ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)

アルフレッド・ヒッチコック

Alfred Hitchcock

1899/ 8/13-1980/ 4/29 U.K.
Authors List

(Sir Alfred Joseph Hitchcock)、まさしく燦然ときらめく偉大な監督。ぼくのような1950年代後期の生まれより、団塊の世代には、感慨深い監督なのだろう。

『バルカン超特急』 The Lady Vanishes (1938)
『レベッカ』 Rebecca (1940)
『断崖』 Suspicion (1941)
『逃走迷路』 Saboteur (1942)
『パラダイン夫人の恋』 The Paradine Case (1947)
『ダイヤルMを廻せ!』 Dial M for Murder (1954)
『裏窓』 Rear Window (1954)
『泥棒成金』 To Catch a Thief (1955)
『ハリーの災難』 The Trouble with Harry (1955)
『間違えられた男』 The Wrong Man (1956)
『めまい』 Vertigo (1958)
『北北西に進路を取れ』 North by Northwest (1959)
『サイコ』 Psycho (1960)
『鳥』 The Birds (1963)
『フレンジー』 Frenzy (1972)
『ファミリー・プロット』 Family Plot (1976)

たぶん、見ているのは、こんなところ。記憶が不鮮明で思い出せないものもある。
なかでも遅れて見た『裏窓』には、びっくりした。
こういうのもありなのねというところ。『サイコ』の演出は、ふ~んというひねくれ者ではあるが。
ありきたりであるけど、しびれたのは、『レベッカ』と『鳥』である。原作も好き。

『ヒッチコック劇場』も見たけど、熊倉さんの声が印象深く、懐かしい。

Amazon アルフレッド・ヒッチコック
Novel

『殺しはご一緒に』 Mord unter Freunden

『命がけの昇進』 Eine gewichtige Beforderung

Anthology/Nonfiction/Etc.

「照明! 撮影開始! まずはキャメラで」


『私が選んだもっとも怖い話』

『1ダースの戦慄 -精選世界恐怖小説』


『ヒッチコック映画自身』 Hitchcock on Hitchcock

『映画術』 Le cinema selon Alfred Hitchcock

Juvenile

『ヒチコック・ミステリー1 -ちぢむ家の秘密』

『ヒチコック・ミステリー2 -話すどくろの謎』

『ヒチコック・ミステリー3 -もえる足あとの謎』

『ヒチコック・ミステリー4 -銀グモの秘密』

『ヒチコック・ミステリー5 -ゆうれい湖の秘密』

『ヒチコック・ミステリー6 -もえる目の秘密』

Update:2019