ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)

カート・ヴォネガット

Kurt Vonnegut

1922/11/11-2007/ 4/11 U.S.A.
Authors List

ドイツ移民の子供。インディアナポリスに生れる。
Pen Name:カート・ヴォネガット・ジュニア(Kurt Vonnegut, Jr.)を初期に使用。
メイン・ストリーム系の作家で、SFを冠するのを嫌ったこともあった。作風は、諦観と、それにしてもまだひとに対する愛着とが混然一体となるのが魅力で、愛すべき雰囲気を漂わす。読んでけっして後悔しない作家。
個人的に好きなのは『プレイヤー・ピアノ』。最高傑作は『スローターハウス5』や『タイタンの妖女』とか『ローズウォーターさん…』、『猫…』なのかもしれないけど。

Amazon カート・ヴォネガット Kurt Vonnegut
Novel

『プレイヤー・ピアノ』 Player Piano (1952)

『タイタンの妖女』 The Sirens of Titan (1959)

『母なる夜』 Mother Night (1962)

『猫のゆりかご』 Cat's Cradle (1963)

『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』 God Bless You, Mr. Rosewater (1965)

『スローターハウス5』 Slaughterhouse-Five (1969)

『さよならハッピー・バースディ』 Happy Birthday,Wanda June (1971)

『チャンピオンたちの朝食』 Breakfast of Champions (1973)

『スラップスティック -または、もう孤独じゃない!』 Slapstick (1975)

『ジェイルバード』 Jailbird (1979)

『デッドアイ・ディック』 Deadeye Dick (1982)

『ガラパゴスの箱舟』 Galápagos (1985)

『青ひげ』 Bluebeard (1987)

『ホーカス・ポーカス』 Hocus Pocus (1990)

『タイムクエイク -時震』 Timequake (1997)

『国のない男』 A Man Without a Country

Collection

『モンキー・ハウスへようこそ』 Welcome to the Monkey House (1968)

『猿の館へいらっしゃい』 Welcome to the Monkey House

『バゴンボの嗅ぎタバコ入れ』 Bagombo Snuff Box (1999)

『追憶のハルマゲドン』 Armageddon in Retrospect (2008)

『はい、チーズ』 Look at the Birdie (2009)

『人みな眠りて』 While Mortals Sleep (2011)

Short Fiction

「不屈の精神」 Fortitude (1991)

「道化芝居」 Slapstic or Lone Some No More!

Nonfiction/Etc.

『ヴォネガット、大いに語る』 Wampeters, Foma and Granfalloons (1974)

『パームサンデー -自伝的コラージュ』 Palm Sunday (1981)

『死よりも悪い運命 -1980年代の自伝的コラージュ』 Fates worse Than Death: An Autobiographical Collage of the 1980s (1991)

『これで駄目なら -若い君たちへ-卒業式講演集』 If This Isn't Nice, What Is?


「カート・ヴォネガットは語る」

「インタビュウ「攻成り名遂げたすえの鬱病」」 The Melancholia of Everything Completed (Stop Smiling Magazine No.27 2006)


『吾が魂のイロニー -カート・ヴォネガット・ジュニアの研究読本』

『カート・ヴォネガット』

Juvenile

「武器なき世界」 Report on the Barnhouse Effect (Colliers 1950/ 2/11)

Complete Collection

『カート・ヴォネガット全短篇1 -バターより銃』 Complete Stories (2017)

『カート・ヴォネガット全短篇2 -バーンハウス効果に関する報告書』 Complete Stories (2017)

