ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー

Фёдор Михайлович Достоевский(Fyodor Mikhailovich Dostoyevsky)

1821/11/11-1881/ 2/ 9 Russia
Authors List

妥斯退夫斯基、ドフトエフスキー、ドストエーフスキイ表記もあり。
ロシア文学を代表する文豪。
繁雑すぎて、どこから何が出版されているのか、よくわからない。
光文社文庫版で『カラマーゾフの兄弟』を読む。かれこれ30年以上も昔、読んだことがあった。たぶん新潮文庫だと思う。高校生ではなかったようだ。
まったくおもしろくないとぶん投げた記憶がある。以来、読まず嫌いの典型であった。
今回改めて読んだのは、新訳だし、ややこしい名前の表記も簡略したとある。ならば挑戦してみるかと思い直し、読む。
が、第一部は辛かった。第二部になると、俄然おもしろくなる。なんなんだ、これはというおもしろさを感じる。
確かに「大審問官」ここまで到達できるかできないかでしょう。
重厚長大、それは途中までたどりついて、おもしろさを理解できる場合が多い。そういう作品はある。どんな分野にでも。
しかし、続編の可能性があったとは思えないほどなのだが。
ここからは、多少の勝手なイメージである。ドストエフスキー論など、ほとんど読んでいませんし、他の作品もほとんど読んでいません。
第一部で、カラマーゾフ家の全体像を、第二部で個々の状況、心象を、第三部で行動を、第四部で、その総括をという構成パターンのように思われる。
確かに近代小説としての先駆的な役割は巨大であるし、唖然とさせられたことであろうと思う。
緊密な描写と計算された構成は、唸らされるばかりだ。
続編の可能性について、勝手に思えば、作者側からの語りなおし、登場人物の動き、心象の語りなおしが行われたならば、まさに思考の壮大な実験場であったように思う。
自分の言葉、登場人物を作者の代弁者とみなさなず、個々に生きている人物として描いたとするならば、そこに作者の意匠がありえるべきであると思われるし、ならば、再度、語りなおされるものでもあるとは思うのだが。
う〜む、こんなにおもしろかったのね。ミステリとして、読もうとは思わないけども。

教訓:やっぱ喰わず嫌いはやめましょう。

Amazon フョードル・ドストエフスキー Fyodor Dostoyevsky

Novel/Collection/Etc.
内田老鶴圃

『罪と罰 -小説 巻1』

丸善

『罪と罰 -前編』

新潮社(ShinchoSha)

『虐げられし人々』 Униженные и оскорбленные

『白痴』 (1868)

『カラマーゾフの兄弟』 Братья Карамазовы (1880)

『カラマーゾフ兄弟 -脚色』

『罪と罰』 Преступление и наказание(Prestuplenie i nakazanie) (1865)

『永遠の夫』 Вечный муж (1870)

『賭博者』 Игрок

『貧しき人びと』 БEДHЫE ЛЮДИ (1846)

『地下生活者の手記』 ЗАПИСКИ ИЗ ПОДПОЛЬЯ (1864)

『死の家の記録』 Записки из мертвого дома (1861)

『悪霊』 Бесы(Besy) (1871)


『ドストイヱーフスキイ書簡集』

『未成年』 (1875)


「罪と罰」 Преступление и наказание

「カラマゾフの兄弟」

「貧しき人びと」

「地下室の手記」

「死の家の記録」

「虐げられた人びと」

「白痴」

「悪霊」

「未成年」

「降誕祭の樹と婚禮」

赤城正蔵

『虐げられし人々 上』

博文館(Hakubunkan)

『死人の家』

国民文庫刊行会

『悪霊』

日月社

『カラマゾフ兄弟』

南北社

『不文律』

天弦堂

『貧しき人々』

宝文社

『狂音楽師』

京橋堂

『ドストイヱフスキー美辞名句集』

洛陽堂

『ドストイエフスキー感想及印象』

冬夏社

『ド翁書簡集』

聚英閣

『ドストエーフスキイの手紙』

『ドストエーフスキイ -彼自身及び其の近親者の語れる』

曠野社

『不愉快な窮境』

上方屋

『虐げられし人々』

『カラマゾフ兄弟』

春陽堂(Shun-yo-do)

