ジェラルド・カーシュ

Gerald Kersh

1911/ 8/26-1968/11/ 5 U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

有名でもないし、翻訳作品も多くない。でも、独特のタッチが忘れがたい印象を残す。そんな作家の代表がジェラルド・カーシュである。
なぜ、そんなに印象に残っているのか、自分にもよくわからないのだけどね。

と、書いてから10年近く、状況が変われば変わるものだと、つくづく思う。こんなに翻訳される作家になるとは、思わなんだ。
何がいいのかは、なかなか言いにくい部分もあるが、やはり味わいが希有なんだろうな。
Amazon ジェラルド・カーシュ Gerald Kersh

Collection

『オカルト物語』 On an Odd Note (1958)

『冷凍の美少女 《イギリス異色作家奇談集》』 Frozen Beauty (1945)

『壜の中の手記』 The Oxoxoco Bottle and Other Stories

『壜の中の手記』 The Oxoxoco Bottle and Other Stories

『廃墟の歌声』 Voices in the Dust of Annan and Other Stories

『犯罪王カームジン -あるいは世界一の大ぼら吹き』 Karmesin

Short Fiction

「不安全金庫」 The Unsafe Deposit Box (The Saturday Evening Post 1962/ 4/14)

「カシェルとの契約」 A Bargain With Cashel (The Saturday Evening Post 1963/ 4/27)

「遠からぬところ」 Somewhere Not Far from Here (Playboy 1965/ 5)

「海への悲しい道」 Sad Road to the Sea (1940)

「呪われたタイプライター」 The Haunted Typewriter

「ピンクの象事件」 A Matter of Pink Elephants

「胸のうち」 Something on His Mind

「傷痕」 The Scar

「わかるかい?」 Do You Follow Me?

「肝臓色の猫はいりませんか」 Who Wants a Liver-Coloured Cat?

「水よりも濃し」 Thicker than Water (1954)

Juvenile

「骨のない人間」 Men Without Bones (Esquire 1954/Fall)

Top of Page