フィリップ・K・ディック

Philip K. Dick

1928/12/16-1982/ 3/ 2 U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

(Philip Kindred Dick)
ディックである。「にせ者」が出会いで、脳天を撃ち抜かれてしまい、次に読んだシリーズ版の『宇宙の眼』ではまった。徹底的に探しだしたものである。
個人的に好きなのは『パーマー・エルドリッチ』と『ユービック』である。ただね、落差も感じる作家なんだよね。
それが、なだらかな落差でなくて、まるで宇宙に達しているかのようにそびえる高峰かと思うと、子供が泥でつくりあげた固まりみたいなものに感じるときもある。
執筆順のリストをながめていると、なんとなくわかるようなわからないような…そこが魅力なんだけど。

PKDではなく、P・K・ディックなんだよなあ。

Amazon フィリップ・K・ディック Philip K. Dick

Novel

『太陽クイズ』 Solar Lottery(World of Chance) (1955)

『ジョーンズの世界』 The World Jones Made (1956)

『いたずらの問題』 The Man Who Japed (1956)

『宇宙の眼』 Eye in the Sky (1957)

『時は乱れて』 Time Out of Joint (1959)

『未来医師』 Dr. Futurity (1960)

『ヴァルカンの鉄鎚』 Vulcan's Hammer (1960)

『高い城の男』 The Man in the High Castle (1962)

『タイタンのゲーム・プレーヤー』 The Game Players Of Titan (1963)

『パーマー・エルドリッチの三つの聖痕』 The Three Stigmata of Palmer Eldrich (1964)

『火星のタイム・スリップ』 Martian Time-Slip(All We Marsmen) (1964)

『最後から二番目の真実』 The Penultimate Truth (1964)

『シミュラクラ』 The Simulacra (1964)

『アルファ系衛星の氏族たち』 Clans of the Alphane Moon (1964)

『空間亀裂』 The Crlack in Space (1964)

『ブラッドマネー博士』 Dr. Bloodmoney (1965)

『ザップ・ガン』 The Zap Gun (1965)

『去年を待ちながら』 Now Wait for Last Year (1966)

『テレポートされざる者』 The Unteleported Man (1966)

『ガニメデ支配』 The Ganymede Takeover (1966)

『逆まわりの世界』 Counter-Clock World (1967)

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』 Do Androids Dream of Electric Sheep? (1968)

『ユービック』 Ubik (1969)

『銀河の壺直し』 Galactic Pot-Healer (1969)

『死の迷宮』 The Maze of Death (1970)

『フロリクス8から来た友人』 Our Friends From Frolix 8 (1970)

『あなたを合成します』 We Can Build You (1972)

『流れよ我が涙、と警官は言った』 Flow My Tears, The Policeman Said (1974)

『怒りの神』 Deus Irae (1976)

『暗闇のスキャナー』 A Scanner Darkly (1977)

『ヴァリス』 Valis (1981)

『聖なる侵入』 The Divine Invasion (1981)

『ティモシー・アーチャーの転生』 The Transmigration of Timothy Archer (1982)

『アルベマス』 Radio Free Albemuth (1985)


『戦争が終り、世界の終りが始まった』 Confessions Of A Crap Artist (1975)

『小さな場所で大騒ぎ』 Puttering About in a Small Land (1985)

『メアリと巨人』 Mary and the Giant (1987)

『ニックとグリマング』 Nick and the Glimming (1988)


『ユービック -スクリーンプレイ』 Ubik: The Screenplay (1985)

ハヤカワ文庫版傑作集(Hayakawa bunko SF P. K. Dick Collection of Masterpieces)

『パーキー・パットの日々』 The Best of Philip K. Dick (1977)

『時間飛行士へのささやかな贈物』 The Best of Philip K. Dick (1977)

『ゴールデン・マン』 The Golden Man (1980)

『まだ人間じゃない』 The Golden Man (1980)


