ジョン・ウインダム

John Wyndham

1903/ 7/10-1969/ 3/11 U.K.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

(John Beynon Harris)、ジョン・ウィンダム表記あり。
懐かしき『トリフィド時代』。ある日の彗星を見た人々が、盲目となり、そして、飼われていたトリフィドが、人々を襲う。
能天気と言っちゃまずいだろうけど、ひょこひょこ動くトリフィッドを避けて、人類の再繁栄を誓う。実に牧歌的。
破滅テーマの名作である。ほとんど設定のみで読ませていたが、今となっちゃ古臭い。だけど、個人的に破滅テーマを片っ端から読んでいたせいか、(たぶん世界は破滅しても自分は生き残るという妄想の持ち主であるからして)好きなんですね。
『海竜めざめる』でも泡が攻撃兵器になるという、ほとんど冗談だが、丁寧な物語の作り方で実に地味。
ミュータント・テーマの『さなぎ』や、侵略テーマの『呪われた村』、夫婦もんの話に昇華してしまう『地衣騒動』。いまではないよ。
Amazon ジョン・ウインダム John Wyndham

Novel

『トリフィドの日』 The Day of the Triffids (1951)

『海底の怪』 The Kraken Wakes(Out of the Deeps) (1953)

『さなぎ』 The Chrysalids(Re-Birth) (1955)

『呪われた村』 The Midwich Cuckoos (1957)

『地衣騒動』 Trouble With Lichen (1960)

『宇宙知性チョッキー』 Chocky (1968)

『ユートピアの罠』 WEB (1979)

Collection

『時間の種』 The Seeds of Time (1956)

Short Fiction

「アステロイズ2194」 The Asteroids, 2194 (New Worlds 1960/11)

「アマゾンの時代」 Consider Her Ways (Sometime, Never 1956)

「技術的ミス」 Technical Slip (Arkham Sampler 1949/ 9)

「そして壁は崩れおちた…」 And the Walls Came Tumbling Down (Startling Stories 1951/ 3)

「車輪」 The Wheel (Startling Stories 1952/ 1)

「ジズル」 Jizzle (Collier's 1949/ 1)

「逢いびき」 Affair of the Heat

「賢い子供」 Wise Child

「長いスプーン」 A Long Spoon

「中国からきた卵」 Chinese Puzzle

「お人好(よ)し」 More Spinned Against (Fantasy Fiction 1953/ 6)

「時間の縫い目」 Stitcj in Time (Argosy 1961/ 3)


「孤独な機械」 The Lost Machine (1932)


「トリフィド時代」 The Day of the Triffids

Juvenile

『怪奇植物トリフィドの侵略』 The Day of the Triffids (1951)

『地球滅亡の日 植物人間』 The Day of the Triffids (1951)

『深海の宇宙怪物』 The Kraken Wakes(Out of the Deeps) (1953)

『チョッキー』 Chocky (1968)


「第二の地球」 No Place Like Earth

「強いものだけ生き残る」 Survival (Thrilling Wonder Stories 1952/ 2)

List
Top of Page