ジョン・ヴァーリイ

John Varley

1947/ 8/ 9- U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

ジョン・ヴァーリィ、ジョン・ヴァーリー表記あり。ヴァーリイに統一。
ある時期、壮絶な輝きを放つと、回復には時がやはり必要なのだろうか。それとも、それはろうそくの最後の輝きになってしまうのだろうか。
作家にも、いくつかのタイプがある。早期大成型で超新星級の天才パターンがジョン・ヴァーリイだ。
鉢の底で歪み、じりじりと後退する太陽の光に照らされて、地球を追い出された人類は、月の裏側でいじけて暮らす。レジャーランドの壁が破壊され、再び活力を取り戻し、夢は壮大に、宇宙に拡がる。
ぼくらは孤独だ。紡ぎだされる物語の中に「疎外者」がいる。それが深みと厚みを加えている。「疎外者」を見つめる眼はとても優しい…

Amazon ジョン・ヴァーリイ John Varley

Novel

『へびつかい座ホットライン』 The Ophiuchi Hotline (1977)

『ミレニアム』 Millennium (1983)

『スチール・ビーチ』 Steel Beach (1992)


『ティーターン』 Titan (1979)

『ウィザード』 Wizard (1980)

Collection

『残像』 The Persistence of Vision (1978)

『バービーはなぜ殺される』 The Barbie Murders(Picnic on Nearside) (1980)

『ブルー・シャンペン』 Blue Champagne (1986)

『逆行の夏 -ジョン・ヴァーリイ傑作選』

『〈八世界〉全短編1 汝、コンピューターの夢』

『〈八世界〉全短編2 さようなら、ロビンソン・クルーソー』

Short Fiction

「きょうもまた満ちたりた日を」 Just Another Perfect Day (Twilight Zone 1989/ 6)

Nonfiction/Etc.

「ぼくがイメージする主人公はいつも女性だ」

List
Top of Page