ドロシイ・L・セイヤーズ

Dorothy L. Sayers

1893/ 6/13-1957/12/17 U.K.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

(Dorothy Leigh Sayers)
オックスフォード生まれ。オックスフォード大学卒業。
ドロシー・L・セイヤーズ表記あり。

Amazon ドロシイ・L・セイヤーズ Dorothy L. Sayers

Novel

『誰の死体?』 Whose Body? (1923)

『雲なす証言』 Clouds of Witness (1926)

『不自然な死』 Unnatural Death (1927)

『ベローナ・クラブの不愉快な事件』 The Unpleasantness at the Bellona Club (1928)

『毒を食らわば』 Strong Poison (1930)

『五匹の赤い鰊(にしん)』 The Five Red Herrings (1931)

『死体をどうぞ』 Have His Carcase (1932)

『殺人は広告する』 Murder Must Advertise (1933)

『ナイン・テーラーズ』 The Nine Tailors (1934)

『学寮祭の夜』 Gaudy Night (1935)

『忙しい蜜月旅行』 Busman's Honeymoon (1937)

『箱の中の書類』 The Documents in the Case (1930)

『アリ・ババの呪文』

Collection

『ピーター卿の事件簿』 The Casebook of Lord Peter

『顔のない男』 More Tales of Load Peter

Short Fiction

「二人のピーター卿」 A Matter of Taste

「キプロス猫」 The Cyprian Cat (Harper's Bazaar 1933/ 5)

「化かされた巡査」 The Haunted Policeman

「女王の場所」 The Queen's Square

「桃泥棒」 Talboys

「逃げる足音」 The Vindictive Story of the Footsteps That Ran

「鞄の中の猫」 The Fantastic Horror of the Cat in the Bag

「真珠の首飾り」 The Necklace of Pearls

「教授の原稿」 The Proffessor's Manuscript

「殺人法を知っていた男」 The Man Who Knew How

「顔のない男」 The Unsolved Puzzle of the Man with No Face

「骨皮荘」 Scrawns

「文法の問題」 The Entertaining Episode of the Article in Question (Load Peter Views the Body 1928)

「証拠に歯向って」 In the Teeth of the Evidence (In the Teeth of the Evidence 1939)

「歩く塔」 Striding Folly (The Strand 1935/ 7)

「ジョーカーの使い道」 The Unprincipled Affair of the Practical Joker (Pearson's Magazine 1926/ 2)

「疑惑」 Suspicion

「龍頭の秘密の学究的解明」 The Learned Adventure of the Dragon's Head (Pearson’s Magazine 1926/ 6)

「豹の女」 The Leopard Lady

「血の犠牲」 Blood Sacrifice

「争いの元」 Undignified Melodrama of the Bone of Contention (1928)

「若きピーター卿、ホームズの依頼人となる」 The Young Lord Peter Consults Sherlock Holmes (BBCラジオ 1954/ 1)

「アリババの呪文」 The Adventurous Exploit of the Cave of Ali Baba


「警察官に聞け」 Ask a Policeman (1933)

「漂う提督」 The Floating Admiral (1932)

「弔花はご辞退」 No Flowers by Request (1984)

「ホワイトストーンズ荘の怪事件」 Double Death (1939)

「ザ・スクープ」 The Scoop (1983)

「屏風のかげに」 Behind the Screen (1983)


「疑惑」

「アリババの呪文」

Nonfiction/Etc.

「「赤髪組合」に書かれている日付について」 The Dates in the Red-Headed League

「十字軍戦士コナン・ドイル」

「探偵小説の本質と技巧」

「人間性の必要」

「犯罪オムニバス」 The Omnibus of Crime (1928-29)

「探偵クラブ誓言/推理小説の育成 大学祭の夜」

Top of Page