ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)

バリイ・N・マルツバーグ

Barry N. Malzberg

1939/ 7/24- U.S.A.
Authors List

(Barry Norman Malzberg)、Pen Name:K・M・オドネル(K. M. O'Donnell)、マイク・バリー(Mile Barry)
バリー・N・マルツバーグの表記もあり。
ニューヨーク市生まれ。ニューヨーク市の福祉調査員、版権代理店社員、アメージング、ファンタスティック誌の編集長後、作家。
非常に多作な作家らしい。数打ちゃなんとかとは言われるけれど、わずかに訳された中から察するに、どうもそうでもないらしい。

Novel

『スクリーン』 Screen (1969)

『アポロの彼方』 Beyond Apollo (1972)

『嘲笑う闇夜』 The Running of Beasts (1976)

『裁くのは誰か?』 Acts of Mercy (1977)

『決戦!プローズ・ボウル小説速書き選手権』 Prose Bowl (1980)

Short Fiction

「最終戦争」 Final War (F&SF 1968/ 4)

「三面鏡」 A Triptych (1969)

「アップス・アンド・ダウンズ」 Ups and Downs (editor:(Joseph Elder) Eros in Robot 1973)

「つながり」 Linkage (editor:(Roger Elwood) Demon Kind 1973)

「すばらしい万能変化機」 The Wonderful, All-Purpose Transmogrifier (editor:(Edward L. Ferman)/(Barry N. Malzberg) Final Stage 1974)

「セダン・デビル」 Sedan Deville (F&SF 1974/12)

「1975年1月」 January,1975 (Analog1975/ 1)

「ローマという名の島宇宙」 A Galaxy Called Rome (F&SF 1975/ 7)

「大統領就任式」 Inaugural (Galaxy 1976/11)

「不可能問題」 Varieties of Technological Experience (Analog 1978/10)

「ダーウィン的真実」 Darwinian Facts (editor:(Edward Gorman)/(Martin H. Greenberg) Stalkers 1989)

「死体がいっぱい」 Inside Out

「コンキスタドーレスの征服2423年」 The Conquest of the Conquistadores: 2473 (1971)

「せつない時代だぜ」 Backing Up

「水心、魚心」 No Hearts, No Flowers

「五人の積み荷」 Dogs, Masques, Love, Death: Flowers (editor:(Mike Resnick)/(Martin H. Greenberg) Sherlock Holmes in Orbit 1995)


「習慣への回帰」 Homage to Custom (editor:(Ellen Datlow) Twist of the Tale 1996)

「最後の贋作」 The Last Plagiarism

「最終試験」 Final Exam

「十一回目の殺人?」 Multiples

「クローン待ち」 A Clone at Last (F&SF 1978/10)

「生と死の問題」 A Matter of Life and Death

「死んでもらうぜ」 I Ought to Kill You

「どういう奴なんだ、おまえは」 What Kind of Person Are You?

「ナイト・ライダー」 Night Rider

「身上相談」 Problems Solved

「リオ・レインジャーの火を吹く銃」 Blazing Guns of the Rio Rangers

「類は友を呼ぶ」 Birds of a Feather

「再会」 Rebound (EQMM 1979/ 4)

「ミステリ小説を愛した男」 The Man Who Loved Mystery Stories

Anthology/Nonfiction/Etc.

『究極のSF 13の解答』 Final Stage (1974)

『一ダースの未来 -SF合作ゲーム傑作選』 Shared Tomorrows -Science Fiction in Collaboration (1979)


「1950年代SF」 The End of Summer Introduction

「50年代SFの宴のあと」 The Fifties

Update:2021