ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

メアリ・ヒギンズ・クラーク

Mary Higgins Clark

1927/12/24- U.S.A.
Authors List

(Mary Theresa Eleanor Higgins Clark Conheeney)
ニューヨーク生まれ。広告代理店のOL、スチュワーデス等の職につく。1964年、35才のときに夫が他界。その後、生活のためもあるのか小説家を志す。
娘は、キャロル・ヒギンズ・クラーク(Carol Higgins Clark)

Novel

『子供たちはどこにいる』 Where Are the Children? (1975)

『誰かが見ている』 A Stranger is Watching (1978)

『揺りかごが落ちる』 The Cradle Will Fall (1980)

『永遠の闇に眠れ』 A Cry in the Night (1982)

『暗夜に過去がよみがえる』 Stillwatch (1984)

『いまは涙を忘れて』 Weep No More, My Lady (1987)

『愛しいひとの眠る間に』 While My Pretty One Sleeps (1989)

『ダンスシューズが死を招く』 Loves Music, Loves to Dance (1991)

『オルゴールの鳴る部屋で』 All Around the Town (1992)

『あなたに会いたくて』 I'll Be Seeing You (1993)

『リメンバー・ハウスの闇のなかで』 Remember Me (1994)

『恋人と呼ばせて』 Let Me Call You Sweetheart (1995)

『追跡のクリスマスイヴ』 Silent Night (1995)

『月夜に墓地でベルが鳴る』 Moonlight Becomes You (1996)

『小さな星の奇蹟』 All Through the Night (1998)

『見ないふりして』 Pretend You Don't See Her (1997)

『君ハ僕ノモノ』 You Belong to Me (1998)

『殺したのは私』 We'll Meet Again (1999)

『さよならを言う前に』 Before I say Good-bye (2000)

『誘拐犯はそこにいる』 Deck the Halls (2000)

『魔が解き放たれる夜に』 Daddy's Little Girl (2002)

『消えたニック・スペンサー』 The Second Time Around (2003)

『20年目のクラスメート』 Nighttime is My Time (2004)

Collection

『アナスタシア・シンドローム』 The Anastasia Syndrome and Other Stories (1990)

Short Fiction

「密航者」 Stowaway(Last Flight from Danubia) (Extension Magazine 1958)

「当たりくじはどこに」 That's the Ticket

「激情としか言いようのない犯罪」 Definitely A Crime of Passion (Murder for Love 1996)

「パワープレイ」 Power Play (Murder for Revenge 1998)

「バミューダ定期便」 Milk Run (Extension Magazine 1958/ 8)

「隣人」 The Man Next Door

「石炭入れの声」 Voice in the Coalbin

「マムシのような男」

「告げ口ごろごろ」 The Tell-Tale Purr (editor:(Stuart M. Kaminsky) On a Raven's Wing 2009)

Anthology/Nonfiction/Etc.

『ショウほど素敵な犯罪はない』 Murder on the Aisle (1987)


「Fはファッシネイティングの頭文字」 The 'F' Is for Fascinating

AmeqList since 1996 Update:2018/ 9