ルース・レンデル

Ruth Rendell

1930/ 2/17- U.K.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

Pen Name:バーバラ・ヴァイン(Barbara Vine)。ロンドン生まれ。
『わが目の悪魔』、『ロウフィールド館の惨劇』が印象深い。

Amazon ルース・レンデル Ruth Rendell
Amazon バーバラ・ヴァイン Barbara Vine

Novel

『薔薇の殺意』 From Doon with Death (1964)

『運命のチェスボード』 Wolf to the Slaughter (1965)

『死が二人を別つまで』 A New Lease of Death(Sins of the Father) (1967)

『友は永(とわ)遠に』 The Best Man to Die (1969)

『死を望まれた男』 The Best Man to Die (1969)

『罪人のおののき』 A Guilty Thing Surprised (1970)

『もはや死は存在しない』 No More Dying Then (1971)

『ひとたび人を殺さば』 Murder Being Once Done (1972)

『偽りと死のバラッド』 Some Lie and Some Die (1973)

『指に傷のある女』 Shake Hands Forever (1975)

『乙女の悲劇』 A Sleeping Life (1978)

『仕組まれた死の罠』 Put On By Cunning(Death Notes) (1981)

『マンダリンの囁き』 The Speaker of Mandarin (1983)

『無慈悲な鴉』 An Unkindness of Ravens (1985)

『惨劇のヴェール』 The Veiled One (1988)

『眠れる森の惨劇』 Kissing the Gunner's Daughter (1992)

『シミソラ』 Simisola (1994)

『聖なる森』 Road Rage (1997)

『悪意の傷跡』 Harm Done (1999)


『絵に描いた悪魔』 To Fear a Painted Devil (1965)

『虚栄は死なず』 Vanity Dies Hard (1965)

『死のひそむ家』 The Secret House of Death (1968)

『悪夢の宿る巣』 One Across, Two Down (1971)

『緑の檻』 The Face of Trespass (1974)

『わが目の悪魔』 A Demon in My View (1976)

『ロウフィールド館の惨劇』 A Judgement in Stone (1977)

『死のカルテット』 Make Death Love Me (1979)

『地獄の湖』 The Lake of Darkness (1980)

『荒野の絞首人』 Master of the Moor (1982)

『身代わりの樹』 The Tree of Hands (1984)

『殺す人形』 The Killing Doll (1984)

『引き攣(つ)る肉』 Live Flesh (1986)

『ハートストーン』 Heartastones (1987)

『死を誘う暗号』 Talking to Strange Men (1987)

『石の微笑』 The Bridesmaid (1989)

『求婚する男』 Going Wrong (1990)

『殺意を呼ぶ館』 The Crocodile Bird (1993)

『心地よい眺め』 A Sight for Sore Eyes (1998)


『死との抱擁』 A Dark-Adapted Eye (1986)

『運命の倒置法』 A Fatal Inversion (1987)

『階段の家』 The House of Stairs (1988)

『哀しきギャロウグラス』 Gallowglass (1990)

『ソロモン王の絨毯』 King Solomon's Carpet (1991)

『アスタの日記』 Asta's Book (1993)

『長い夜の果てに』 No Night is too Long (1994)

『ステラの遺産』 The Brimstone Wedding (1995)

『煙突掃除の少年』 The Chimney Sweeper's Boy (1998)

『街への鍵』 The Keys to the Street

Collection

『レンデル傑作集1 -カーテンが降りて』 The Fallen Curtain (1976)

『レンデル傑作集2 -熱病の木』 The Fever Tree (1982)

『レンデル傑作集3 -女ともだち』 The New Girlfriend (1985)

『女を脅した男』

Short Fiction

「落し穴にご用心」 A Drop Too Much

「ヒヤシンスのような深いブルー」 A Dark Blue Perfume (editor:(Alice Laurance)/(Isaac Asimiv) Who Done It? 1980)

「悪の手段」 Means of Evil

「赤毛の坊やとチョークの輪」 Ginger and the Kingsmarkham Chalk Circle

「結婚式のあとで」 When the Wedding Was Over

「子守り」 Mother's Help

「孔雀の栞」 The Copper Peacock

「星座スカーフ」 The Astronomical Scarf

「衣装」 Clothes

「生まれついての犠牲者」 Born Victim(The Irony of Hate) (EQMM 1978/ 9)

「輝ける未来」 A Glowing Future (EQMM 1977/ 9)

「苦い黄昏」 Dying Happy (1987)

「黄色い百合」 A Pair of Yellow Lilies (EQMM 1989/ 4)

「茸のシチュー事件」 The Case of the Shaggy Caps

「賄賂と堕落」 Bribery and Corruption

「フィッシュ・シッター」 The Fish-Sitter (1989)

「紙細工の家」 Paperwork (EQMM 1990/ 4)

「女王万歳」 Long Live the Queen (EQMM 1991/ 7)

「正直なところ…」 In All Honesty (EQMM 1995/11)

「ショーリー司祭館の幽霊」 The Haunting of the Shawley Rectory (EQMM 1979/12/17)

「リジーの愛人」 Lizzie's Lover (EQMM 1995/12/M)

「燃えさしは危険」 Burning End (EQMM 1995/12)

「留守宅管理人」 The Carer (Blood Line 1995)

「許容限界」 Unacceptable Levels (EQMM 1995/ 3)

「大いなる遺産」 Expectations (Blood Line 1995)

「かけらと切れ端」 Shreds and Slivers (EQMM 1994/11)

「ウォルターの脚」 Walter's Leg (EQMM 2001/ 1)

「ヘアの家」 Hare's House

「ブリタニカ第八巻」 Piranha to Scurfy (EQMM 2001/ 9and10)

Nonfiction/Etc.

「ルース・レンデル、自作を語る」

「ルース・レンデル 奇妙な対称形」 A Fearful Symmetry

「ルース・レンデル、その創作の秘密に迫る -初期・中期作品を中心に」

「Hello GIALLO!」

Top of Page