クリスチアナ・ブランド

Christianna Brand

1907/12/17-1988/ 3/11 U.K.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

本名メアリー・クリスチアナ・ミルン(Mary Christianna Milne)
女性作家。マレーシア生まれ、インド育ち、のち英国に戻る。かなり苦労したらしく、いろいろな職業を経験する。

Amazon クリスチアナ・ブランド Christianna Brand

Novel

『ハイヒールの死』 Death in High Heels (1941)

『切られた首』 Heads You Lose (1941)

『緑は危険』 Green for Danger (1944)

『自宅にて急逝』 The Crooked Wreath(Suddenly at His Residence) (1945)

『ジェゼベルの死』 Death of Jezebel (1948)

『猫とねずみ』 Cat and Mouse (1950)

『疑惑の霧』 London Particular(Fog of Doubt) (1952)

『はなれわざ』 Tour de Force (1955)

『ゆがんだ光輪』 The Three-Cornered Halo (1957)

『暗闇の薔薇』 The Roses in Darkness (1969)

『領主館の花嫁たち』 The Brides of Aberdar (1982)

『薔薇の輪』 A Ring of Roses

Collection

『招かれざる客のたちビュッフェ』 Buffet for Unwelcome Guests (1983)

『ぶち猫 -コックリル警部の事件簿』

Short Fiction

「至上の幸福」 Cloud Nine

「帽子から飛び出したうさぎ」 Rabbit Out of a Hat

「誰がための涙」 My Ladies' Tears

「大空の王者」 King of the Air

「幽霊伯爵」 The Wicked Ghost

「回転はすばやく」 Quick and Clever

「ミステリオーソ」 The Scapegoat

「ここに横たわるのは…」 Here Lies...

「さすが警察」 Aren't Our Police Wonderful

「薔薇」 The Rose

「なわとび遊び」 The Skipping Game

「ダブル・クロス」 Double Cross

「拝啓、編集者様」 Dear, Mr. Editor...

「父の罪」 The Sins of the Fathers

「愛に似て…」 Akin to Love

「人間の最良の友」

「旅人のお護り」 A Bit of Bovver

「わが屍を踏み越えて」 Over My Dead Body (EQMM 1979/ 8)

「この世でいちばん簡単なこと」 The Easist Thing in the World (EQMM 1978/ 8)

「そして彼女はほほえんだ」 And She Smiles at Me (EQMM 1983/ 5)

「未亡人に乾杯」 To the Widow (The Saint Magazine 1984/ 6)

「ビリーという男」

「『毒入りチョコレート事件』第七の解答」

「わが返礼」 I will Repay


「弔花はご辞退」 No Flowers by Request (1984)

Nonfiction/Etc.

「ミス・マープルの肖像」 Miss Marple...A Portrait

「ブランド回想録」

「私の見たドロシーとアガサ」

Juvenile

『ふしぎなマチルダばあや』 Nurse Matilda (1964)

『マチルダばあやといたずらきょうだい』 Nurse Matilda (1964)

『マチルダばあや、ロンドンへ行く』 Nurse Matilda Goes to Town (1967)

Top of Page