チャールズ・ボーモント

Charles Beaumont

1929/ 1/ 2-1967/ 2/21 U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

奇妙な味と言われるにふさわしい作家である。
比較的、理解しやすい作品が多いが、中には「変身処置」のような作品もあるから、油断ならない。どちらかというと、ホラー系なんだけど、ボーモントだからというこのひとでしかという味わいがある。
Pen Name:S・M・テネンショウ(S. M. Tenneshaw)
Amazon チャールズ・ボーモント Charles Beaumont

Collection

『残酷な童話』 The Hunger and Other Stories (1957)

『夜の旅、その他の旅』 Night Ride and Other Journeys (1960)

『予期せぬ結末2 -トロイメライ』

Short Fiction

「夢の番人」 Keeper of the Dream (editor:(August Derleth) Time to Come 1954)

「マルタの鷹はどこに?」 The Last Caper (F&SF 1954/ 3)

「四次元映画」 The Quadriopticon (F&SF 1954/ 8)

「ジャングル」 The Jungle (If 1954/12)

「北風」 North Wind (F&SF 1956/ 3)

「艶気男名残一膳(うわきおとこなごりのいちぜん)」 You Can't Have Them All (Playboy 1956/ 8)

「名優おおいに笑う」 The Face of a Killer (Manhunt1956/12)

「モンスター・ショウ」 The Monster Show (Playboy 1956/ 5)

「ロバータ」 Miss Gentilbelle (editor:(Don Congdon) Stories for the Dead of Night 1957)

「そっくりの人」 In His Image(The Man Who Made Himself) (Imagination 1957/ 2)

「魔術師の月」 Sorcerer's Moon (Playboy 1959/ 7)

「不眠の一夜」 Insomnia Vobiscum (Best of Beaumont 1982)

「ウィリー・ワシントンの犯罪」 The Crime of Willie Washington (editor:(Roger Anker) Charles Beaumont: Selected Stories 1988)

「床屋の予約」 Appointment with Eddie (editor:(Roger Anker) Charles Beaumont: Selected Stories 1988)

「怪物」 The Monster

「氷原の女王」 Queen of the Ice Men


「終りの始め」 The Last Word (F&SF 1955/ 4)

「われはクロード」 I, Claude (F&SF 1956/ 2)

Nonfiction/Etc.

「血まみれのパルプ・マガジン」 The Bloody Plups

「ホラー映画の恐怖」 The Horror of It All (Playboy 1958/ 3)

Juvenile

「もしも夢を見たら…」 Perchance to Dream (Playboy 1958/10)

Top of Page