ヘンリー・スレッサー

Henry Slesar

1927/ 6/12-2002/ 4/ 2 U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

ニューヨーク市ブルックリン生まれ。本業は広告代理店「スレッサー&マニュエラ」。
Pen Name:O・H・レスリー(O. H. Leslie)、ジェイ・ストリート(Jay Street)。ジェイ・フォルブ(Jay Folb)との共同Pen Name、ジェフ・ヘラー(Jeff Heller)。
ショートショートの名手にして、短篇のみで生きてきたひと。珍しいことに、これだと言える作品を選ぶのが困るひとでもある。どこかでまとめて出してはくれないか。リスト化するのに苦労した。何がなんやらさっぱりわからなくなった。いまでも首をひねっている作品がある。全部、入手していないのでこうなるのだが…
ヘンリイ・スレッサー、ヘンリィ・スレッサー表記あり。
Amazon ヘンリー・スレッサー Henry Slesar

Novel

『グレイ・フラノの屍衣』 The Gray Flannel Shroud (1958)

『殺人鬼登場』 Enter Murderers (1960)

Collection

『夫と妻に捧げる犯罪』 Lost Dog and Other Stories

『怪盗ルビイ・マーチンスン』 A Collection of Ruby Martinson Stories

『うまい犯罪、しゃれた殺人』 A Banquest of Clean Crimes and Neat Murders (1960)

『ママに捧げる犯罪』(1962)

『伯爵夫人の宝石』

『最期の言葉』 The Last Word

Short Fiction

「知らぬが仏」 Chiff (Playboy 1960/ 6)

「「博士」」 Doctor (Playboy 1960/ 6)

「商売人気質」 Merchant (Playboy 1960/ 6)

「電話」 Speak (The Diners Club Magazine 1965)

「翁」 The Old Man (The Diners Club Magazine 1962)

「刑罰」 The Penalty (1962)

「旅する男」 Traveling Man

「造物主たち」 The Creators (Amazing 1958/ 3)

「サルヴァドア・ロスの自己改造」 The Self-Improvement of Salvadore Ross (F&SF 1961/ 5)

「夢見る街」 Dream Town (Fantastic Universe 1957/ 1)

「グロウ商会」 The Glow Worm

「バットマンが狂った」 Bats (editor:(Martin H. Greenberg) The Further Adventures of Batman 1989)

「権威の象徴」 Symbol of Authority

「殺人狂」 The Mad Killer

「老人」 Personal Interview

「人を呪わば」 A Victim Must Be Found

「10パーセントの殺人」 Ten Percent of Murder

「フロリダ旅行」 A Trip to Florida

「邪道」 The Crooked Road

「いまわしい思い出」 The Dirty Detail

「共犯者」 The Accomplice

「珍品」 Museum Piece

「20年後」 Mr. Justice

「二世の契り」 The Return of the Moresbys

「憲法違反」 Federal Offense

「花を愛でる警官」 The Cop Who Loved Flowers

「走れ、ウィリー」 Run, Willie, Run

「憑かれた男」 The Haunted Man

「速習記憶術」 The Memory Expert

「死へ3マイル」 Three Miles to Marleybone

「母親っ子」 Tony's Death

「売り物でない馬」 The Horse that wan't for Sale

「どこかでお逢いしましたね」

「みんなラリーのおかげ」 I Owe Everything to Larry

「こんど彼に会ったら」 If I See Him Again

「誘拐」 The Kidnapping

「メロドラミン」 Melodramin

「海のごとき憂い」 Sea of Troubles (AHMM 1963/ 5)

「ただいま休養中」 Cop in a Rocker

「はったり」 The Bluff

「ママの幽霊」 My Mother, the Ghost

「きみの将来」 The Job

「グッバイ、チャーリイ」 Good-bye, Charlie

「株式会社ゴンバー軍団」 Gomber's Army

「目撃者」 The Witness

「犠牲者はおれだ」 The Game as It Is Played

「悪いニュースだらけ」 Nothing But Bad News

「毒を盛られたポーン」 The Poisoned Pawn (AHMM 1974/ 6)

「幸福は金じゃ買えない」 Happiness before Death

「電話ボックスのほめ言葉」 Eulogy in Phone Booth

「将軍の死」 Death of a General

「読書の愉しみ」 The Pleasure of Reading

「殺し屋の恩情」 Blood Bargain

「悪名高いカナリヤ訓練師事件」 The Case of teh Notorious Canary Trainer

「愛犬の死」 Death of the Kelly Blue

「手紙の効用」 Dear Mrs. Femwick (AHMM 1959/ 1)

「昇進の道」 Homicide Only Knocks Once (AHMM 1959/ 5)

「覗き穴」 Peephole (AHMM 1959/ 2)

「ヴードゥー人形の呪い」 Voodoo Doll -$1.98 (AHMM 1960/ 4)

「素敵ないたずら」 Joke on a Nice Old Lady (AHMM 1960/ 6)

「悪夢」 More Than a Nightmare (AHMM 1960/ 7)

「虎狩り」 Hunt the Tiger (AHMM 1959/11)

「妻には夫を」 My Baby, the Embezzler (AHMM 1960/ 9)

「眼には眼を」 Not So Sudden Death

「憧れのスポーツ・カー」 The Life You Lose (AHMM 1958/ 9)

「人知れぬ悲しみ」 The Case of the Secret Sorrow (AHMM 1961/ 1)

「D氏曰く」 Mr. D and Death (AHMM 1961/ 2)

