ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

ジョルジュ・シムノン

Georges Simenon

1903/ 2/13-1989/ 9/ 4 France
Authors List

ベルギー、リエージュ生まれ。作品総数は相当量に及び、全体を把握するのは至難の技。河出書房から全集が出ている。はっきりいって、よくわからない。
たぶん、書誌的なシムノン研究だけでも一冊の本が作れそう。リストを造るにあたって、本気でびびったひとり。多いとは知ってたけど、これほどとは。
本格的なミステリーというより、ミステリー的な味付けのある作品というイメージだったので、あまり読んでいない。
ジョルヂュ・シメノン表記あり。

Amazon ジョルジュ・シムノン Georges Simenon

Novel/Collection/Etc.
西東書林(Seito Shorin)

『モンパルナスの夜 -男の頭』 La Tête d'un homme(L'homme de la Tour Eiffel) (1931)

黒白書房(Kuroshiro Shobo)

『黄色い犬』 Le Chien jaune (1931)

春秋社(ShunjyuSha)

『山峡の夜 -他一篇』

『リェーヂユの踊子』 La Danseuse du Gai-Moulin (1931)

『聖フォリアンの首吊男』 Le pendu de Saint-Pholien (1930)

『水門』 Le Charretier de 'la Providence'

『倫敦(ロンドン)から来た男』 L'homme de Londres

『山の十字路』

『モンパルナスの夜』 La Tête d'un homme (1931)

『ロアール館』 Monsieur Gallet decede (1930)

『下宿人』

『猶太人ジリウク』

『ダンケルクの悲劇』

『情死』

サイレン社(SirenSha)

『倫敦から来た男 他一篇』

アドア社

『倫敦から来た男・自由酒場 -探偵小説』 Liberty-Bar (1932)

京北書房(Keihoku Shobo)

『倫敦から来た男』 L'homme de Londres

『聖フォリアン寺院の首吊男』 Le pendu de Saint-Pholien (1930)

『モンパルナスの夜』 La Tête d'un homme (1931)

『水門の惨劇』 Le Charretier de 'la Providence'

『運河の秘密』

『リェーヂュの踊子』 La Danseuse du Gai-Moulin (1931)

雄鶏社(OndoriSha)

『サン・フォリアン寺院の首吊人』 Le pendu de Saint-Pholien (1930)

『或る男の首』 La Tête d'un homme (1931)

『黄色い犬』 Le Chien jaune (1931)

早川書房(Hayakawa Shobo)

『シメノン選集01 -雪は汚れていた』 La neige ètait sale (1948)

『シメノン選集02 -過去の女』 Le temps d'Anais (1951)

『シメノン選集03 -家の中の見知らぬ人』

『シメノン選集04 -ベベ・ドンジュの真相』 La Veritá sur Bábá'Donge (1942)

『シメノン選集05 -判事への手紙』

『シメノン選集06 -メグレと老婦人』 Maigret et la vieille dame (1950)

『シメノン選集07 -メグレとしっぽのない小豚』

『シメノン選集08 -帽子屋の幻影』

『シメノン選集09 -メグレの休暇』 Les Vacances de Maigret (1947)


『深夜の十字路』 La nuit du carrefour (1931)

『黄色い犬』 Le Chien jaune (1931)

『霧の港』 Le port des brumes (1932)

『或る男の首』 La Tête d'un homme (1931)

『リコ兄弟』 Les Fráres Rico (1952)

『メグレ罠を張る』 Maigret Tend Un Piáge (1955)

『メグレと老婦人』 Maigret et la vieille dame (1950)

『メグレと若い女の死』 Maigret et la Jeune Morte (1954)

『帰らざる夜明け』 La veuve Couderc (1942)

『カルディノーの息子』 Le Fils Cardinaud (1942)

『ベルの死』 La Mort de Belle (1952)

『仕立屋の恋』 Les fiancailles de M. Hire (1953)

『可愛い悪魔』 En Cas de Malheur (1956)

『離愁』 Le Train (1961)

『メグレの回想録』 Les Memoires de Maigret (1950)


『メグレと無愛想な刑事』 Le Commissaire Maigret et l'inspecteur Malgracieux (1947)

『死体が空から降ってくる』 Le Petit Docteur (1943)

『上靴にほれた男』 Le Petit Docteur (1943)


「タクシーの中の男」

「クロワ・ルース街の小さな家」 The Little House at Croix-Rousse


「生と死の問題」 A Matter of Life and Death

「三人の自転車曲乘師」 The Case of the Three Bicyclists

「バイユーの老婦人」 La Vieille dame de Bayeux

「過去をたずねて」 Les Larmes de bougie(Journey into Time)