『虐げられし人々』

『白痴』

『流人の家』

『死の家の記録』

『賭博者』

『未成年』

『地下生活者の手記』 Zapiski iz podpolia


『白夜』


「鰐」

同人協会

『罪と罰』

原始社

『薄倖の孤児』

潮文閣

『カラマーゾフの兄弟』

内外出版協会

『貧しき人々』

岩波書店(Iwanami Shoten)

『カラマーゾフの兄弟』 Братья Карамазовы (1880)

『罪と罰』 Преступление и наказание (1865)

『貧しき人びと』 (1846)

『永遠の夫』 (1870)

『悪霊』 Бесы(Besy) (1871)

『死の家の記録』 Записки из мертвого дома (1861)

『白痴』 (1868)

『虐げられた人々』 Униженные и оскорбленные

『二重人格』


『未成年』 (1875)

『妻への手紙』

『作家の日記』

改造社

『ドストイヱフスキイ書簡集 -禁行』

『狂音楽家の娘』

『貧しき人々』

『死の家の記録』

作品社(SakuhinSha)

『スタヴロギンの告白』

隆章閣

『ドストイエフスキイの手紙』

健文社

『死の家の記録』

日本公論社

『幼き人々』

『孤児ネルリ』

金星堂

『ドストエーフスキイ忍苦の書』

東流文芸社

『白夜』

蒼樹社

『永遠の良人』

『貧しき人々』

河出書房(Kawade Shobo)/河出書房新社(Kawade Shobo ShinSha)

『カラマーゾフ兄弟』

『罪と罰』 Преступление и наказание (1865)

『貧しき人びと』 (1846)

『白痴』 Идиот


『ドストイエフスキイ歴程』

『ドストエーフスキイ読本』

『ドストエフスキー -カラマーゾフの預言』


「ボボーク」 Бобок(Bobok)

「おかしな男の夢 空想的な物語」


「罪と罰」 Преступление и наказание

「白痴」

「永遠の良人」

「カラマーゾフの兄弟」 Братья Карамазовы

「賭博者」

「死の家の記録」

「初恋」

「貧しき人々」

思索社

『地下生活者の手記』

『カラマーゾフの兄弟』

『未成年』

大泉書店

『罪と罰』

壮文社

『白痴』

世界書房

『永遠の良人』

『虐げられし人々』

全国書房

『カラマゾフの兄弟』

創元社(SogenSha)

『永遠の良人』

『可笑しな人間の夢 -後期短篇集』

『賭博者 一青年の手記より』

『地下生活者の手記』

『貧しき人々』

青年評論社

『狂音楽師と娘 -原名ニエトチカ・ニエズワーノワ』

日本社

『虐げられし人々』

北鴎社

『死の家の記録』

『二重人格 -ペテルブルクの長詩』

青磁社

『罪と罰』

青銅社

『ツルゲェネフへの書簡』

摩耶書房

『賭博者』

新星社

『賭博者』

北斗書院

『モルダーソフ年代記』

三笠書房(Mikasa Shobo)

『悪霊』

『虐げられた人々』 Униженные и оскорбленные

『貧しき人々』

『白痴』

『罪と罰 -抄訳』 Преступление и наказание (1865)

『カラマーゾフの兄弟 -抄訳』 Братья Карамазовы (1880)


『90分で読む! 超訳「罪と罰」』 Преступление и наказание

クラルテ社

『孤児ネルリ』

建設社

『ドストエーフスキイの手紙』

晃文社

『白夜』

鎌倉文庫

『貧しき人々』

養徳社

『罪と罰』

『カラマーゾフの兄弟』

東京堂

『小英雄』

青葉書房

『罪と罰』

ジープ社

『罪と罰 -ドストエフスキーの人と作品』

角川書店(Kadokawa Shoten)

『永遠の夫』 (1870)

『虐げられた人々』 Униженные и оскорбленные

『貧しき人びと』 (1846)

『白痴』 (1868)

『地下生活者の手記』 (1864)

『カラマーゾフの兄弟』 Братья Карамазовы (1880)

『罪と罰』 Преступление и наказание (1865)

『賭博者』 Игрок

『白夜 -感傷的ロマン ある夢想家の思い出より』 (1848)


