ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

クレイグ・ライス

Craig Rice

1908-1957 U.S.A.
Authors List

本名(Georgiana Ann Randolph Craig)。シカゴ生まれのシカゴ育ちの作家。女性作家。
Pen Name:ジプシー・ローズ・リー(Gypsy Rose Lee)
ユーモアミステリの代表として、『大はずれ殺人事件』は有名。ユーモアミステリが日本でヒットしないのはおかしいとあるけども、まあ、笑うという考え方が基本的に堅い民族にそれは無理である。
誤解してしまうのだよね。それにしてもこんなに訳されていたんだね、と驚いた。

Amazon クレイグ・ライス Craig Rice

Novel

『マローン売り出す』 8 Faces at 3(Death at Three)(Murder Stops the Clock) (1939)

『死体は散歩する』 The Corpse Steps Out (1940)

『大はずれ殺人事件』 The Wrong Murder (1940)

『大あたり殺人事件』 The Right Murder (1941)

『怒りの審判』 Trial by Fury (1941)

『こびと殺人事件』 The Big Midget Murders (1942)

『素晴らしき犯罪』 Having Wonderful Crime (1943)

『幸運な死体』 The Lucky Stiff (1945)

『第四の郵便屋』 The Fourth Postman (1948)

『わが王国は霊柩車』 My Kingdom for a Hearse (1957)

『マローン御難』 Knocked for a Loop(The Double Frame) (1957)


『セントラル・パーク事件』 The Sunday Pigeon Murders (1942)

『七面鳥殺人事件』 The Thursday Turkey Murders (1943)

『エイプリル・ロビン殺人事件』 The April Robin Murders (1958)


『眠りをむさぼりすぎた男』 The Man Who Slept All Day (1942)

『もうひとりのぼくの殺人』 Murder through the Looking Glass (1943)


『スイート・ホーム殺人事件』 Home Sweet Homicide (1944)

『居合わせた女』 Innocent Bystander (1949)

『ジョージ・サンダース殺人事件』 Crime on My Hands


『ママ、死体を発見す』 Mother Finds a Body

Collection

『マローン殺し』 The Name is Malone (1958)

『被告人、ウィザーズ&マローン』 People vs. Withers & Malone


Short Fiction

「お茶の子サイサイ」 One More Clue (Manhunt1958/ 4)

「セールスマン殺し」

「馬をのみこんだ男」 The Man Who Swallowed a Horse

「飲んであの世へ」 Wry Highball

「夢の影より」 Beyond the Shadow of a Dream

「煙の環(わ)」 Smoke Rings

「最後のさよなら」 Goodbye Forever

「マローンと消えた凶器」 Malone and the Missing Weapon

「セールスメンの死」 Hard Sell

「怯えた百万長者」 The Frightened Millionaire

「マローン予言者になる」 No, Not Like Yesterday

「最後に生き残った男」 The Last Man Alive

「どうした、オフィーリアよ」 How Now, Ophelia (EQMM 1947/ 6)

「月明かりの死」 Death in the Moonlight

「ある女の死」 The Murdered Magdalen

「身内にご用心」 Murder in the Family (The Saint Detective Magazine 1954/11)

「手向けの花」 Say It with Flowers (Manhunt 1957/ 9)

「黙らされた執事」 The Butler Who Didn't Do It (AHMM 1960/ 6)

「お葬いは大騒ぎ」 Murder Marches On! (Manhunt1953/12)

「にくらしい曲線」 The Tears of Evil (Manhunt1953/ 3)

「静かな田舎警察の一日」 Quiet Day in the Country Jail (Manhunt1953/ 7)

「ライオンの檻に近寄るな」 Don't Go Near... (Manhunt1953/ 5)

「紙の葡萄」 ...And Be Merry (Manhunt1954/ 1)

「鐘は鳴る鳴る」 The Bells Are Ringing (Manhunt1953/11)

「あかない部屋」 No Vacancies (Manhunt1954/ 6)

「わたしもよそ者です」 I'm a Stranger Here Myself (Manhunt1954/ 2)

「美人には花束を」 Flowers to the Fair (Manhunt1954/12)

「死体からずらかれ!」 Cheese It,the Corpse (Manhunt1957/11)

「ハイボールの罠」 Wry Highball (EQMM 1959/ 3)

「三人の殺人者」

「夢で逢いましょう」 I'll See You in My Dreams (Nero Wolfe Mystery Magazine 1954/ 6)

「平穏な人生」 The Quiet Life (Mike Shayne Magazine 1956/ 9)

「誰かが私を狙ってる」 They're Trying to Kill Me (The Saint Detective Magazine 1959/ 2)

「最高にいかした死体」 The Very Groovy Corpse (The Saint Detective Magazine 1958/11)


「Gストリング殺人事件」 The G-String Murders (1941)

Nonfiction/Etc.

「「大統領の五セント貨」について」

「わたしにだって謎なんです」 It's a Mystery to Me

「殺人って楽しいわよ」

「殺人は笑える」 Murder Makes Merry

AmeqList since 1996 Update:2018/ 5