ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

江戸川乱歩

Edogawa Rampo

1894(明治27年)/10/21-1965(昭和40年)/ 7/28 Japan
Authors List

『世界短篇傑作集』『怪奇小説傑作集』ともに高校生の時に読んでから、深みにはまった。このふたつのアンソロジーに出会ったことが、その後の嗜好を決めたと言える。
『世界短篇傑作集』からは、すげえなと思った思考機械、「医師とその妻と時計」、「キプロスの蜂」、ソースを見るたびにふと思ってしまう「二壜のソース」、 ヘミングウェイの「殺人者」、印象的な「信・望・愛」、ホラーの「オッターモール氏の手」、絶句した「銀の仮面」。
どちらかというと、純粋な謎解きよりも変格、異色と言われるものが好きなんだなと理解できて、それからSFへと移行していったのが遍歴。最初からSFありきではなかった。
自分の好みを確認できるようなアンソロジーにはなかなか出会えないし、物量もいるし質もいる。すばらしいアンソロジーの好例なのでしょう。
江戸川乱歩は偉大だったんだね。
旧字体は、江戸川亂歩。
Amazon 江戸川乱歩

Anthology/Nonfiction/Etc.

『世界短篇傑作集1』 Great Short Stories of Detection 1

『世界短篇傑作集2』 Great Short Stories of Detection 2

『世界短篇傑作集3』 Great Short Stories of Detection 3


上記三冊の再構成の文庫版。


『世界短編傑作集1』 Great Short Stories of Detection 1

『世界短編傑作集2』 Great Short Stories of Detection 2

『世界短編傑作集3』 Great Short Stories of Detection 3

『世界短編傑作集4』 Great Short Stories of Detection 4

『世界短編傑作集5』 Great Short Stories of Detection 5