マイケル・ギルバート

Michael Francis Gilbert

1912/ 7/17-2006/ 2/ 8 U.K.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

リンカーシア州ビリングヘイ生まれ。マイクル・ギルバート表記もあり。マイケル・ギルバートで統一。

Amazon マイケル・ギルバート Michael Gilbert

Novel

『大聖堂の殺人』 Close Quarters (1947)

『ひらけ胡麻!』 The Doors Open (1949)

『スモールボーン氏は不在』 Smallbone Deceased (1950)

『死は深い根をもつ』 Death Has Deep Roots (1951)

『捕虜収容所の死』 Death in Captivity (1952)

『愚者は怖れず』 Fear to Tread (1953)

『空高く』 Sky High(The Country-House Burglar) (1955)

『十二夜殺人事件』 The Night of the Twelfth (1976)

『ケイティ殺人事件』 Death of a Favourite Girl(The Killing of Katie Steelstock) (1980)

『金融街にもぐら一匹』 The Final Throw(End-Game) (1982)

『遥かなる復讐の旅』 The Long Journey Home (1985)

Short Fiction

「隠しポケット」 The Inside Pocket

「監査完了」 Audited and Found Correct (Winter's Crimes 12)

「どこかで聞いた名前」 A Very Special Relationship

「ジャッカルと虎」 The Jackal and The Tiger

「ポートウェイ氏の商売」 Mr. Portway's Practice(The Income Tax Mystery) (Lilliput 1957/10)

「コークスの山の下に」 Under the Last Scuttleful

「招かれざる客」

「ダックワース氏の犯罪」 Mr. Duckworthe's Night Out

「三人の評決」 Verdict of Three

「手口がわかれば」 If You Know How

「手口」 Modus Operandi

「スクイズ・プレイ」 Squeez Play

「見えざる掠奪者」 The Invisible Loot

「漁夫の利」 The Terror of Paradoe Street

「月曜日の手紙」 Every Monday, A New Letter

「ロンドン・マンハント」 London Manhunt

「陪審戦術」 Murder by Jury

「一石二鳥」 The Future of the Service

「プロメシュース計画」 Operation Prometheus

「触媒間諜」 The Catalytic Agent

「C12銀行強盗特別捜査班」 C12: Depertment of Bank Robberies

「ダマスカスへの道」 The Road to Damascus

「狙った女」 The Future of the Service

「テロリスト」 The Terrorists

「暴力のアマチュア」 The Amateur

「第二の皮膚」 The Second Skin

「五年後に帰る」 Back in Five Years

「消えた赤ん坊」 The Elusive Baby

「かくも遠き音」 After All These Years (EQMM 1956/ 4)

「非常出口」 Emergency Exit(The Emergency Exit Affair) (Argosy 1968/ 9)

「神々の黄昏」 The Twilight of the Gods

「とてもよい子」 A Thoroughly Nice Boy

「ティー・ショップの暗殺者」 Tea Shop Assassin

「奇妙なたくらみ」 The Curious Conspiracy

「暗黒街の階段」 The Man at the Bottom/The Man in the Middle/The Man at the Top (EQMM 1979/ 4-1979/ 6)

「ソース・セブン」 Source Seven (John Bull 1953)

「女王万歳」 Vivat Regina (EQMM 1984/12)

「暁の鳥」 The Bird of Dawning (National and English Review 1956/12)

「狙いを定めて」 The Indifferent Shot

「ニシンのジャム事件」 A Case for Gourmets

「地下室の隅」 A Corner of the Cellar

「ちびっ子盗賊団」 The Merry Band

「聖夜」 Heilige Nacht

「二人の従僕」 The Two Footmen

「戴冠式の年」 Coronation Year (editor:(Alice Laurance)/(Isaac Asimiv) Who Done It? 1980)

「殺しが丘」

「スナップ・ショット」

「巧妙かつ冷静なる殺人」 A Neat, Cold Killing (リヴァイル紙 1950/ 1/27- 1/29)

「読めない遺言書」 Will-O'-the-Wisp (ロンドン・イヴニング・スタンダード紙 1954/ 7/23)

「キングを捕まえろ」 Pick Up the King(The King in Pawn) (アーガシー 1960/ 3)

「クロコディール事件」 The Krokodil Affair (アーガシー 1967/ 3)

「壜の中のコルク」 The Cork in the Bottle(The Revenge of Martin Lucas Field on Colonel Cristobal Ocampos) (アーガシー 1968/ 4)

「赤いアンダーライン」 Underlined in Red(The System) (アーガシー 1970/ 4)

「ジュディス」 Judith (Ed;ヒラリー・ヘイル Midwinter Mysteries 3 1993)

「殺人計算法」 The Mathematics of Murder (1995)

「お金は蜜蜂」 Money Is Honey

「コールマンの泣きどころ」 The Coulman Handicap (アーガシー 1958/ 4)

Nonfiction/Etc.

「姿なきボンド」 The Invisible Bond

「ロンドンの秋」 Autumn in London

「あなたもミステリ作家になれる 第二講 -どんなぐあいに書きはじめるか?」

「純英国的レディ」 A Very English Lady

Top of Page