「サムのハート」 Sam's Heart (AHMM 1958/ 3)

「己が罪」 You Can't Blame Me (AHMM 1961/ 5)

「結婚申し込み」 Proposal of Marriage (AHMM 1957/ 3)

「成功者」 Beggars Can Be Chosers (AHMM 1961/10)

「役者がうわ手」 I'm Better Than You! (AHMM 1961/ 6)

「コック長に脱帽」 Compliments to the Chef (AHMM 1958/ 5)

「殺し屋アルバイト」 Job for an Amateur (AHMM 1958/ 6)

「勘ちがい」 The Case of M. J. H. (AHMM 1959/ 8)

「ある記事」 Item (AHMM 1962/ 7)

「早いもの勝ち」 Murder Delayed (AHMM 1962/ 8)

「処刑の日」 The Day of Execution (AHMM 1957/ 6)

「栄光にいたる病」 Whosits Disease (AHMM 1962/10)

「罪あるものに同情を!」 Weep for the Guilty (AHMM 1962/11)

「あなたはタバコがやめられる」 How to Stop Smoking (AHMM 1962/12)

「役者魂」 Starring the Defense (AHMM 1963/ 4)

「なぐられ屋」 The Substitute (Manhunt1957/ 7)

「出世に強い男」 To Save a Body (Manhunt1957/ 3)

「おまえが嫌いなのさ、ドクター・フェルドマン」 I Do Not Like Thee, Dr. Feldman

「見覚えありませんか?」 Don't I Konw You?

「クリスマスを愛した男」 The Man Who Loved Christmas

「あんたより上手」

「伯父モンテロウ・サンダースンによるアメリカ文学に関する覚え書」 A Note on American Literature by My Uncle, Monroe Sanderson

「銀行へどうぞ」

「ハリウッドからの三通の手紙」 Three Letters from Hollywood

「金庫破り」 Be My Valentine

「コンチェルト」 Solo for Violin (1962)

「ピカード博士のねずみ」 The Rats of Doctor Picard

「明晰夢」 Light Switch, Mirror Stairs

「ドーラをどうすべきか?」 What Do I Do about Dora?

「ディナー・パーティ」 The Dinner Party

「デュース」 Deuce

「ソープオペラの怪人」 The Phantom of the Soap Opera

「臓器移植」 The Operation

「アウトソーシング」 Outsourcing

「フェアデルの怪盗」 The Housebreakers

「ルクレツィアと宝石泥棒」 Lucrezia and the Thief

「ダーリントン替玉事件」 The Darlington Substitution Scandal

「骨」 Bones (MSMM 1969/ 7)


「殺人通信」 For Srvices Rendered (AHMM 1957/ 5)

「すすり泣き」 Sob Story


「最上の生贄」 Best of the Victims (AHMM 1957/11)

「脅迫状」


「スティーヴ・アレン・ショウのアリバイ」 Alibi on the Steve Allen Show

「アンパイア」 Kill the Umpire (AHMM 1957/ 5)

「好奇心で殺せ!」 Curiosity Killed a... (AHMM 1959/ 6)

「検死陪審員」 Coroner's Jury (AHMM 1959/ 5)

「わたしは酒がやめられる」 Last Drink (AHMM 1959/ 7)

「ショックで殺せ!」 It Started Most Innocently (AHMM 1959/ 3)

「挑戦」 Personal Challenge (AHMM 1959/ 1)

「他殺への契約書」 I Promise to Kill (AHMM 1958/ 4)

「らくだ」 Terror Requires Preparation (AHMM 1960/ 1)

「私の秘密」 Whodunit? (AHMM 1958/ 7)

「病は気から」 Better Than Murder (AHMM 1958/12)

「遺書の効きめ」 Key to a Skelton Closet (AHMM 1960/ 5)

「罪の影」 Beware the Unloaded Wepon (AHMM 1959/ 8)

「いらっしゃいまし」 Welcome to Our Bank (AHMM 1960/ 7)

「死ねばいいんでしョ」 You'll Be Sorry When I'm Dead (AHMM 1959/ 2)

「誘拐されて」 Ignore All Requests (AHMM 1958/ 9)

「旧友交歓」 A Foot in the Dour (AHMM 1957/ 7)

「足が第一」 Faster Than an Honest Man (AHMM 1960/11)

「湖畔にて」 A Child Was Lost (AHMM 1960/12)

「鍵のかかる部屋」 Behind the Locked Door (AHMM 1961/ 1)

「流弾」 Stray Bullet (AHMM 1961/ 2)

「真夜中まで」 Thoughts Before Murder (AHMM 1961/ 3)

「最高の葬儀」 Dead Give-Away (AHMM 1961/11)

「競馬狂夫人」 Something Shot of Murder (AHMM 1957/11)


「悩める恋人よりの手紙」 Letter from a Very Worried Man (AHMM 1959/ 7)

「痛まない方法」 The Painless Method (AHMM 1961/10)

「信仰療法」 Faith Healing (AHMM 1962/ 1)

「電話ボックスの男」 The Man in the Telephone Booth (AHMM 1959/ 6)


「十五年目の脅迫状」 Victim, Dear Victim (AHMM 1960/ 5)

「十三階の狂人」 Real, Real Crazy (AHMM 1961/ 2)

「庭の頭蓋骨」 Dig We Must (AHMM 1961/ 8)

Nonfiction/Etc.

「Hello GIALLO!」

Top of Page