C・M・コーンブルース

Cyril M. Kornbluth

1923/ 7/ 2-1958/ 3/21 U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

Pen Name:(Cecil Corwin)、(S. D. Gottesman)、(Edward J. Bellin)、(Kenneth Falconer)、(Walter C. Davies)、(Simon Eisner)、(Jordan Park)、(Arthur Cooke)、(Paul Dennis Lavond)、(Scott Mariner)
早すぎたSF作家とも言われているらしい。生まれてくるのも逝ってしまうのも…
未来のスリック雑誌に掲載されるような物語を書きたいというのが希望だった。「ある決断」は合作の中ではピカイチ。
けど単独作品がいい。「蝕むもの」や「小さな黒いカバン」など印象深い。「暗い潮を刈れ」は、まことにどんよりした作品だが、忘れがたい。
けどね。もっとも手に入れにくい作家のひとり。なんとかならないのかなあ。その時には改訳してほしいんだけどね。

Amazon C・M・コーンブルース Cyril M. Kornbluth

Novel

『クリスマス・イブ』 Not This August (1955)

『宇宙商人』 The Space Merchants (1952)

『シンディック』 The Syndic (1953)

Short Fiction

「暗い潮を刈れ」 Reap the Dark Tide(Shark Ship) (Vanguard SF 1958/ 6)

「小さな黒いカバン」 The Little Black Bag (Astounding 1950/ 7)

「かわいそうなトポロジスト」 The Unfortunate Topologist

「第12チャンネルの降臨」 The Advent on Channel Twelve (editor:Frederik Pohl Star Science Fiction Stories 4 1958)

「1955年のロケット」 The Rocket of 1955 (Escape 1939)

「蝕むもの」 The Mindworm (Worlds Beyond 1950/12)

「おろかな季節」 The Silly Season (F&SF 1950/Fall)

「わが手のわざ」 With These Hands (1951)

「デンヴでいちばん幸運な男」 The Luckiest Man in Deny (Galaxy 1952/ 6)

「真夜中の祭壇」 The Altar At Midnight (Galaxy 1952/11)

「りっぱな生類」 The Goodly Creatures (F&SF 1952/12)

「13時」 Thirteen O'clock (Stirring Science Stories 1941/ 2)

「必要経費は宇宙持ち」 Cosmic Expense Account (F&SF 1956/ 1)

「火星地下道」 Mars-Tube (Astonishing Stories 1941/ 9)

「ある決断」 The Meeting (F&SF 1972/11)

「ガリゴリの贈り物」 The Gift of Garigolli (Galaxy 1974/ 8)

「クェーカー砲」 The Quaker Cannon (Analog 1961/ 8)

「チャーリアー家の人々」 A Hint of Henbane (AHMM 1961/11)

Top of Page