ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)

ミシェル・フーコー

Michel Foucault

1926/10/15-1984/ 6/25 France
Authors List
Nonfiction/Etc.

『精神疾患とパーソナリティ』 Maladie mentale et personnalité (1954)

『狂気の歴史 -古典主義時代における』 L'Histoire de la folie à l'âge classique (1961)

『精神疾患と心理学』 Maladie mentale et psychologie (1962)

『臨床医学の誕生』 Naissance de la clinique (1963)

『言葉と物 -人文科学の考古学』 Les mots et les choses

『知の考古学』 L'Archéologie du savoir (1969)

『言語表現の秩序』 L'ordre du discours (1971)

『これはパイプではない』 Ceci n'est pas une pipe (1973)

『監獄の誕生 -監視と処罰』 Surveiller et punir, naissance de la prison (1975)

『性の歴史1 -知への意志』 Histoire de la sexualité: La volonté de savoir (1976)

『性の歴史2 -快楽の活用』 Histoire de la sexualité: L'usage des plaisirs (1984)

『性の歴史3 -自己への配慮』 Histoire de la sexualité: Le souci de soi (1984)

『性の歴史4 -肉の告白』 Histoire de la sexualité: Les aveux de la chair (2018)

『ピエール・リヴィエールの犯罪 -狂気と理性』 Moi, Pierre Rivière, ayant égorgé ma mère, ma sœur et mon frère: un cas de parricide au xixe siècle, Gallimard (1973)

『外の思考 -ブランショ・バタイユ・クロソウスキー』 La Pensée du dehors (1986)

『マネの絵画』 La peinture de Manet, Seuil (2004)

『カントの人間学』 Kant. Anthropologie du point de vue pragmatique. Introduction à l'Anthropologie (2008)

『ユートピア的身体/ヘテロトピア』 Le corps utopique, Les hétérotopies (2009)

『レーモン・ルーセル』

『夢と実存』 Le reve et l'existence

『わたしは花火師です -フーコーは語る』

『フーコーの<全体的なものと個的なもの>』

『レイモン・アロンとの対話』 Dialogue

『悪をなし真実を言う -ルーヴァン講義1981』 Mal faire, dire vrai. fonction de l'aveu en justice

『フーコーの道具箱 -ミシェル・フーコー (1926-1984) 思考年譜』


『自己のテクノロジー -フーコー・セミナーの記録』 Technologies of the Self


「両性具有者エルキュリーヌ・バルバンの手記に寄せて」

「自由へのプラチックとしての自己への配慮の倫理」 The Ethic of Care for the Self as a Practice of Freedom

「侵犯行為への序言」 Preface a la transgression

Complete Collection

『ミシェル・フーコー思考集成01 -狂気/精神分析/精神医学 1954-1963』 Dits et ecrits

『ミシェル・フーコー思考集成02 -文学/言語/エピステモロジー 1964-1967』 Dits et ecrits

『ミシェル・フーコー思考集成03 -歴史学/系譜学/考古学 1968-1970』 Dits et ecrits

『ミシェル・フーコー思考集成04 -規範/社会 1971-1973』 Dits et ecrits

『ミシェル・フーコー思考集成05 -権力/処罰 1974-1975』 Dits et ecrits

『ミシェル・フーコー思考集成06 -セクシュアリテ/真理 1976-1977』 Dits et ecrits

『ミシェル・フーコー思考集成07 -知/身体 1978』 Dits et ecrits

『ミシェル・フーコー思考集成08 -政治/友愛 1979-1981』 Dits et ecrits

『ミシェル・フーコー思考集成09 -自己/統治性/快楽 1982-1983』 Dits et ecrits

『ミシェル・フーコー思考集成10 -倫理/道徳/啓蒙 1984-1988』 Dits et ecrits


『ミシェル・フーコー講義集成 -コレージュ・ド・フランス講義 1973-1974年度04 -精神医学の権力』 Le pouvoir psychiatrique

『ミシェル・フーコー講義集成 -コレージュ・ド・フランス講義 1974-1975年度05』 Les anormaux

『ミシェル・フーコー講義集成 -コレージュ・ド・フランス講義 1975-1976年度06 -社会は防衛しなければならない』 Il faut defendre la societe

『ミシェル・フーコー講義集成 -コレージュ・ド・フランス講義 1977-1978年度07 -安全・領土・人口』 Securite, territoire, population

『ミシェル・フーコー講義集成 -コレージュ・ド・フランス講義 1978-1979年度08 -生政治の誕生』 Naissance de la biopolitique

『ミシェル・フーコー講義集成 -コレージュ・ド・フランス講義 1981-1982年度11 -主体の解釈学』 L'hermeneutique du sujet

『ミシェル・フーコー講義集成 -コレージュ・ド・フランス講義 1982-1983年度12 -自己と他者の統治』 Le gouvernement de soi et des autres

『ミシェル・フーコー講義集成 コレージュ・ド・フランス講義 1983-1984年度13 -真理の勇気 自己と他者の統治2』 Le courage de la vrit


『ミシェル・フーコー講義集成01 〈知への意志〉講義 コレージュ・ド・フランス講義1970-1971年度』 Leons sur la volont de savoir

『ミシェル・フーコー講義集成03 処罰社会 コレージュ・ド・フランス講義1972-1973年度』 La Société punitive

『ミシェル・フーコー講義集成09 生者たちの統治 コレージュ・ド・フランス講義1979-1980年度』 Du Gouvernement des Vivants


『フーコー・コレクション01 -狂気・理性』 Dits et ecrits

『フーコー・コレクション02 -文学・侵犯』 Dits et ecrits

『フーコー・コレクション03 -言説・表象』 Dits et ecrits

『フーコー・コレクション04 -権力・監禁』 Dits et ecrits

『フーコー・コレクション05 -性・真理』 Dits et ecrits

『フーコー・コレクション06 -生政治・統治』 Dits et ecrits

『フーコー・ガイドブック -フーコー・コレクション』

in Complete

「外の思考」

Update:2021