ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

F・W・クロフツ

F. W. Crofts

1879/ 6/ 1-1957/ 4/11 U.K.
Authors List

(Freeman Wills Crofts)
アイルランドのダブリン生まれ。1896年から鉄道技師になる。病気療養中に『樽』を執筆。
中学生で『樽』を読む。理屈っぽくなったのは、その影響であると言っておこう。
『黒いドン発12時半までには帰る』が好きである。え、何か違うか。

Amazon F・W・クロフツ F. W. Crofts

Novel

『樽(たる)』 The Cask (1920)

『ポンスン事件』 The Ponson Case (1921)

『製材所の秘密』 The Pit Prop Syndicate (1922)

『フローテ公園の殺人』 The Groote Park Murder (1923)

『フレンチ警部最大の事件』 Inspector French's Greatest Case (1924)

『フレンチ警部とチェインの謎』 Inspector French and the Cheyne Mystery(The Cheyne Mystery) (1926)

『スターベル事件』 Inspector French And the Starvel Tragedy(The Starvel Hollow Tragedy) (1927)

『フレンチ警部と紫色の鎌』 The Box Office Murders(The Purple Sickle Murders) (1928)

『海の秘密』 The Sea Mystery (1928)

『マギル卿最後の旅』 Sir John Magill's Last Journey (1930)

『英仏海峡の謎』 Mystery in the Channel(Mystery in the English Channel) (1931)

『二つの密室』 Sudden Death (1932)

『死の鉄路』 Death on the Way(Double Death) (1932)

『ホッグズ・バックの怪事件』 The Hog's Back Mystery(The Strange Case of Dr. Earle) (1933)

『クロイドン発12時30分』 The 12.30 from Croydon(Willful and Premeditated) (1934)

『サウサンプトンの殺人』 Mystery On Southampton Water(Crime on the Solent) (1934)

『ギルフォードの犯罪』 Crime At Guildford(The Crime at Nornes) (1935)

『ヴォスパー号の喪失』 The Loss of the Jane Vosper (1936)

『船から消えた男』 Man Overboard (1936)

『フレンチ警部と漂う死体』 Found Floating (1937)

『シグニット号の死』 The End of Andrew Harrison(The Futile Alibi) (1938)

『フレンチ警部と毒蛇の謎』 Antidote to Venom (1938)

『フレンチ警部と賭博船』 Fatal Venture(Tragedy in the Hollow) (1939)

『黄金の灰』 Golden Ashes (1940)

『蜘蛛と蠅』 The Losing Game (1941)

『山師タラント』 James Tarrant, Adventurer(Circumstantial Evidence) (1942)

『チョールフォント荘の恐怖』 Fear Comes to Chalfont (1942)

『二重の悲劇』 The Affair at Little Wokeham(Double Tragedy) (1943)

『見えない敵』 Enemy Unseen (1944)

『列車の死』 Death of a Train (1946)

『フレンチ警視最初の事件』 Silence for the Murderer (1949)

『フレンチ油田を掘りあてる』 Dark Journey(French Strikes Oil) (1951)

『関税品はありませんか?』 Anything to Declare? (1957)

Collection

『殺人者はへまをする』 Murderers Make Mistakes (1947)


『クロフツ短編集1』 Many a Slip (1945)

『クロフツ短編集2 -急行列車内の旅』 The Mystery of the Sleeping Car Express (1921)

Short Fiction

「機関士室の犯罪」 Crime on the Footplate

「グラーズ作『少女像』」 The Greuze Girl

「不敗のアリバイ」 Unbreakable Alibi

「千慮の一失」 The Oversight

「一石二鳥」 Two Birds with One Spanner

「指紋」 Fingerprints

「干き潮」 Ebb Tide (MacKill's Mystery Magazine 1954)


「漂う提督」 The Floating Admiral (1932)

「ホワイトストーンズ荘の怪事件」 Double Death (1939)

「ザ・スクープ」 The Scoop (1983)


「樽」

Nonfiction/Etc.

「探偵小説の書き方」

Juvenile

『怪船771号 -名探偵フレンチ』

『クロイドン発12時30分』

『スターベル館の秘密』

『殺人館の怪』

『ドーバー海峡の怪奇』

『海からきたなぞ』

『英仏海峡のなぞ』

『クロイドン発12時30分』

『マギル卿さいごの旅/チェーンの秘密』

『少年探偵ロビンの冒険』 Young Robin Brand, Ditective

in Complete

「樽」 The Cask

「樽」 The Cask

「クロイドン発12時30分」 The 12.30 from Croydon

AmeqList since 1996 Update:2018/ 5