マイクル・ムアコック

Michael Moorcock

1939/12/18- U.K.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

(Michael John Moorcock)
表記は、マイクル・ムアコックがハヤカワ版。マイケル・ムアコックが創元版。マイクル・ムアコックで統一。

「正義とは法ではない。人間が普通言うところの秩序でもない。正義とは正しくあること-均衡、釣り合いを正すことなのだ。」「ルーンの杖秘録・4」より

結末のない戦いは永遠に続く。いい加減にしてくれと、いってはならない。釣り合いを正すために同じ戦いを、エルリック、コルム、エレコーゼ、ホークムーンは続けているのだから。
彼らは飽きたといって戦いは放棄できない。またその戦いも似たものになってしまうだろう。だからといって飽きたといってはいけない。けっして。

まずは出世作になったアルピノの王子、魔剣ストームブリンガーを持った時にその力を発揮するエルリック。

Amazon マイクル・ムアコック Michael Moorcock

エルリック・サーガ(Elric Saga)

『メルニボネの皇子』 Elric of Melnibone (1972)

『この世の彼方の海』 The Sailor on the Seas of Fate (1976)

『白き狼の宿命』 The Weird of the White Wolf (1977)

『暁の女王マイシェラ』 The Vanishing Tower(The Sleeping Sorceress) (1970)

『黒き剣の呪い』 The Bane of the Black Sword (1977)

『ストームブリンガー』 Stormbringer (1977)

『真珠の砦』 The Fortress of the Pearl (1989)

『薔薇の復讐』 The Revenge of the Rose (1991)


『メルニボネの皇子』 Elric of Melnibone/The Fortress of the Pearl

『この世の彼方の海』 The Sailor on the Seas of Fate/The Weird of the White Wolf

『暁の女王マイシェラ』 The Vanishing Tower/The Revenge of the Rose

『ストームブリンガー』 The Bane of the Black Sword/Stormbringer

『夢盗人の娘』 The Dreamthief's Daughter (2001)

『スクレイリングの樹』 The Skrayling Tree (2003)

『白き狼の息子』 The White Wolf's Son (2005)

マイケル・ケイン(Michael Kane)

『野獣の都』 The City of the Beast(Warriors of Mars) (1965)

『蜘蛛の王』 The Lord of the Spiders(Blades of Mars) (1965)

『鳥人の森』 The Masters of Pit(The Barbarians of Mars) (1965)


『野獣の都』 Kane of Old Mars

ルーンの杖秘録(The History of Runestaff)/(Dorian Hawkmoon)

『額の宝石之巻』 The Jewel in the Skull (1967)

『赤い護符之巻』 Sorcerer's Amulet(The Mad God's Amulet) (1968)

『夜明けの剣之巻』 Sword of the Dawn (1968)

『杖の秘密之巻』 The Secret of the Runestaff(The Rune-staff) (1969)

紅衣の公子コルム(Books of Corum)

『剣の騎士』 The Knight of The Swords (1971)

『剣の女王』 The Queen of The Swords (1971)

『剣の王』 The King of The Swords (1971)

『雄牛と槍』 The Bull and the Spear (1973)

『雄羊と樫』 The Oak and the Ram (1973)

『雄馬と剣』 The Sword and the Stallion (1974)


『剣の騎士』 The Knight of the Swords/The Queen of the Swords/The King of the Swords

『雄牛と槍』 The Bull and the Spear/The Oak and the Ram/The Sword and the Stallion

エレコーゼ・サーガ(The Eternal Champion)

『永遠のチャンピオン』 The Eternal Champion (1970)

『黒曜石の中の不死鳥』 Phoenix in Obsidian (1970)

『剣のなかの竜』 The Dragon in the Sword (1986)


『黒曜石のなかの不死鳥』 The Eternal Champion/Phoenix in Obsidian

『剣のなかの竜』 The Dragon in the Sword (1986)

ブラス城年代記(Chronicles of Castle Brass)

『ブラス伯爵』 Count Brass (1973)

『ギャラソームの戦士』 The Champion of Garathorm (1973)

『タネローンを求めて』 The Quest for Tanelorn (1975)

フォン・ベック

『堕ちた天使』 The Warhound and the World's Pain (1981)

『秋の星々の都』 The City in the Autumn Stars and the Pleasure Garden of Felipe Sagittarius

Novel

『暗黒の廻廊』 The Black Corridor (1969)

『この人を見よ』 Behold the Man (1969)

『白銀の聖域』 The Ice Schooner (1969)

『グローリアーナ』 Gloriana (1978)

Short Fiction

「乱流」 Flux (New Worlds 1963/ 7)

「時を生きる種族」 The Time Dweller (New Worlds 1964)

「北京交点」 The Peking Junction (editor:(Langdon Jones) The New S.F. 1969)

「戦車のぶらんこ」 The Tank Trapere (New Worlds 1969/ 1)

「山」 The Moutain (New Worlds 1965/ 2)

「凍りついた枢機卿」 The Frozen Cardinal (editor:(Christopher Evans)/(Robert Holdstock) Other Edens 1987)

「時の終わりを待ちながら…」 Waiting for the End of Time (Vision of Tomorrow 1970/ 8)

「夕暮れからの脱出」 The Escape from Evening (New Worlds 1965/ 3)

「デリー分割」 The Delhi Division (New Worlds 1968/12)

「翡翠男の眼」 The Jade Man's Eye (1973)

「闇の王」 Kings in Darkness

「ドーセット街の下宿人」 The Adventure of the Dorset Street Lodger (1995)

Nonfiction/Anthology/Etc.

「追悼エッセイ J・G・バラード」 in Memory of J. G. Ballard

「トマス・トンピオンに」 For Thomas Tompion (editor:(Langdon Jones) The New S.F. 1969)


『Michael Moorcock'sストームブリンガー Dark Fantasy Roleplaying』


『ニュー・ワールズ傑作選 No.1』 The Best SF Stories from New Worlds No.1 (1967)

Reference Data

The Best Stories from New Worlds II (1968)

The Best SF Stories from New Worlds 3 (1968)

The Best SF Stories from New Worlds 4 (1969)

The Best SF Stories from New Worlds 5 (1969)

The Best SF Stories from New Worlds 6 (1970)

The Best SF Stories from New Worlds 7 (1971)

The Best SF Stories from New Worlds 8 (1974)

Top of Page