P・D・ジェイムズ

P. D. James

1920/ 8/ 3-2014/11/27 U.k.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

本名:(Phyllis Dorothy James White)。オックスフォード生まれ。ケンブリッジ女子高校卒業。

Amazon P・D・ジェイムズ P. D. James

Novel

『女の顔を覆え』 Cover Her Face (1962)

『ある殺意』 A Mind to Murder (1963)

『不自然な死体』 Unnatural Causes (1967)

『ナイチンゲールの屍衣』 Shroud for a Nightingale (1971)

『女には向かない職業』 An Unsuitable Job for a Woman (1972)

『黒い塔』 The Black Tower (1975)

『わが職業は死』 Death of an Expect Witness (1977)

『罪なき血』 Innocent Blood (1980)

『皮膚の下の骸骨』 The Skull Beneath the Skin (1982)

『死の味』 A Taste for Death (1986)

『策謀と欲望』 Devices and Desires (1989)

『人類の子供たち』 The Children of Men (1992)

『原罪』 Original Sin (1994)

『正義』 A Certain Justice (1997)

『神学校の死』 Death in Holy Orders (2001)

『殺人展示室』 The Murder Room (2004)

『灯台』 The Lighthouse (2005)

『秘密』 The Private Patient (2008)

Short Fiction

「処刑」 Moment of Power (1967)

「殺人 -1986年」 Murder

「豪華美邸売ります」 A Very Undesirable Residence

「黄金色の飛沫」 The Victim

「サンタクロース殺人事件」 The Murder of Santa Claus

「金持ちは一度しか償わない」 The Rich Only pay Once 'Great Aunt Allies' Flypapers'

「八十歳の男」 The Man Who Was Eighty

「ヤドリギ殺人事件」 The Mistletoe Murder

「墓地を愛した娘」 The Girl Who Loved Graveyards

「策謀と欲望 -『策謀と欲望』より」 Devices and Desires

「いともありふれた殺人」 A Very Commonplace Murder

「大叔母の蝿取り紙」 Great-Aunt Allie's Fly-papers

「アダムはコーデリアと結婚すべきか?」 Ought Adam to Marry Cordelia?

Nonfiction/Etc.

『ラトクリフ街道の殺人』 The Maul and the Pear Tree: The Ratcliff Highway Murders 1811 (1971)


「血しぶきはお断わり」

「書く心」 A Mind to Write

「インタビュー・ウィズ P・D・ジェイムズ」

「パズルからノヴェルへ ドロシイ・セイヤーズ論」 Dorothy L. Sayers: From Puzzle to Novel

「ミステリの女王語る」

Top of Page