「クリスマス・ツリーと婚礼」

小峰書店(Komine Shoten)

『小さい英雄』

創藝社(SogeiSha)

『貧しき人々』


「鰐」

酣灯社

『貧しき人々』

同和春秋社

『みなしごネリイ』

偕成社(KaiseiSha)

『薄幸の少女 -虐げられた人々』

『罪と罰』

『貧しき人々』

あかね書房(Akane Shobo)

『ドストエフスキイ名作集』

『カラマーゾフの兄弟』

清和書院

『白夜』

集英社(ShueiSha)

『罪と罰』

『カラマーゾフの兄弟』

『地下室の記録 -新訳』 Записки из подполья


『ドストエフスキー Федор Михайлович Достоевский』


「百姓マレイ」

「キリストの祭りに召された少年」 Мальчик Христа на елке


『貧しき人びと』


「貧しき人々」

「地下室の手記」

「白夜」

「おかしな男の夢」

「罪と罰」 Преступление и наказание

「カラマーゾフの兄弟」 Братья Карамазовы

「永遠の夫」

金の星社(Kin no HoshiSha)

『罪と罰』

『カラマーゾフの兄弟』

旺文社(ObunSha)

『罪と罰』 Преступление и наказание (1865)

『カラマーゾフの兄弟』 Братья Карамазовы (1880)

『貧しき人々』

『白痴』

『地下生活者の手記』

岩崎書店(Iwasaki Shoten)

『罪と罰』

彌生書房(Yayoi Shobo)

『ドストエフスキーの言葉』

冬樹社

『悪霊』

講談社(KodanSha)

『罪と罰』 Преступление и наказание (1865)

『カラマーゾフの兄弟』 Братья Карамазовы (1880)


『鰐 -ドストエフスキーユーモア小説集』

『やさしい女/白夜』


『1時間で読める! ドストエフスキー -要約『罪と罰』』


「罪と罰」 Преступление и наказание

「カラマーゾフ兄弟」 Братья Карамазовы

「白痴」

「白夜」

「未成年」

中央公論社(ChuokoronSha)/中央公論新社(Chuokoron-ShinSha)

『罪と罰』 Преступление и наказание (1865)

『カラマーゾフの兄弟』 Братья Карамазовы (1880)


「罪と罰」 Преступление и наказание

「カラマゾフの兄弟」 Brat'ya karamazovy

「悪霊」

教文館

『ドストエフスキー箴言と省察』

北海道大学図書刊行会

『ドストエフスキーの手紙』

福武書店(Fukutake Shoten)

『ドストエフスキイ前期短篇集』

『ドストエフスキイ後期短篇集』

筑摩書房(Chikuma Shobo)

『ドストエフスキー未公刊ノート』


『作家の日記』


「正直な泥棒 -無名氏の手記より」 Честный вор

「死の家」

「おかしな男の夢」


「罪と罰」 Преступление и наказание

「白夜」

「カラマーゾフ兄弟」 Братья Карамазовы

「地下生活者の手記」

「大審問官」

「人生論集」

ニュートンプレス

『罪と罰』 Crime and Punishment

みちのく書房

『縮約カラマーゾフの兄弟/縮約戦争と平和』

ナダ出版センター

『ドストエフスキー集「魂のリアリズム」を発見するまでの時代』

論創社(RonsoSha)

『おかしな人間の夢』 Сон смешного человека

光文社(KobunSha)

『カラマーゾフの兄弟』 Братья Карамазовы (1880)

『地下室の手記』 Записки из подполья

『罪と罰』 Преступление и наказание

『貧しき人々』 Бедные люди

『悪霊』 Бесы

『死の家の記録』 ЗAПИCKИ И3 MEPTBOГO ДOMA

『白夜/おかしな人間の夢』

文遊社

『大審問官 -自由なき楽園の支配者』 Братья Карамазовы

せせらぎ出版

『罪と罰 -台本』

ユナイテッド・ブックス

『ドストエフスキーの言葉』

国書刊行会(Kokusho Kankohkai)

「鰐 -ある異常な出来事、或いはアーケード街の椿事」 Krokodil

世界文豪代表作全集刊行会

「罪と罰」

「貧しき人々」

平凡社(HeibonSha)

