ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

ニコラス・ブレイク

Nicholas Blake

1904/ 4/27-1972/ 5/22 U.K.
Authors List

詩人セシル・デイ=ルイス(Cecil Day-Lewis)のペンネーム。アイルランド生まれ。オックスフォード大学卒業。

Amazon ニコラス・ブレイク Nicholas Blake

Novel

『くもの巣』 A Tangled Web(Death and Daisy Bland) (1956)

『血ぬられた報酬』 A Penknife in My Heart (1958)

『死のジョーカー』 The Deadly Joker (1963)

『秘められた傷』 The Private Wound (1968)


『証拠の問題』 A Question of Prof (1935)

『死の殻』 Thou Shell of Death (1936)

『野獣死すべし』 The Beast Must Die (1938)

『雪だるまの殺人』 The Case of the Abominable Snowman(The Corpse in the Snowman) (1941)

『殺しにいたるメモ』 Minute for Murder (1947)

『旅人の首』 Head of a Traveller (1949)

『呪われた穴』 The Dreadful Hollow (1953)

『闇のささやき』 The Whisper in the Gloom (1954)

『章の終り』 End of Chapter (1957)

『メリー・ウィドウの航海』 The Widow's Cruise (1959)

『死のとがめ』 The Worm of Death (1961)

『悪の断面』 The Sad Variety (1964)

『ワンダーランドの悪意』 Malice in Wonderland

『短刀を忍ばせ微笑む者』 The Smiler with the Knife

『死の翌朝』 The Morning After Death


『丘の上のカシの木』 The Friendly Tree (1936)

Short Fiction

「白の研究」 A Study in White

「暗殺者クラブ」 The Assassins' Club

「罪ほろぼしの金」 Conscience Money

「まぐれ当たり」 Long Shot

「舗道で拾ったオレンジ」 Mr. Prendergast and the Orange

「目は見えなくとも」 Sometimes the Blind

「ビール工場殺人事件」 There's Trouble Brewing (1937)

Nonfiction/Etc.

『詩をよむ若き人々のために』 Poetry for you

『現代詩論』

『ナバラ -詩集』

『詩をどう読むか』

『埋もれた時代 -若き詩人の自画像』

『悦ばしき知識』


「探偵小説 -その存在意義」

「なぜまた探偵小説が?」

Juvenile

『クリスマス殺人事件』 Thou Shell of Death

『オタバリの少年探偵たち』 The Otterbury Incident

in Complete

「詩をよむ若き人々のために」

「経験の歌」

「天国と地獄との結婚」

AmeqList since 1996 Update:2018/ 9