoon

「独裁者の友」 Who Rides with Santa Anna? (1958)

「神の手」 The Hand of God (EQMM 2003/ 1)

「アリババの顔」 The Face of Ali Baba (EQMM 2003/12)

「クリスマスツリー殺人事件」 The Christmas Tree Killer

「瀕死の客船」 The Adventure of the Dying Ship

「授賞式の夜の怪事件」 The Unpleasantness at the Arts and Letters Club

「聖夜の来訪者」 A Visit to Saint Nicholas

「最後のユニコーン」 The Last Unicorns

「戦士の別れ」 Warrior's Farewell

「鳥かごの果樹園」 The Orchard of Caged Birds (EQMM 2003/ 5)

「イレギュラーなクリスマス」 An Irregular Christmas (ザ・ストランド・マガジン 2006/10-1 No.20)

「マーサのオウム」 Martha's Parrot

「ポー・コレクター」 The Poe Collector (editor:(Stuart M. Kaminsky) On a Raven's Wing 2009)

「不思議の国の戦争」

「モンキー・パズル」 The Monkey's Clue (The Monkey's Clue and the Stolen Sapphire 1978)

「消えたサファイア」 The Stolen Sapphire (The Monkey's Clue and the Stolen Sapphire 1978)

「モントリオールの醜聞(スキャンダル)」 A Scandal in Montreal (EQMM 2008/ 2)

「アドルトンの悲劇」 The Addleton Tragedy (Sherlock Holmes @35 2006)

「サーカス美女ヴィットーリアの事件」 The Adventure of Vittoria, the Circus Belle (editor:(Michael Ashley) The Mammoth Book of New Sherlock Holmes Adventures 1997)

「インクの輪」

「ライツヴィルのカーニバル」


「十三」 Thirteen (EQMM 1971/12)

「医師とアヘン中毒患者」 The Physician and the Opium Fiend

「七二一/XY二五八」 Lot 721/XY258

「チキン・スープ・キッド」 The Chicken Soup Kid

「世紀の犯罪」 The Crime of the Century

「リノの五つのリング」 Five Rings in Reno (EQMM 1976/ 7)


「警部レオポルド 被害者は誰だ?」 A Question of Funishment (Saint 1965/ 9)


「スパイとローマの猫」 The Spy and the Cats of Rome

「玩具の国のスパイ」 The Spy in the Toy Business (EQMM 1978/ 1)

「ミステリ作家会議の殺人」 The Spy at the Crime Writers Congress (EQMM 1976/11)

「謎のカード事件」 The Spy and the Mysterious Card

「遠まわりしたスパイ」 The Spy Who Took the Long Route

「鳥之将死…」 The Spy Who Came to the End of the Road

「なんにもしないスパイ」 The Spy Who Die Nothing

「搭で消えた女」 Tower to Nowhere (EQMM 2002/ 3)

「なかった戦争」 The War That Never Was (EQMM 1999/12)


「明日への旅」 Tram to Tomorrow (EQMM 2004/ 6)


「深夜の誘拐」 A Place for Bleeding (The Saint Detective/Mystery Magagine 1963/ 3)

「二十五年目のクラス会」 Reunion (The Saint Detective/Mystery Magagine 1964/10)

「雨降り強盗」 The Rainy-Day Bandit (EQMM 1970/ 5)

「クリスマスはおまわりのもの」 Christmas Is for Cops (EQMM 1970/12)

「一日の終わり」 End of the Day (EQMM 1971/ 2)

「レオポルド警部職務を執行する」 Captain Leopold Does His Job (EQMM 1971/12)

「特徴のない男」 Leopold at Rest (Alfred Hitchcock's Mystery Magagine 1972/ 9)(EQMM 1993/ 4)

「レオポルド警部バットを振る」 Captain Leopold Swings a Bat (EQMM 1973/10)

「レオポルド警部故郷へ帰る」 Captain Leopold Goes Home (EQMM 1975/ 1)

「オカルト殺人事件」 No Holiday for Captain Leopold (EQMM 1977/ 8)

「三人レオポルド」 Captain Leopold Incognito (EQMM 1978/ 5)

「レオポルドと殺人者の息子」 Captain Leopold and His Murderer's Son (EQMM 1979/ 5)