「罪と罰」 Преступление и наказание

「カラマーゾフの兄弟」 Братья Карамазовы

「悪霊」

「白痴」

「死の家の記録」

「地下生活者の手記」

「作家の日記」

新日本出版社(Shin Nihon SuppanSha)

「百姓マレイ」

学習研究社(Gakushu KenkyuSha)

「罪と罰」 Преступление и наказание

「地下生活者の手記」

主婦の友社(ShufunotomoSha)

「罪と罰」

「イワンの接吻」

「大審間官 -『カラマーゾフの兄弟』より」 Братья Карамазовы

群像社(GunzoSha)

「キリストのヨールカ祭に招かれた少年」

小学館(Shogakukan)

「キリストのヨルカに召された少年」

「孤児ネルリ」

「罪と罰」

東京創元社(Tokyo SogenSha)

「小さな英雄」

ポプラ社(PoplarSha)

「キリストのヨルカに召された少年」

「正直な泥棒」

世界文化社(SekaibunkaSha)

「罪と罰」

中央出版社

「ドストエフスキー集」

明治図書出版

「百姓マレイ」

大空社(OzoraSha)

「損辱」 (『国民之友』 明治27年)

「胸算用」 (『文芸界』 明治35年)

「夢現境」 (『帝国文学』 明治36年)

「貧しき少女」 (『文芸倶楽部』 明治37年)

「耶蘇降誕祭」 (『心の花』 明治37年)

「女主人」 (『裏錦』 明治39年)

「移転」 (『帝国文学』 明治39年)

「花嫁」 (『明星』 明治40年)

「小児の心」 (『明星』 明治41年)

「博徒」 (『明星』 明治41年)

「クリスマスの夜」 (『開拓者』 明治41年)

「囚徒」 (『学生文芸』 明治43年)

「クリスマス」 (『帝国文学』 明治44年)

