ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

エリック・アンブラー

Eric Ambler

1909/ 6/28-1998/10/22 U.K.
Authors List

エリオット・リード(Eliot Reed)は、チャールズ・ロッダ(Charles Rodda)との共同ペンネーム。
ロンドン生まれ。文学的な描写を導入した作家。『デミトリオスの棺』『あるスパイへの墓碑銘』が著名。個人的に『ダーティ・ストーリー』が好き。
Amazon エリック・アンブラー Eric Ambler

Novel

『暗い国境』 The Dark Frontier (1936)

『恐怖の背景』 Uncommon Danger(Background to Danger) (1937)

『あるスパイの墓碑銘』 Epitaph for Spy (1938)

『裏切りへの道』 Cause for Alarm (1938)

『デミトリオスの棺』 The Mask of Dimitrios(A Coffin for Dimitrios) (1939)

『恐怖への旅』 Journery into Fear (1940)

『デルチェフ裁判』 Judgement on Deltchev (1951)

『シルマー家の遺産』 The Schirmer Inheritance (1953)

『夜来たる者』 The Night-Comers(State of Siege) (1956)

『武器の道』 Passage of Arms (1959)

『真昼の翳』 The Light of Day(Topkapi) (1962)

『汚辱と怒り』 A Kind of Anger (1964)

『ダーティ・ストーリー』 Dirty Story (1967)

『インターコムの陰謀』 The Intercom Conspiracy (1969)

『ドクター・フリゴの決断』 Doctor Frigo (1974)

『薔薇はもう贈るな』 Send No More Roses (1977)

『グリーン・サークル事件』 The Levanter


『スカイティップ』 Skytip (1950)

『恐怖へのはしけ』 Tendr to Moonlight(Tender to Danger) (1951)

『叛乱』 The Maras Affair (1953)

『危険の契約』 Charter to Danger (1954)

『恐怖のパスポート』 Passport to Panic (1957)

Short Fiction

「エメラルド色の空」 The Case of the Emerald Sky

「女家主の弟」 Case of the Landlady's Brother

「詩人の死」 Case of the Gentleman Poet

「贋のロケット」 The Case of the Pinchbeck Locket

「過熱したアパート」 Case of the Overheated

「血の協定」 The Blood Bargain

「木の上の鳥」 A Bird in the Tree

「ブラグデン・コールの死」 The One Who Did for Blagden Cole(The Man Who...) (EQMM 1993/11)

「消えた暖房炉」 The Case of the Pinchbeck Locket

「ベオグラード -1926」 Belgrade 1926

「影の軍団」

Anthology/Nonfiction/Etc.

『スパイを捕まえろ -わが愛するスパイ小説』 To Catch a Spy: An Anthology of Favourite Spy Stories (1964)


「スパイ小説の発展」

「推理小説を書く」

Juvenile

『あるスパイの物語』

『シルマー家の遺産』

in Complete

「あるスパイの墓碑名」

「あるスパイへの墓碑銘」 Epitaph for Spy

AmeqList since 1996 Update:2018/ 5