ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

レックス・スタウト

Rex Stout

1886/12/ 1-1975/10/27 U.S.A.
Authors List

(Rex Todhunter Stout)
インディアナ州出身。ネロ・ウルフで有名。

Amazon レックス・スタウト Rex Stout

Novel

『毒蛇』 Fer-de-Lance(Meet Nero Wolfe) (1934)

『腰ぬけ連盟』 The League of Frightened Men (1935)

『ラバー・バンド』 The Rubber Band(To Kill Again) (1936)

『赤い箱』 The Red Box(Case of the Red Box) (1937)

『料理長が多すぎる』 Too Many Cooks (1938)

『シーザーの埋葬』 Some Buried Caesar(The Red Bull) (1939)

『我が屍を乗り越えよ』 Over My Dead Body (1940)

「遺志あるところ」 Where There's a Will (1940)

「語らぬ講演者」 The Silent Speaker (1946)

「女が多すぎる」 Too Many Women (1947)

「Xと呼ばれる男」 And Be a Villain(More Deaths than One) (1948)

『編集者を殺せ』 Murder by the Book (1951)

『黄金の蜘蛛』 The Golden Spiders (1953)

『ザ・ブラック・マウンテン』 The Black Mountain (1954)

『黒い山』 The Black Mountain (1954)

『殺人犯は我が子なり』 Might as Well Be Dead (1956)

「究極の推論」 The Final Deducation (1961)

「ギャンビット」 Gambit (1962)

『ネロ・ウルフ対FBI』 The Doorbell Rang (1965)

「ファーザー・ハント」 The Father Hunt (1968)

『マクベス夫人症の男』 Please Pass the Guilt (1973)

『ネロ・ウルフ最後の事件』 A Family Affair (1975)


『アルファベット・ヒックス』 Alphabet Hicks(The Sound of Murder) (1941)

『謎の指紋殺人事件』 The Case of the Phantom Fingers

『手袋の中の手』 The Hand in the Glove(Crime on her Hands) (1937)

『苦いオードブル』 Bad for Business (1940)

Collection

『黒い蘭 Black Orchids ネロ・ウルフの事件簿』

『ようこそ、死のパーティーへ Cordially Invited to Meet Death ネロ・ウルフの事件簿』

『アーチー・グッドウィン少佐編 The Cases of Major Archie Goodwin ネロ・ウルフの事件簿』 The Cases of Major Archie Goodwin

Short Fiction

「破傷風殺人事件」

「まだ死にきってはいない」 Not Quite Dead Enough (The American Magazine 1942/12)

「死の前に」 Before I Die (The American Magazine 1947/ 4)

「求む、影武者」 Help Wanted, Male (The American Magazine 1945/ 8)

「証拠のかわりに」 Instead of Evidence(Murder on Tuesday) (The American Magazine 1946/ 5)

「二度死んだ男」 Man Alive (The American Magazine 1947/12)

「花のない葬札」 Omit Flowers (The American Magazine 1948/11)

「死の扉」 Door to Death (The American Magazine 1949/ 7)

「セントラル・パーク殺人事件」 Bullet for One (The American Magazine 1948/ 7)

「ねじれたスカーフ」 The Affair of the Twisted Scarf(The Twisted Scarf) (The American Magazine 1950/ 9)

「身から出た錆」 Home to Roost(Nero Wolfe and the Communist Killer) (The American Magazine 1952/ 1)

「巡査殺し」 The Cop Killer (The American Magazine 1951/ 2)

「ヒーローは死んだ」 The Squirt and The Monkey(See No Evil) (The American Magazine 1951/ 8)

「死の遺産」 Invitation to Murder(Will to Murder) (The American Magazine 1953/ 8)

「ゼロの手がかり」 The Zero Clue(Scared to Death) (The American Magazine 1953/12)

「ワールド・シリーズの殺人」 The World Series Murder(This Will Kill You) (The American Magazine 1952/ 9)

「法廷のウルフ」 The Next Witness(The Last Witness) (The American Magazine 1955/ 5)

「人を殺さば」 When a Man Murders... (The American Magazine 1954/ 5)

「真昼の犬」 A Dog in the Daytime(Die Like a Dog)(The Body in the Hall) (The American Magazine 1954/12)

「死を招く窓」 A Window for Deat(Nero Wolfe and the Vanishing Chair) (American Magazine 1956/ 5)

「殺人はもう御免」 Immune to Murder (American Magazine 1955/11)

「探偵が多すぎる」 Too Many Detective (Collier's Magazine 1956/ 9/14)

「クリスマス・パーティ」 Christmas Party(The Christmas Party Murder) (Collier's Magazine 1957/ 1/ 4)

「イースター・パレード」 Easter Parade(The Easter Parade Murder) (Look 1957/ 4/16)

「独立記念日の殺人」 The Fourth of July Murder(The Labor Union Murder)(The Fourth of July Picnic) (Look Magazine 1957/ 7/ 9)

「とんでもない殺人」 Murder is No Joke

「ポイズン・ア・ラ・カルト」 Poison a la Carte

「第三の殺人法」 Method Three For Murder (The Saturday Evening Post 1960/ 1)

「ロデオ殺人事件」 The Rodeo Murder(The Penthouse Murder) (Three at Wolf's Door 1960)

「殺人鬼はどの子?」 Eeny Meeny Murder Mo (EQMM 1962/ 3)

「デーモンの死」 Death of a Demon(The Gun Pazzle) (The Saturday Evening Post 1961/ 6/10)

「殺しはツケで」 Kill Now, Pay Later (The Saturday Evening Post 1962/ 2/ 9)

「スイート・コーン殺人事件」 The Sweet Corn Murder (1962)

「血の証拠」 Blood Will Tell (EQMM 1963/12)

「苦いパテ」 Bitter End (The American Magazine 1940/11)

「刑事のプレゼント」 Tough Cop's Gift(Cop's Gift)(Santa Claus Beat)(Nobody Deserved Justice)(Christmas Beat) (1953)

「或るヒーローの死」 His Own Hand(By His Own Hand)(Curtain Line)(Curtain Call) (Manhunt1955/ 4)

「デーモンの死」

Nonfiction/Etc.

「酸っぱいぶどうには砂糖が必要」 These Grapes Need Sygar (Vogue 1968)

「『殺人献立』 序」 Introduction of 'Eat, Drink, and Be Buried: A Gourmet Detective Mystery' (1956)

「ネロ・ウルフの世界」

「ワトスンは女性であつた」 Watson Was a Woman (The Saturday Review of Literature 1941/ 3/ 1)

「第16章 ワトスン役は必要か」 What To Do About a Watson


「なぜネロ・ウルフは蘭が好きか?」 Why Nero Wolfe Likes Orchids? (Life 1963/ 4/19)

Juvenile

『消えた大統領』 The President Vanishes (1934)

in Complete

「破傷風殺人事件」

AmeqList since 1996 Update:2018/ 9