フロンティアニセン

「鰐」

Complete Collection

『ドストイェーフスキー全集01』

『ドストイェーフスキー全集02』

『ドストイェーフスキー全集03』

『ドストイェーフスキー全集04』

『ドストイェーフスキー全集07』

『ドストイェーフスキー全集08』

『ドストイェーフスキー全集09』

『ドストイェーフスキー全集13』

『ドストイェーフスキー全集14』


『ドストイェフスキイ全集01』

『ドストイェフスキイ全集02』

『ドストイェフスキイ全集03』

『ドストイェフスキイ全集04』

『ドストイェフスキイ全集05』

『ドストイェフスキイ全集06』

『ドストイェフスキイ全集07』

『ドストイェフスキイ全集08』

『ドストイェフスキイ全集09』

『ドストイェフスキイ全集10』

『ドストイェフスキイ全集11』

『ドストイェフスキイ全集12』

『ドストイェフスキイ全集13』

『ドストイェフスキイ全集14』


『ドストエーフスキー全集01』

『ドストエーフスキー全集02』

『ドストエーフスキイ全集03』

『ドストエーフスキイ全集06』

『ドストエーフスキイ全集09』


『ドストエフスキイ全集02』

『ドストエフスキイ全集03』

『ドストエフスキイ全集04』


『ドストエフスキー全集01 -決定版』

『ドストエフスキー全集02 -決定版』

『ドストエフスキー全集03 -決定版』

『ドストエフスキー全集04 -決定版』

『ドストエフスキー全集05 -決定版』

『ドストエフスキー全集06 -決定版』

『ドストエフスキー全集07 -決定版』

『ドストエフスキー全集08 -決定版』

『ドストエフスキー全集09 -決定版』

『ドストエフスキー全集10 -決定版』

『ドストエフスキー全集11 -決定版』

『ドストエフスキー全集12 -決定版』

『ドストエフスキー全集13 -決定版』

『ドストエフスキー全集14 -決定版』

『ドストエフスキー全集15 -決定版』

『ドストエフスキー全集16 -決定版』

『ドストエフスキー全集17 -決定版』

『ドストエフスキー全集18 -決定版』

『ドストエフスキー全集19 -決定版』

『ドストエフスキー全集20 -決定版』

『ドストエフスキー全集21 -決定版』

『ドストエフスキー全集22 -決定版』

『ドストエフスキー全集23 -決定版』

『ドストエフスキー全集24 -決定版』

『ドストエフスキー全集25 -決定版』

『ドストエフスキー全集26 -決定版』

『ドストエフスキー全集27 -決定版』

『ドストエフスキー全集 別巻 -決定版』


『ドストイェーフスキー全集05』

『ドストイェーフスキー全集06』

『ドストイェーフスキー全集11』

『ドストイェーフスキー全集12』

『ドストイェーフスキー全集15』


『ドストイエフスキイ全集01』

『ドストイエフスキイ全集02』

『ドストイエフスキイ全集03』

『ドストイエフスキイ全集04』

『ドストイエフスキイ全集05』

『ドストイエフスキイ全集06』

『ドストイエフスキイ全集07』

『ドストイエフスキイ全集08』

『ドストイエフスキイ全集09』

『ドストイエフスキイ全集10』

『ドストイエフスキイ全集11』

『ドストイエフスキイ全集12』

『ドストイエフスキイ全集13』

『ドストイエフスキイ全集14』

『ドストイエフスキイ全集15』

『ドストイエフスキイ全集16』

『ドストイエフスキイ全集17』

『ドストイエフスキイ全集18』

『ドストイエフスキイ全集 別巻』


『ドストイエフスキイ全集01』

『ドストイエフスキイ全集03』

『ドストイエフスキイ全集05』

『ドストイエフスキイ全集06』

『ドストイエフスキイ全集07』

『ドストイエフスキイ全集08』

『ドストイエフスキイ全集09』

『ドストイエフスキイ全集10』

『ドストイエフスキイ全集11』

『ドストイエフスキイ全集12』

『ドストイエフスキイ全集13』

『ドストイエフスキイ全集14』

『ドストイエフスキイ全集15』

『ドストイエフスキイ全集17』

『ドストイエフスキイ全集18』

『ドストイエフスキイ全集19』

『ドストイエフスキイ全集20』

『ドストイエフスキイ全集21』

『ドストイエフスキイ全集22』

『ドストイエフスキイ全集23』

『ドストイエフスキイ全集24』


『ドストエーフスキイ全集01』

『ドストエーフスキイ全集04』

『ドストエーフスキイ全集05』

『ドストエーフスキイ全集06』

『ドストエーフスキイ全集10』

『ドストエーフスキイ全集11』

『ドストエーフスキイ全集15』

『ドストエーフスキイ全集16』

『ドストエーフスキイ全集17』

『ドストエーフスキイ全集20』

『ドストエーフスキイ全集21』

『ドストエーフスキイ全集22』

『ドストエーフスキイ全集23』


『ドストエーフスキイ全集01』

『ドストエーフスキイ全集02』

『ドストエーフスキイ全集03』

『ドストエーフスキイ全集04』

『ドストエーフスキイ全集05』

『ドストエーフスキイ全集06』

『ドストエーフスキイ全集07』

『ドストエーフスキイ全集08』

『ドストエーフスキイ全集09』

『ドストエーフスキイ全集10』