「メグレと若い女」 L'Affaire du boulevard Beaumarchais

「殺し屋」 Stan le tueur

「蝋の涙」 Les Larmes de bougie

「メグレ夫人の恋人」 L'Amoureux de Madame Maigret

「メグレと若い女の死」 Maigret et la Jeune Morte (1954)

「メグレの失敗」 Une Erreur de Maigret

「メグレと無愛想な刑事と殺し屋たち」 Maigret, Lognon et les gangsters (1951)

「G・7」 G.7

「移動幽霊」 L'esprit transporte

「首吊り船」 La Peniche aux deux pendus

「メグレとおびえるお針娘」 Mademoiselle berthe et son amant

「メグレと消えたミニチュア」 Le notaire de chateauneuf

「小さなレストラン」 Le petit restaurant

「水死人の宿」 L'Auberge aux noyes

「メグレのパイプ」 La Pipe de Maigret

「幸福なるかな、柔和なる者」 Blessed Are the Meek (1948)

「ピガール通り」 Rue Pigalle

「月曜日の男」 Monsieur Lundi

「手帳の小さな十字印」 Sept petites croixs dans un carnet

「メグレと消えたオーエン氏」 L'improbable M. Owen

「イトヴィル村の狂女」 La folle d'Itteville

「<グラン・サン・ジョルジュ>ホテルの謎」 Les Mystéres du Grand-Saint-Georges (ポリス・ロマン 1939/ 2)


「メグレとボンドの世界を語る」

「シムノン、大いに語る」

「父ジョルジュ・シムノンの思い出」

「'ムッシュー五十三番'と呼ばれる刑事」 L.53 (ラヴァンチュール 1929/ 3/14-1929/ 3/21)

新潮社(ShinchoSha)

『汽車を見送る男』

『モンパルナスの夜』 La Tete d'un homme (1930)

東京創元社(Tokyo SogenSha)

『黒の首・黄色い犬』

『黄色い犬』 Le Chien jaune (1931)

『ゲー・ムーランの踊り子』 La Danseuse du Gai-Moulin (1931)

『アルザスの宿』 Le Relais d'Alsace (1931)

『オランダの犯罪』 Un crime en Hollande (1931)

『怪盗レトン』 Pietr-le-Letton (1929)

『サン・フィアクルの殺人』 L'Affaire Saint-Fiacre (1932)

『三文酒場』 La Guinguette a deux sous (1931)

『影絵のように』 L'ombre chinoise (1931)

『死んだギャレ氏』 Monsieur Gallet decede (1930)

『港の酒場で』 Au rendez-vous des terre-neuvas (1931)

『メグレ警部と国境の町』 Chez les Flamands (1932)

『ゲー・ムーランの踊子/三文酒場』

『猫』 Le Chat (1967)

『第1号水門』 L'Ecluse numeros 1 (1933)

『男の首』 La Tête d'un homme (1931)

『怪盗レトン/港の酒場で』

『13の秘密/第1号水門』 Les 13 mysteres/L'ecluse no.1


「競売の前夜」 Vente a la bougie

角川書店(Kadokawa Shoten)

『サン・フォリアン寺院の首吊人』 Le pendu de Saint-Pholien (1930)

『男の首』 La Tête d'un homme (1931)

『黄色い犬』 Le Chien jaune (1931)

『怪盗レトン』 Pietr-le-Letton (1929)

『メグレ夫人の恋人』

『メグレの退職旅行』


「小さなレストラン」 Le petit restaurant

中央公論社(ChuokoronSha)/中央公論新社(Chuokoron-ShinSha)

『サン・フォリアンの首吊りの男/男の首』


「男の首」 La Tête d'un homme

「サン・フォリアンの首吊り男」

「三つのレンブラント」

第三書房

『ルフランソワ事件』

集英社(ShueiSha)

『シムノン選集01 -雪は汚れていた』

『シムノン選集02 -ストリップ・ティーズ』

『シムノン選集03 -アナイスのために』

『シムノン選集04 -片道切符』

『シムノン選集05 -新しい人生』

『シムノン選集06 -リコ兄弟』

『シムノン選集07 -日曜日』

『シムノン選集08 -かわいい悪魔』

『シムノン選集09 -港のマリー』

『シムノン選集10 -妻のための嘘』

『シムノン選集11 -ドナデュの遺言』

『シムノン選集12 -ビセートルの環』


『片道切符』 La veuve Couderc (1942)

『ストリップ・ティーズ』 Strip-Tease (1958)

『ドナデュの遺書』 Le testament Donadieu (1937)

『ビセートルの環』 Les Anneaux de Bicêtre (1963)

『リコ兄弟』 Les Fráres Rico (1952)

『メグレ警視』


『黄色い犬』 Le Chien jaune


「ドナデュの遺書」

筑摩書房(Chikuma Shobo)

