ボブ・ショウ

Bob Shaw

1931/12/31-1996/ 2/11 U.K.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

たったひとつの発明品が光り輝く作品を生み出すことがある。スローガラスという今思えばアナログ的な代物ではあるけれど、いまだったらネット保存かねえ、その情感がよかった。
個人的には、『眩暈』がいい。これはSFか、と思った。
代表作が訳されたら、買うだろうね。
Amazon ボブ・ショウ Bob Shaw

Novel

『去りにし日々、今ひとたびの幻』 Other Days, Other Eyes (1972)

『メデューサの子ら』 Medusa's Children (1977)

『おれは誰だ?』 Who Gose Here? (1977)

『眩暈』 Vertigo (1978)

『見知らぬ者たちの船』 Ship of Strangers (1978)

Short Fiction

「わたしはダンボ」 Call Me Dumbo (If 1966/12)

「カクテル・パーティ効果」 Harold Wilson at the Cosmic Cocktail Party (editor:(Anthony Cheetham) Science Against Man 1970)

「生涯で最も幸福な日」 The Happiest Day of Your Life (Analog 1970/10)

「2001年デフレの旅」 Deflation 2001 (Amazing 1972/ 9)

「モナリザ狂想曲」 The Giaconda Caper (Cosmic Kaleidoscope 1976)

「永遠の家」 The Cottage of Eternity (editor:(Maxim Jakubowski) Twenty Houses of the Zodiac 1979)

「凍りついた獣たち」 Frost Animals (editor:(Terry Carr) Universe 9 1979)

「訪問者」 Conversion (IASFM 1981/ 8/ 3)

「翼の影」 Shadou of Wings (More Magic 1984)

「あの世行きのホテル」 In the Hereafter Hilton

「闘技場」 Amphitheater (editor:(Christopher Priest) Anticipations 1987)

Top of Page