  • 監修:大森望(Ōmori Nozomi) Publisher:早川書房(Hayakawa Shobo)
  • cover:100%ORANGE design:川名潤 commentary:小川哲/ヴォネガット既刊作品集一覧/本書収録の各篇訳者・原題・初出・収録短篇集一覧 2018/11/25
  • ISBN978-4-15-209812-2
    • セクション2 女Women(承前)
    • 「ジェニー」 Jenny (While Mortals Sleep 2011)
    • 「エピゾアティック」 The Epizootic (While Mortals Sleep 2011)
    • 「百ドルのキス」 Hundred-Dollar Kisses (While Mortals Sleep 2011)
    • 「ルース」 Ruth (While Mortals Sleep 2011)
    • 「消えろ、束の間のろうそく」 Out, Brief Candle (While Mortals Sleep 2011)
    • 「ミスターZ」 Mr. Z (While Mortals Sleep 2011)
    • 「スロットル全開」 With His Hand on the Throttle (While Mortals Sleep 2011)
    • 「川のほとりのエデン」 Eden by the River
      • 本書初出
      • translator:宮脇孝雄(Miyawaki Takao)
    • 「失恋者更生会」 Lovers Anonymous (Redbook 1963/10)
    • セクション3 科学Science
    • イントロダクション(the General Introductions)/ジェローム・クリンコウィッツ(Jerome Klinkowitz)
      • translator:鳴庭真人
    • 「となりの部屋」 Next Door (Cosmopolitan 1955/ 4)
    • 「バーンハウス効果に関する報告書」 Report on the Barnhouse Effect (Colliers 1950/ 2/11)
    • 「ユーフィオ論議」 The Euphio Question (Colliers 1951/ 5/12)
    • 「衣替えには」 Unready to Wear (Galaxy 1953/ 4)
    • 「エピカック」 EPICAC (Colliers 1950/11/25)
    • 「記憶術」 Mnemonics (Collier's 1951/ 4/28)
    • 「耳の中の親友」 Confido (Armageddon in Retrospect/ 2008)
    • 「鏡の間」 Hall of Mirrors (Armageddon in Retrospect/ 2008)
    • 「ナイス・リトル・ピープル」 The Nice Little People (Armageddon in Retrospect/ 2008)
    • 「はい、チーズ」 Look at the Birdie (Armageddon in Retrospect/ 2008)
    • 「ティミッドとティンブクツーのあいだ」 Between Time and Timbuktu
      • 本書初出
      • translator:宮脇孝雄(Miyawaki Takao)
    • セクション4 ロマンスRomance
    • イントロダクション(the General Introductions)/ダン・ウィクフィールド(Dan Wakefield)
      • translator:鳴庭真人
    • 「こんどはだれに?」 Who Am I This Time??(My Name Is Everyone) (Saturday Evening Post 1964/12/16)
    • 「永遠への長い道」 Long Walk to Forever (Ladies Home Journal 1960/ 8)
    • 「恋に向いた夜」 A Night for Love (The Saturday Evening Post 1957/11/23)
    • 「夢を見つけたい」 Find Me a Dream (Cosmopolitan 1961/ 2)
    • 「FUBAR」 FUBAR (Look at the Birdie 2009)
    • 「1950年代アメリカの短篇小説と個人事業主カート・ヴォネガット」 ジェローム・クリンコウィッツ(Jerome Klinkowitz)
      • translator:鳴庭真人

『カート・ヴォネガット全短篇3 -夢の家』 Complete Stories

  • 監修:大森望(Ōmori Nozomi) Publisher:早川書房(Hayakawa Shobo)
  • cover:長崎訓子 design:川名潤design:川名潤 commentary:川上弘美/ヴォネガット既刊作品集一覧/本書収録の各篇訳者・原題・初出・収録短篇集一覧 2019/ 1/25
  • ISBN978-4-15-209830-6
    • セクション4 ロマンスRomance(承前)
    • 「ガール・プール」 Girl Pool (While Mortals Sleep 2011)
    • 「ローマ」 Rome
      • 本書初出
      • translator:大森望(Ōmori Nozomi)
    • 「ミス・スノー、きみはくびだ」 Miss Snow, You're Fired
      • 本書初出
      • translator:大森望(Ōmori Nozomi)
    • 「パリ、フランス」 Paris, France
      • 本書初出
      • translator:谷崎由依
    • 「都会」 City
      • 本書初出
      • translator:谷崎由依
    • セクション5 働き甲斐VS富と名声Work Ethic Versus Fame and Fortune
    • イントロダクション(the General Introductions)/ダン・ウィクフィールド(Dan Wakefield)
      • translator:鳴庭真人
    • 「夢の家」 More Stately Mansions (Colliers 1951/12/22)
    • 「ハイアニス・ポート物語」 The Hyannis Port Story (Welcome to the Monkey House 1963)
    • 「愛する妻子のもとに帰れ」 Go Back to Your Precious Wife and Son (Ladies Home Journal 1962/ 7)
    • 「噓」 The Lie (Saturday Evening Post 1962/ 2/24)
    • 「工場の鹿」 Deer in the Works (Espuire 1955/ 4)
    • 「お値打ちの物件」 Any Reasonable Offer (Collier's 1952/ 1/19)
    • 「パッケージ」 The Package (Collier's 1952/ 7/26)
    • 「貧しくてゆたかな町」 Poor Little Rich Town (Collier's 1952/10/25)
    • 「サンタクロースへの贈り物」 A Present for Big Saint Nick(A Present for Big Nick) (Argosy 1954/12)
    • 「自慢の息子」 This Son of Mine (The Saturday Evening Post 1956/ 8/18)
    • 「魔法のランプ」 Hal Irwin's Magic Lamp (Cosmopolitan 1957/ 6)
    • 「ヒポクリッツ・ジャンクション」 Shout About It From the Housetops (Look at the Birdie 2009)
    • 「エド・ルービーの会員制クラブ」 Ed Luby's Key Club (Look at the Birdie 2009)
    • 「この宇宙の王と女王」 King and Queen of the Universe (Look at the Birdie 2009)
    • 「年に一万ドル、楽々と」 10,000 a Year, Easy (While Mortals Sleep 2011)
    • 「金がものを言う」 Money Talks (While Mortals Sleep 2011)
    • 「人みな眠りて」 While Mortals Sleep (While Mortals Sleep 2011)
    • 「タンゴ」 Tango (While Mortals Sleep 2011)
    • 「ペテン師たち」 The Humbugs (While Mortals Sleep 2011)
    • 「ヴォネガットはいかに短篇小説の書き方を学んだか」 ダン・ウェイクフィールド(Dan Wakefield)
      • translator:鳴庭真人

『カート・ヴォネガット全短篇4 -明日も明日もその明日も』 Complete Stories

Update:2019