『フェルショー家の兄』

秋田書店(Akita Shoten)

『死を呼ぶ犬』 Le Chien jaune

岩崎書店(Iwasaki Shoten)

『メグレ警部とギャング』

旺文社(ObunSha)

『黄色い犬』 Le Chien jaune (1931)

『男の首』 La Tête d'un homme (1931)

『港の酒場で』 Au rendez-vous des terre-neuvas (1931)

『怪盗レトン』 Pietr-le-Letton (1929)

河出書房(Kawade Shobo)/河出書房新社(Kawade Shobo ShinSha)

『メグレと殺人者たち』 Maigret et son mort (1948)

『メグレ間違う』 Maigret se trompe (1953)

『メグレと火曜の朝の訪問者』 Les Scrupules de Maigret (1958)

『メグレの途中下車』 Maigret a peur (1953)

『メグレと幽霊』 Maigret et le Fantôme (1964)

『メグレと口の固い証人たち』 Maigret et les Témoins récalcitrants (1959)

『モンマルトルのメグレ』 Maigret au 'Picratt's' (1951)

『メグレと首無し死体』 Maigret et le Corps sans tête (1955)

『メグレたてつく』 Maigret se défend (1964)

『メグレ氏ニューヨークへ行く』 Maigret à New York (1947)

『メグレの初捜査』 La Première Enquête de Maigret, 1913 (1949)

『メグレ夫人と公園の女』 L'Amie de Madame Maigret (1949)

『メグレ式捜査法』 Mon ami Maigret (1949)

『メグレと消えた死体』 Maigret et la Grande Perche (1951)

『メグレとベンチの男』 Maigret et l'Homme du banc (1953)

『メグレと政府高官』 Maigret chez le ministre (1954)

『重罪裁判所のメグレ』 Maigret aux assises (1960)

『メグレと優雅な泥棒』 Maigret et le Voleur paresseux (1961)

『メグレと殺された容疑者』 La Colère de Maigret (1963)

『メグレと宝石泥棒』 La Patience de Maigret (1965)

『メグレ夫人のいない夜』 Maigret en meublé (1951)

『メグレと妻を寝とられた男』 Maigret et le Client du samedi (1962)

『メグレの打明け話』 Une confidence de Maigret (1959)

『メグレと田舎教師』 Maigret à l'école (1954)

『メグレの財布を掏った男』 Le Voleur de Maigret (1967)

『メグレとひとりぼっちの男』 Maigret et l'Homme tout seul (1971)

『メグレと録音マニア』 Maigret et le Tueur (1969)

『メグレと老婦人の謎』 La Folle de Maigret (1970)

『メグレと善良な人たち』 Maigret et les Braves Gens (1962)

『メグレの幼な友達』 L'Ami d'enfance de Maigret (1968)

『メグレとリラの女』 Maigret à Vichy (1968)

『メグレと匿名の密告者』 Maigret et l'Indicateur (1971)

『メグレとワイン商』 Maigret et le Marchand de vin (1970)

『メグレと賭博師の死』 Maigret et l'Affaire Nahour (1966)

『メグレと殺人予告状』 Maigret hésite (1968)

『メグレ最後の事件』 Maigret et Monsieur Charles (1972)

『メグレとルンペン』 Maigret et le Clochard (1963)

『メグレの拳銃』 Le Revolver de Maigret (1952)

『メグレ保安官になる』 Maigret chez le coroner (1949)

『メグレとかわいい伯爵夫人』 Maigret voyage(Maigret au George V) (1957)

『メグレと老外交官の死』 Maigret et les vieillards (1960)

『メグレを射った男』 Le Fou de Bergerac (1932)

『メグレ推理を楽しむ』 Maigret s'amuse (1957)

『メグレの失態』 Un échec de Maigret (1956)

『メグレと運河の殺人』 Le Charretier de 'la Providence' (1931)

『メグレと深夜の十字路』 La Nuit du carrefour (1931)

『霧の港』 Le Port des brumes (1932)

『メグレと死者の影』 L'Ombre chinoise (1932)

『メグレ再出馬』 Maigret (1934)

『メグレのバカンス』 Les Vacances de Maigret (1948)

『メグレ激怒する』 Maigret se fâche (1947)


『証人たち』 Les temoins

『ちびの聖者』 Le petit saint

『闇のオディッセー』 L'ours en peluche

『倫敦(ロンドン)から来た男』 L'homme de Londres

『マンハッタンの哀愁』 Trois chambres a Manhattan

『ブーベ氏の埋葬』 L'enterrement de monsieur Bouvet

『青の寝室 -激情に憑かれた愛人たち』 La chambre bleue

『モンド氏の失踪』 La fuite de monsieur Monde

『小犬を連れた男』 L'homme au petit chien


「児童聖歌隊員の証言」 Le Temoignage de l'enfant de cheur (1946)

