ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)

ナンシー・ピカード

Nancy Pickard

1945/ 9/19- U.S.A.
Authors List

ミズリー州カンザス・シティー生まれ。ミズリー大学卒業。
新聞記者から作家。
Amazon ナンシー・ピカード Nancy Pickard

Novel

『死者は惜しまない』 Generous Death (1984)

『恋人たちの小道』 Say No to Murder (1985)

『結婚は命がけ』 Marrige is Murder (1987)

『愛しのわが家』 Dead Crazy (1988)

『虹の彼方に』 Bum Steer(Cross Bones) (1990)

『悲しみにさよなら』 I. O. U. (1991)

『特製チリコンカルネの殺人』 The 27 Ingredient Chili Con Carne Murders (1993)

『涙のマンハッタン』 But I Wouldn't Want to Die There (1993)

『夢からさめても』 Confession (1994)

『扉をあけて』 Twilight (1995)

『狂った真実』 The Whole Truth (2000)

『凍てついた墓碑銘』 The Virgin of Small Plains

Short Fiction

「ダスト・デヴィル」 Dust Devils (TAD 1991/Winter)

「先制攻撃」 A Rock and a Hard Place

「持ち寄りパーティーの殺人」 The Potluck Supper Murders

「同居人」 A Man Around the House (EQMM 1981/12/ 2)

「口を閉ざす女」 Speak No Evil (1995)

「証言」 Sign of the Times (Malice Domestic 3 1994)

「セックスと暴力」 Sex and Violence

「いつもこわくて」 Afraid All the Time

「木曜日の女(長編風短編の試み)」 Every Wednesday(A Novel Idea for a Short Story )

「猫が消える町」 Fat Cat

「顔の傷」 The Scar

「嵐よ、つかまえて」 Storm Warnings

「愛の巣」 Love's Cottage

「ドクター・カウチ、猫を救う」 Dr. Couch Saves a Cat (editor:(Ed Gorman)/(Martin H. Greenberg)/(Larry Segriff) Cat Crimes for the Holidays 1997)

「Dr.カウチ、大統領を救う」 Dr. Couch Saves a President

「殺人は九ポイント」 Nine Points for Murder (1999)

「愉しいドライヴ」 Joy Ride (editor:(Christine Matthews) Deadly Housewives 2006)

「殺しをやってた」 I killed


「裸のフェニックス」 Naked Came Phoenix (2001)

Nonfiction/Etc.

「ナンシー・ピカードに聞く 「ジェニーはいわばわたしの分身なの」」 An Interview With Nancy Pickard

Update:2019