ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

G・K・チェスタートン

G. K. Chesterton

1874-1936 U.K.
Authors List

ギルバート・キース・チェスタートン(Gilbert Keith Chesterton)、ロンドンのカムデン・ヒル生まれ。ロンドン大学付属美術学校中退。
創元推理文庫では、チェスタトン表記。他に、チェスタトーン等、この集成では座りのいいチェスタートンに集約。

Amazon G・K・チェスタートン G. K. Chesterton
Novel/Collection/Etc.
至上社

『バアナアド・ショウ』

金剛社(KongoSha)

『木曜日の人』 The Man Who Thursday: A Nightmare (1908)

Kobundo

『トレメンダス・トライフルズ Tremendous Trifles』

研究社(KenkyuSha)

『Charles Dickens』

早川書房(Hayakawa Shobo)

『木曜日の男』 The Man Who Thursday: A Nightmare (1908)


『ブラウン神父の無知』 The Innocence of Father Brown (1911)

『ブラウン神父の無垢なる事件簿』 The Innocence of Father Brown

『ブラウン神父の知恵』 The Wisdom of Father Brown (1914)

『ブラウン神父の懐疑』 The Incredulity of Father Brown (1926)

『ブラウン神父の秘密』 The Secret of Father Brown (1927)

『ブラウン神父の醜聞』 The Scandal of Father Brown (1935)


「竜とカクレンボ」 The Dragon at Hide-and-seek (1928)

「白柱荘の殺人」 Dr. Hyde, Detective, and the White Pillars Murder (1925)

「標的の顔」 The Face in the Target

「消えるプリンス」 The Vanishing Prince

「ドニントン事件 解決篇」 The Donnington Affair

「ミダスの仮面」 The Mask of Midas


「漂う提督」 The Floating Admiral (1932)

東京創元社(Tokyo SogenSha)

『木曜日の男』 The Man Who Thursday: A Nightmare (1908)

『ポンド氏の逆説』 The Paradoxes of Mr. Pond (1937)

『詩人と狂人たち -ガブリエル・ゲイル生涯の挿話』 The Poet and the Lunatics

『奇商クラブ』 The Club of Queer Trades (1905)


『ブラウン神父の童心』 The Innocence of Father Brown (1911)

『ブラウン神父の知恵』 The Wisdom of Father Brown (1914)

『ブラウン神父の不信』 The Incredulity of Father Brown (1926)

『ブラウン神父の秘密』 The Secret of Father Brown (1927)

『ブラウン神父の醜聞』 The Scandal of Father Brown (1935)

『ブラウン神父』


『探偵小説の世紀』 A Century of Detective Stories (1935)


「青い十字架」


「怒りの歩道 -悪夢」 The Angry Street: A Bad Dream(A Somewhat Improbable Story, The Angry Street) (Daily News 1908/ 1/25)

ポプラ社(PoplarSha)

『影なき男』

『名探偵ブラウン』

南雲堂

『対訳チェスタートン -まぼろしの男 他3篇』

新潮社(ShinchoSha)

『ブラウン神父の純智』

『ブラウン神父の懐疑』

『ブラウン神父の知恵』

『ブラウン神父の秘密』

中央公論社(ChuokoronSha)/中央公論新社(Chuokoron-ShinSha)

『ブラウン神父物語』


「ブラウン神父物語」

中央出版社

『聖トマス・アクィナス -だまり牛』

『アシジの聖フランチェスコ』

『正統への回帰』

あかね書房(Akane Shobo)

『ふしぎな足音』

『どろぼう天国』

評論社(HyoronSha)

『随筆選』 Selected Essays

岩崎書店(Iwasaki Shoten)

『青い十字架のひみつ』

国書刊行会(Kokusho Kankohkai)

『詩人と狂人達』 The Poet and the Lunatics

『アポロンの眼』 The Eye of Apollo

『四人の申し分なき重罪人』 Four Faultless Felons (1930)

『求む、有能でないひと』


「街」

教文館

『色とりどりの国』

春秋社(ShunjyuSha)

『チェスタトンの現代用語事典』

『正統とは何か』 Orthodoxy

『自叙伝』 Autobiography

『棒大なる針小 -文学論随筆集』 Tremendous Trifles

『正気と狂気の間 -社会・政治論』 The Outline of Sanity

旺史社教科書部

『チェスタトン短篇集』

集英社(ShueiSha)

『ブラウン神父』

溪水社

『老爺戯作集 -詩とスケッチ』

嶋中書店(Shimanaka Shoten)

『ブラウン神父物語』

論創社(RonsoSha)

『マンアライヴ』 Manalive

『知りすぎた男 -ホーン・フィッシャーの事件簿』 The Man Who Knew Too Much and Other Stories

『法螺吹き友の会』

光文社(KobunSha)

『木曜日だった男 -一つの悪夢』 The Man Who Was Thursday


「折れた剣の看板」 The Sign of the Broken Sword (Storyteller 1911/ 2)

筑摩書房(Chikuma Shobo)

