ホルヘ・ルイス・ボルヘス

Jorge Luis Borges

1899/ 8/24-1986/ 6/14 Argentina
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

アルゼンチン、ブエノスアイレス生まれの詩人、小説家、評論家。
本名、ホルヘ・フランシスコ・イシドロ・ルイス・ボルヘス・アセベード。Pen Name:オノリオ・ブストス・ドメック(Honorio Bustos Domecq)
翻訳の繁雑さもさることながら、その内容の複雑さも、頂点のひとり。
よくわからないこと。

Amazon ホルヘ・ルイス・ボルヘス Jorge Luis Borges

Collection/Nonfiction/Etc.
白水社(HakusuiSha)

『不死の人』 El Aleph (1949)

『ブロディーの報告書』 El informe de Brodie (1970)

晶文社(ShobunSha)

『幻獣辞典』 El libro de los seres imaginarios (1967)

『ボルヘス怪奇譚集』 Cuentos breves y extraordinarios(Extraordinary Tales)

『悪党列伝』

『異端審問』 Inquisiciones (1925)

新潮社(ShinhoSha)

『ボルヘスとわたし -自撰短篇集』 The Aleph and Other Stories 1933-1969 (1970)


「読者」 Ei Lector

国書刊行会(Kokusho Kankohkai)

『創造者』 El hacedor (1960)

『夢の本』 Libro de suenos (1976)

『パラケルススの薔薇』 La rosa de Paracelso

『ブストス=ドメックのクロニクル』 Cronicas de Bustos Domecq

『エバリスト・カリエゴ』 Evaristo Carriego

『永遠の薔薇/鉄の貨幣』 La rosa profunda/La moneda de hierro


「トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス」

「円環の廃墟」 Las ruinas circulares(The Circular Ruins)


『ボルヘスとの対話』

『ボルヘスの世界』


『聊斎志異』

『千夜一夜物語 -バートン版』 Le Mille E Una Notte

『ロシア短篇集』 Racconti Russi

『アルゼンチン短篇集』 Racconti Argentini

『千夜一夜物語 -ガラン版』 La mille e una lotte


『新編バベルの図書館01 アメリカ編』

『新編バベルの図書館02 イギリス編1』 La Biblioteca di Babele

『新編バベルの図書館03 イギリス編2』 La Biblioteca di Babele

『新編バベルの図書館04 フランス編』 La Biblioteca di Babele

『新編バベルの図書館05 ドイツ・イタリア・スペイン・ロシア編』 La Biblioteca di Babele

『新編バベルの図書館06 ラテンアメリカ・中国・アラビア編』 La Biblioteca di Babele

集英社(ShueiSha)

『伝奇集』 Ficciones (1944)

『伝奇集』 Ficciones (1944)

『砂の本』 El libro de arena (1975)

『砂の本』 El libro de arena (1975)


「刃傷の痕」 La forma de la espada


「伝奇集」 Ficciones

「不死の人」 El Aleph

「エル・アレフ」

「汚辱の世界史」 Historia Universal De La Infamia

「ばら色の街角の男」

「エトセトラ」

「砂の本」

大和書房(Daiwa Shobo)

『ブエノスアイレスの熱狂』 Fervor de Buenos Aires (1923)

風の薔薇/水声社(SuiseiSha)

『天国・地獄百科』

『ボルヘス、オラル』 Borges, oral (1979)

『エル・オトロ、エル・ミスモ』 El otro, el mismo

『闇を讃えて』 Elogio de la sombra

『ブエノスアイレスの熱情 -ホルヘ・ルイス・ボルヘス初期詩集成一九二三-一九二九』

筑摩書房(Chikuma Shobo)

『永遠の歴史』 Historia de la eternidad (1936)

『ボルヘスとわたし -自撰短篇集』 The Aleph and Other Stories 1933-1969 (1970)


「バビロンのくじ」

「バベルの図書館」

「記憶の人・フネス」 Funes el memorioso

「結末」

「エンマ・ツンツ」

「アステリオーンの家」

「神の書跡」

「アベンハカーン・エル・ボハリーおのれの迷宮にて死す」

「待つ」

「敷居の上の男」

「マホメットの代役」

「学問の厳密さについて」

「「ブヴァールとペキュシェ」擁護」

「伝記集」

福武書店(Fukutake Shoten)

『伝奇集』 Ficciones (1944)

岩波書店(Iwanami Shoten)

『伝奇集』 Ficciones (1944)

『ドン・イシドロ・パロディ -六つの難事件』 Seis problemas para don Isidro parodi (1942)

『ボルヘス、文学を語る -詩的なるものをめぐって』 This Craft of Verse

『創造者』 El hacedor (1960)

『続審問』 Otras inquisiciones (1925)

『七つの夜』 Siete noches (1980)

『汚辱の世界史』 Historia universal de la infamia

『ブロディーの報告書』 El informe de brodie

みすず書房(Misuzu Shobo)

『七つの夜』 Siete noches (1980)

思潮社(ShityoSha)

『ボルヘス詩集』

現代思潮新社(Gendai ShichoShinSha)

『アトラス -迷宮のボルヘス』 Atlas (1983)

平凡社(HeibonSha)

『エル・アレフ』 El Aleph (1949)

東京創元社(Tokyo SogenSha)

「円環の廃墟」 Las ruinas circulares(The Circular Ruins)

河出書房(Kawade Shobo)/河出書房新社(Kawade Shobo ShinSha)

「円環の廃墟」 Las ruinas circulares(The Circular Ruins)

「幻想動物学提要 (抄)」

TBS・ブリタニカ(TBS-Britannica)

「ボルヘスと私」 Borges and I

「円形の廃墟」 Las ruinas circulares(The Circular Ruins)

早川書房(Hayakawa Shobo)

「死とコンパス」 Death and the Compass (1964)

荒地出版社(Arechi ShuppanSha)

「英雄と裏切者の主題」

「二つの王と二つの迷宮」

文藝春秋(Bungei Shunju)

「一九八三年八月二十五日」 Agosto 25, 1983

角川書店(Kadokawa Shoten)

「死とコンパス」 Death and the Compass

主婦の友社(ShufunotomoSha)

「伝奇集」

Complete Collection

『ボルヘス・コレクション -論議』 Discusion

『ボルヘス・コレクション -ボルヘスのイギリス文学講義』 Introduccion a la literatura inglesa(An Introduction to English Literature)

『ボルヘス・コレクション -無限の言語 初期評論集』

『ボルヘス・コレクション -ボルヘスの「神曲」講義』 Nueve ensayos dantescos

『ボルヘス・コレクション -ボルヘスの北アメリカ文学講義』 Introduccion a la literatura norteamericana(An Introduction to American Literature)

『ボルヘス・コレクション -序文つき序文集』 Prologos con un prologo de prologos

Top of Page