文研出版(Bunken Shuppan)

『ある死刑囚の首』 La Tete d'un homme (1930)

講談社(KodanSha)

『メグレ警視のクリスマス』

『メグレと生死不明の男』 Maigret, Lognon et les gangsters (1951)


「ある男の首」 La Tete d'un homme

晶文社(ShobunSha)

『妻は二度死ぬ』

偕成社(KaiseiSha)

『メグレ警視の事件簿 第1巻』

『メグレ警視の事件簿 第2巻』

『メグレ警視の事件簿 第3巻』

読売新聞社(Yomiuri ShimbunSha)

『メグレと死体刑事』 L'Inspecteur cadavre (1941)

『ベティー』 Betty (1961)

『家の中の見知らぬ者たち』 Lesinconnus dans la maison (1941)


『名探偵エミールの冒険1 ドーヴィルの花売り娘』 Les Dossiers De L'Agence O

『名探偵エミールの冒険2 老婦人クラブ』 Les Dossiers De L'Agence O

『名探偵エミールの冒険3 丸裸の男』 Les Dossiers De L'Agence O

『名探偵エミールの冒険4 O探偵事務所の恐喝』 Les Dossiers De L'Agence O

パロル舎

『メトロ・チケット -O探偵事務所事件簿』 Le Ticket de Metro (1943)

『ラニーの囚れ人 -O探偵事務所事件簿』 Le Prisonnier de Lagny (1943)

学習研究社(Gakushu KenkyuSha)

「リコ兄弟」

光文社(KobunSha)

「メグレのクリスマス」 Un Noel de Maigret (1951)

「世界一ねばった客」 Le Client le plus obstine du monde (1946)

「海峡のメグレ」 Tempete sur la Manche

「メグレと謎のピクピュス」 Signe Picpus (1941)

「メグレと奇妙な女中の謎」 Felicie est la

「メグレと判事の家の死体」 La maison du juge

「メグレとグラン・カフェの常連」 Ceux du Grand-Cafe

「メグレと死んだセシール」 Cecile est morte

「メグレと超高級ホテルの地階」 Les caves du 'Majestic'

「エミールの小さなオフィス」 La cage d'Emile

「掘立て小屋の首吊り人」 La cabane en bois

「裸の男」 L'homme tout nu

「モレ村の絞殺者」 L'etrangleur de Moret

「シャープペンシルの老人」 Le vieillard au port-mine

「ミュージシャンの逮捕」 L'arrestation du musicien

「入り江の三艘の船」 Les trois bateaux de la Calanque

「ドーヴィルの花売り娘」 La fleuriste de Deauville

「むっつり医者と二つの大箱」 Le docteur Tant-Pis

「地下鉄の切符」 Le ticket de metro

「エミールとミンクのコート」 Emile a Bruxelles

「老婦人クラブ」 Le club des vieilles dames

「不法監禁された男」 Le prisonnier de Langny

「《O探偵事務所》の恐喝」 Le chantage de l'agence O

「死の脅迫状」 Menances de mort (1942)


「シムノン最後の事件」 Simenon at Eighty

「私的な回想」 Memoires Intimes


「モンマルトルの歌姫」 La chantwuse de Pigalle

岩谷書店/宝石社

「オランダの犯罪」 Un crime en Hollande (1931)

「サンフォリアン寺院の首吊人」 Le pendu de Saint-Pholien (1930)

「三つのレンブラント」 Les toris Rembrandts (1932)

「ヌウチ」 Nouchi (1932)

「アストリア・ホテルの爆弾」 La bombe de l'Astoria

「メグレ対怪盗」 Pietr-le-Letton (1929)

「ニュー・ファウンドランドで逢おう」 Au rendez-vous des terre-neuvas (1931)

「停車 -五十一分間」 Jeumont, 51 minutes d'arret! (1938)

東都書房(Tohto Shobo)

「メグレ対怪盗」 Pietr-le-Letton (1929)

探偵倶楽部

「怪盗レトン」 Pietr-le-Letton (1929)

「影絵のように」 L'ombre chinoise (1931)

「伯爵夫人殺害事件」 L'Affaire Saint-Fiacre (1932)

『幕をとじてから』

リーダーズダイジェスト社

「メグレと首無し死体」 Maigret et Le Corps sans Têete (1955)

心交社(ShinkoSha)

「競売前夜」 Vente a la bougie

パシフィカ(Pacifica)

『メグレ警視』

「北の星」 L'Etoile du nord

主婦の友社(ShufunotomoSha)

「雪は汚れていた」

論創社(RonsoSha)

『紺碧海岸のメグレ』 Liberty Bar

AmeqList since 1996 Update:2018/ 5