『ゴールデン・マン』 The Golden Man

『まだ人間じゃない』 The Golden Man

サンリオSF文庫版(Sanrio SF bunko)/Collection

『ザ・ベスト・オブ・P・K・ディック I』 The Best of Philip K. Dick (1977)

『ザ・ベスト・オブ・P・K・ディック II』 The Best of Philip K. Dick (1977)

『ザ・ベスト・オブ・P・K・ディック III』 The Golden Man (1980)

『ザ・ベスト・オブ・P・K・ディック IV』 The Golden Man (1980)

Collection

『地図にない町』

『宇宙の操り人形 -『宇宙の眼』に匹敵する初期SF』 The Cosmic Puppets

『宇宙の操り人形』 The Cosmic Puppets

『ウォー・ゲーム -ファンタジー&SF短編集』 War Game

『ウォー・ゲーム』 War Game

『人間狩り』 Second Variety and Other Stories

『人間狩り』 Second Variety and Other Stories

『人間狩り』

『顔のない博物館』 Exhibit Piece and Other Stories

『ウォー・ヴェテラン』

『髑髏』


『悪夢機械』 10 Short Stories

『模造記憶』 We Can Remember It for You Wholesale and 11 Other Stories

『永久戦争』 The Defenders and Other 5 Stories


『マイノリティ・リポート -ディック作品集』 The Minority Report Etc. (1999)

『シビュラの目』 The Eye of the Sybil and Other Stories (2000)

『ペイチェック -ディック作品集』 Paycheck: Classic Stories (2003)

『アジャストメント』 Adjustment Team and Other Stories

『トータル・リコール -ディック短篇傑作選』 We Can Remember It for You Wholesale and Other Stories

『変数人間 -ディック短篇傑作選』 The Variable Man and Other Stories (2013)

『変種第二号 -ディック短篇傑作選』 The Second Variety and Other Stories (2014)

『小さな黒い箱 -ディック短篇傑作選』 The Little Black Box and Other Stories (2014)

『人間以前 -ディック短篇傑作選』 The Pre-Persons and Other Stories (2014)

Short Fiction

「異星人(エイリアン)マインド」 The Alien Mind (Yuba City High Times 1981/ 2)

「世界のすべては彼女のために」 The World She Wanted (Science Fiction Quarterly 1953/ 5)

「ジョー・プロタゴラスは死なずに地球で生きている」 Joe Protagoras is Alive and Well and Living on Earth (New Worlds #2 1992)(1967)

Nonfiction/Etc.

「警告 -われわれは警察だ」 Warning: We are your Police (PKDS Newsletter No.7 1985)

「ディックインタビュウ」

「フィリップ・K・ディックと「ブレードランナー」」 Philip K. Dick on Blade Runner: 'They Did Sight Stimulation On My Brain'

「二日たっても崩壊していない世界を創るために」 How to Build Universe That Doesn't Fall Apart Two Days Later

「ナチズムと『高い城』」 Nazism and The High Castle

「分裂症と『変化の書』」 14th issue of the P.K.Dick Society Newsletter


『悪夢としてのP・K・ディック -人間、アンドロイド、機械』

『あぶくの城 -フィリップ・K・ディックの研究読本』

『フィリップ・K・ディックのすべて -ノンフィクション集成』 The Shifting Realities of Philip K. Dick

『PKD博覧会 -われわれは、ディックの宇宙に生きている!』

『フィリップ・K・ディック・リポート』

『フィリップ・K・ディック我が生涯の弁明』 In Pursuit of Valis

Juvenile

「妖婆の家」

「宇宙の恐怖」

「にせもの」 Impostor (Astounding 1953/ 6)

in Complete

「小さな黒い箱」 The Little Black Box (Worlds of Tomorrow 1964/ 8)

List

各創元推理文庫のリストを元に『ザップ・ガン』の執筆順リストを参考に行いました。一部、疑問もあります。ご教示いただきましたら幸いです。

Short Fiction List
























Top of Page