『新ナポレオン奇譚』 The Napoleon of Notting Hill

『四人の申し分なき重罪人』 Four Faultless Felons (1930)

『ブラウン神父の無心』 Innocence of Father Brown

『ブラウン神父の知恵』 The Wisdom of Father Brown


「怒りの歩道 -悪夢」 The Angry Street; A Bad Dream

「ルイス・キャロルと乾いたナンセンス」

「エドワード・リアと熱いナンセンス」

「三人の黙示録の騎士」 The Three Horsemen of Apocalypse

「脳病院からの出発」


「サッカレー論」

「ヴィクトリア朝の小説家」

ダイテックホールディングデジタル印刷部

『チェスタトンのジョンソン博士』

講談社(KodanSha)

「折れた剣」 The Sign of the Broken Sword (Storyteller 1911/ 2)

「めだたないノッポ」

「カラー・ランド」 The Coloured Lands


「孔雀の樹」

「ブラウン神父」

学習研究社(Gakushu KenkyuSha)

「ブラウン神父物語 (抄)」

河出書房(Kawade Shobo)/河出書房新社(Kawade Shobo ShinSha)

「飛ぶ星」

主婦の友社(ShufunotomoSha)

「木曜の男」

岩谷書店/宝石社

「二つの髯を持つ男」 The Man with Two Beards (Harper's 1925/ 4)

「青い十字架」 The Blue Cross (The Storyteller 1910/ 9)

「変てこな跫音」 The Queer Feet (The Storyteller 1910/11)

「太陽神の眼」 The Eye of Apollo (Cassell's 1911/ 3)

「ヒルシュ博士の決闘」 The Duel of Dr. Hirsch (Pall Mall Magazine 1914/ 4)

「サラディン公爵の罪」 The Sins of Prince Saradine (Cassell's 1911/ 5)

「法官邸の広間鏡」 The Mirror of the Magistrate (Cassell's 1925/ 3)

「邪悪な形」 The Wrong Shape (The Storyteller 1911/ 1)

「盗賊の楽園」 The Paradise of Thieves (McClure's 1913/ 3)

「神の鉄槌」 The Hammer of God (The Storyteller 1910/11)

「燈台の二つの眼」 The Perishing of the Pendragons (Pall Mall Magazine 1914/ 6)

「園丁ゴーの誉れ」 The Honour of Israel Gow (Cassell's 1911/ 4)

「孔雀の樹」 The Trees of Pride (The Man Who Knew Too Much 1922)

大和書房(Daiwa Shobo)

「犬のお告げ」 The Oracle of the Dog (1923)

心交社(ShinkoSha)

「犬のお告げ」 The Oracle of the Dog (1923)

バベルプレス(Babel Press)

「犬のお告げ」 The Oracle of the Dog (1923)

荒地出版社(Arechi ShuppanSha)

「探偵小説の弁護」 A Defence of Detective Stories (1901)

成甲書房(Seiko Shobo)

「探偵小説の弁護」 A Defence of Detective Stories (1901)

研究社出版

「探偵小説の弁護」 A Defence of Detective Stories (1901)

平凡社(HeibonSha)

「孔雀の樹」 The Trees of Pride

「ブラウン奇譚」

東都書房(Tohto Shobo)

「木曜日の男」 The Man Who Was Thursday

「ブラウン神父短篇集」

白水社(HakusuiSha)

「正統思想 (抄)」

博文館(Hakubunkan)

「チェスタトン集」

歳月社

「街」

近代社(KindaiSha)

「三つの「死の道具」」 The Three Tools of Death

Complete Collection

『G・K・チェスタトン著作集01 -正統とは何か』 Orthodoxy (1909)

『G・K・チェスタトン著作集02 -人間と永遠』 The Everlasting Man (1925)

『G・K・チェスタトン著作集03 -自叙伝』 Autobiography (1936)

『G・K・チェスタトン著作集04 -棒大なる針小 -文学論随筆集』 Tremendous Trifles (1909)

『G・K・チェスタトン著作集05 -異端者の群れ』 Heretics (1905)

『G・K・チェスタトン著作集06 -久遠の聖者』

『G・K・チェスタトン著作集07 -ローマの復活』 The Resurrection of Rome (1929)

『G・K・チェスタトン著作集08 -ヴィクトリア朝の英文学』 The Victorian Age in Literature (1913)

『G・K・チェスタトン著作集09 -正気と狂気の間 -社会・政治論』 The Outline of Sanity (1927)

『G・K・チェスタトン著作集10 -新ナポレオン奇譚 -チェスタトンの1984年』 The Napoleon of Notting Hill (1904)

『G・K・チェスタトン著作集・評伝01 -チョーサー』

『G・K・チェスタトン著作集・評伝02 -チャールズ・ディケンズ』

『G・K・チェスタトン著作集・評伝03 -ウィリアム・ブレイク/ロバート・ブラウニング』

『G・K・チェスタトン著作集・評伝04 -ジョージ・バーナード・ショー』

『G・K・チェスタトン著作集・評伝05 -ロバート・ルイス・スティーヴンソン』

AmeqList since 1996 Update:2018/ 9