エリザベス・X・フェラーズ

Elizabeth X. Ferrars

1907-1995 U.K.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

Pen Name:E・X・フェラーズ(E. X. Ferrars)、本名:モーナ・ドリス・ブラウン(Morna Doris MacTaggart Brown)
ミャンマーのラングーン生まれ。

Amazon エリザベス・フェラーズ Elizabeth Ferrars

Novel

『細工は流々』 Remove the Bodies(Rehearsals for Murder) (1940)

『その死者の名は』 Give a Corpse a Bad Name (1940)

『自殺の殺人』 Death in Botanist's Bay (1941)

『猿来たりなば』 Don't Monkey with Murder (1942)

『ひよこはなぜ道を渡る』 Your Neck in a Noose(Neck in a Noose) (1942)

『私が見たと蝿は言う』 I, Said the Fly (1945)

『間にあった殺人』 Murder in Time (1953)

『嘘は刻む』 The Lying Voices (1954)

『さまよえる未亡人たち』 The Wandering Widows (1962)

『カクテルパーティー』 Enough to Kill a Horse

『灯火が消える前に』 Murder Among Friends

Short Fiction

「犯人逮捕」 Custody

「眼には眼を」 Undue Influence

「一連の出来事」 Sequence of Events エリザベス・フェラーズ(Elizabeth Ferrars)

「正義の代理人」 Instrument of Justice

「飛べ、とスパイは言った」 Fly, Said the Spy

「わが手で裁く」 Justice in My Own Hands (EQMM 1988/ 1)

「競売目録」 The Case of the Auction Catalogue

「灰には灰を」 Ashes to Ashes

「雪が降る」 The Truthful Witness

「洪水の後に」 After Death the Deluge

「ごくささいな事」 A Very Small Thing

「二つの時計」 Drawn into Error

「左手の事件」 The Case of the Left Hand

「青いボウル事件」 The Case of the Blue Bowl

「時計だけが知っている」 Perfectly Timed Plot (AHMM 1958/ 3)

「田園の迷宮」 The Forgotten Murder (EQMM 1978/ 1)

「アーバスノット夫人はキャンセルした」


「殺意の海辺」 Crime on the Coast (1984)

Juvenile

『目撃者はたれか』

Top of Page