『ドストエーフスキイ全集11』

『ドストエーフスキイ全集12』

『ドストエーフスキイ全集13』

『ドストエーフスキイ全集14』

『ドストエーフスキイ全集15』

『ドストエーフスキイ全集16』

『ドストエーフスキイ全集17』

『ドストエーフスキイ全集18』

『ドストエーフスキイ全集19』

『ドストエーフスキイ全集20』

『ドストエーフスキイ全集21』

『ドストエーフスキイ全集22』

『ドストエーフスキイ全集23』

『ドストエーフスキイ全集24』

『ドストエーフスキイ全集25』

『ドストエーフスキイ全集26』

『ドストエーフスキイ全集27』

『ドストエーフスキイ全集28』

『ドストエーフスキイ全集29』

『ドストエーフスキイ全集30』

『ドストエーフスキイ全集31』

『ドストエーフスキイ全集32』

『ドストエーフスキイ全集33』

『ドストエーフスキイ全集34』

『ドストエーフスキイ全集35』

『ドストエーフスキイ全集36』

『ドストエーフスキイ全集37』

『ドストエーフスキイ全集38』

『ドストエーフスキイ全集39』

『ドストエーフスキイ全集40』

『ドストエーフスキイ全集41』

『ドストエーフスキイ全集42』

『ドストエーフスキイ全集43』


『ドストエーフスキイ全集01』

『ドストエーフスキイ全集02』

『ドストエーフスキイ全集03』

『ドストエーフスキイ全集04』

『ドストエーフスキイ全集05』

『ドストエーフスキイ全集06』

『ドストエーフスキイ全集07』

『ドストエーフスキイ全集08』

『ドストエーフスキイ全集09』

『ドストエーフスキイ全集10』

『ドストエーフスキイ全集11』

『ドストエーフスキイ全集12』

『ドストエーフスキイ全集13』

『ドストエーフスキイ全集14』

『ドストエーフスキイ全集15』

『ドストエーフスキイ全集16』

『ドストエーフスキイ全集17』

『ドストエーフスキイ全集18』


『ドストエーフスキイ全集01』

『ドストエーフスキイ全集02』

『ドストエーフスキイ全集03』

『ドストエーフスキイ全集04』

『ドストエーフスキイ全集05』

『ドストエーフスキイ全集06』

『ドストエーフスキイ全集07』

『ドストエーフスキイ全集08』

『ドストエーフスキイ全集09』

『ドストエーフスキイ全集10』

『ドストエーフスキイ全集11』

『ドストエーフスキイ全集12』

『ドストエーフスキイ全集13』

『ドストエーフスキイ全集14』

『ドストエーフスキイ全集15』

『ドストエーフスキイ全集16』

『ドストエーフスキイ全集17』

『ドストエーフスキイ全集18』

『ドストエーフスキイ全集19』

『ドストエーフスキイ全集20』

『ドストエーフスキイ全集21』

『ドストエーフスキイ全集22』

『ドストエーフスキイ全集23』


『ドストエーフスキイ全集01』

『ドストエーフスキイ全集02』

『ドストエーフスキイ全集03』

『ドストエーフスキイ全集04』

『ドストエーフスキイ全集05』

『ドストエーフスキイ全集06』

『ドストエーフスキイ全集07』

『ドストエーフスキイ全集08』

『ドストエーフスキイ全集09』

『ドストエーフスキイ全集10』

『ドストエーフスキイ全集11』

『ドストエーフスキイ全集12』

『ドストエーフスキイ全集13』

『ドストエーフスキイ全集14』

『ドストエーフスキイ全集15』

『ドストエーフスキイ全集16』

『ドストエーフスキイ全集17』

『ドストエーフスキイ全集18』

『ドストエーフスキイ全集19』

『ドストエーフスキイ全集20』

『ドストエーフスキイ全集/別巻』


『ドストエーフスキイ代表作選集01 -貧しき人々』

『ドストエーフスキイ代表作選集02 (上) -悪霊 (上)』

『ドストエーフスキイ代表作選集02 (中) -悪霊 (中)』

『ドストエーフスキイ代表作選集02 (下) -悪霊 (下)』


『ドストエフスキー全集01』

『ドストエフスキー全集02』

『ドストエフスキー全集03』

『ドストエフスキー全集04』

『ドストエフスキー全集05』

『ドストエフスキー全集06』

『ドストエフスキー全集07』

『ドストエフスキー全集08』

『ドストエフスキー全集09』

『ドストエフスキー全集10』

『ドストエフスキー全集11』

『ドストエフスキー全集12』

『ドストエフスキー全集13』

『ドストエフスキー全集14』

『ドストエフスキー全集15』

『ドストエフスキー全集16』

『ドストエフスキー全集17』

『ドストエフスキー全集18』

『ドストエフスキー全集19A』

『ドストエフスキー全集19B』

『ドストエフスキー全集20A』

『ドストエフスキー全集20B』

『ドストエフスキー全集 別巻』


『ドストエフスキー小説全集01』

『ドストエフスキー小説全集02』

『ドストエフスキー小説全集03』

『ドストエフスキー小説全集04』

『ドストエフスキー小説全集05』

『ドストエフスキー小説全集06』

『ドストエフスキー小説全集07』

『ドストエフスキー小説全集08』

『ドストエフスキー小説全集09』

『ドストエフスキー小説全集10』

AmeqList since 1996 Update:2018/ 5