「最も危険な男」 The Most Dangerous Man Alive (EQMM 1980/ 5)

「レオポルド警部、ドッグ・レースへ行く」 Captain Leopold Goes to the Dogs (EQMM 1980/ 7)

「レオポルド警部の賭」 Captain Leopold's Gamble (Alfred Hitchcock's Mystery Magagine 1980/11)

「銀ギツネの臭跡」 Captain Leopold and the Silver Foxes (EQMM 1981/ 1)

「レオポルド釣りにゆく」 Captain Leopold Goes Fishing (EQMM 1981/ 7)

「殺人者と道化師」 The Killer and the Clown (Alfred Hitchcock's Mystery Magagine 1981/10)

「一瞬の狂気」 One Moment of Madness (EQMM 1982/ 9)

「偽のレオポルド警部」 The Second Captain Leopold (EQMM 1983/ 2)

「警部と謎の女」 Captain Leopold and the Mystery Woman (EQMM 1984/ 9)

「謎のクラスメート」 Too Many Murderers (EQMM 1990/ 9)

「レオポルド警部の復活」 Captain Leopold Lends a Hand (EQMM 1995/10)

「葡萄園のレオポルド警部」 Leopold in the Vineyard (EQMM 2004/ 9)

「引退した放火犯」 The Retired Arsonist (editor:(Dana Stabenow) At the Scene of the Crime 2008)


「ニックの東京日記」 The Theft of the Turquoise Telephone (EQMM 1978/ 8)

「消防士の帽子」 The Theft of the Firefighter's Hat (EQMM 1979/ 6)

「サハラの水」 The Theft of Sahara's Water (EQMM 1979/12)

「スペード4の盗難」 The Theft of the Four of Spades (EQMM 1980/10)

「使用済みティーバッグ窃盗事件」 The Theft of the Used Teabag (EQMM 1982/11)

「売れっ子の消しゴム」 The Theft of the Auther's Eraser (EQMM 1986/ 6)

「消えた女のハイヒール」 The Theft of the Lost Slippers (EQMM 1987/ 4)

「闘牛士のケープ」 The Theft of the Matador's Cape (EQMM 1987/ 9)

「ドクターの箸」 The Theft of the Doctor's Chopsticks (EQMM 1989/ 2)

「老婦人の鳥籠」 The Theft of the Empty Birdcage (EQMM 1989/ 7)

「12月のブックショップ」 The Theft of the Rusty Bookmark (EQMM 1998/ 1)

「グロリアの赤いコート」 The Theft of Gloria's Greatcoat (EQMM 1998/ 5)

「空っぽのペイント缶を盗め」 The Theft of the Empty Paint Can (EQMM 2005/ 5)

「仲間外れのダチョウを盗め」 The Theft of the Ostracized Ostrich (EQMM 2007/ 9and10)

「ビンゴ・カードを盗め!」 The Theft of the Bingo Card (EQMM 1990/11)

Anthology/Nonfiction/Etc.

『現代アメリカ推理小説傑作選02』 Dear Dead Days (1972)


『密室大集合』 All but Impossible! (1981)


『年刊ミステリ傑作選1976 -風味豊かな犯罪』 Best Detective Stories of the Year 1976 (1976)

『年刊ミステリ傑作選1977 -今月のペテン師』 Best Detective Stories of the Year 1977 (1977)

『年刊ミステリ傑作選1978 -最後のチャンス』 Best Detective Stories of the Year 1978 (1978)


「<インタヴュー>」

「エラリー・クイーン育ち」 Growing Up with Ellery Queen

「六月のストックホルム」

「われらが師、エラリイ・クイーン」 Frederic Dannay and Ellery Queen

「犯罪を写す鏡 ミステリに影響を与えた現実の犯罪」 A Mirror to Our Crimes

「第17回バウチャーコン・リポート ボルティモア大会から」

「賞が多すぎる?」

「ミステリー専門店に未来はあるのか?」

「ミステリー映画に何が起こったか?」

「歴史ミステリー小史」

「ローレンス・ブロックを讃えて」


「犯罪巡回区域」


「手っとりばやい殺人」 Shortcut to Murder

「ホックに会いに来たスパイ」

「短篇小説の喜びと挑戦」

「第28章 短編の楽しみ」 The Pleasure of the Short Story