アルベルト・モラヴィア

Alberto Moravia

1907/11/28-1990/ 9/26 Italia
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

ローマに生まれ、病弱だったらしく、きちんとした教育を受けていないらしい。第二次世界大戦中は、ファシスト政権に弾圧された。
戦後はイタリアのネモ・レアリズモを代表する作家となる。
本名アルベルト・ピンケルレ。アルベルト・モラーヴィア表記あり。

Amazon アルベルト・モラヴィア Alberto Moravia

Novel

『無関心な人びと』 Gli indifferenti (1929)

『潰えた野心』 Le ambizioni sbagliate (1935)

『仮装舞踏会』 La mascherata (1941)

『めざめ』 (1945)

『ローマの女』 La romana (1947)

『誘惑』 (1948)

『夫婦の愛』 (1949)

『孤独な青年』 Il conformista (1951)

『軽蔑』 Le mepris (1954)

『二人の女』 La ciociara (1957)

『倦怠(けんたい)』 La noia (1960)

『関心 -アテンツィオーネ』 L'attenzione (1965)

『わたしとあいつ』 Io e lui (1971)

『深層生活』 La vita interiore (1978)

『視る男』 L'uomo che guarda (1978)

『1934年』 1934 (1982)

『ローマへの旅』 Il viaggio a Roma (1988)

『豹女』 La donna leopardo (1991)

Collection

『短篇集01 -苦い蜜月』 (1952)

『短篇集02 -海へ帰る』 (1952)

『ローマの物語』 (1954)

『ローマ物語』 (1954)

『ロボット』 L'automa (1962)

『モラヴィア短篇集01 -海辺のあいびき』 L7automa (1962)

『モラヴィア短篇集02 -ぼくの世界』 (1967)

『パラダイス』 (1970)

『ふたりの若者』

『誘惑者』

『女性諸君!』 (1976)

『黒マントの女』 La cosa e altri racconti (1976)

『眠くて死にそうな勇敢な消防士 -モラヴィア動物寓話集』 Storie della preistoria

『金曜日の別荘』 La villa del venerdi

『モラヴィア初期作品集1 -誘惑者』

『モラヴィア初期作品集2 -メキシコ女』

『モラヴィア初期作品集3 -不幸な恋人』

『薔薇とハナムグリ -シュルレアリスム・風刺短篇集』 Racconti surrealisti e satirici

Short Fiction

「イタリアという名のイタリア女」

「侮辱」 Insults

「テニス・クラブでの殺人」 Un omicipio nei tennis-club

「壮麗館」

「パパーロ」

「ずいぶん高く…」 Quant' e caro

「二重生活」

「ローマの恐怖」

「疲れた娼婦」

「死のない国」 Paese Senza Morte

「夢、うつつ」 La Vita E Un Sogno

「飾り窓」

「金星の住人」

「病人の冬」

「さようなら、また」

「お人好し」 Il godipoco

「英人将校」 L'ufficiale inglese

「ベアトリーチェ・チェンチ」

Nonfiction/Etc.

『アフリカ散歩』 Passeggiate africane (1987)

『目的としての人間』 (1964)

『モラヴィア不機嫌な作家』 Intervista sullo scrittore scomodo (1978)

『王様は裸だ -モラヴィアは語る』 Le roi est nu (1979)

『いやいやながらの“参加”』 (1979)

『わたしの中国観 -文革中国を旅して』

『モラヴィア自伝』 Vita di Moravia


『モラヴィア 二十世紀イタリアの愛と反逆』

in Complete

「無関心な人びと」

「若い蜜月旅行」 Luna di miele

「無関心な人びと」

「病んだ冬」

「冬の憂鬱」

「不幸な恋人」

「ドン・ジョヴァンニの一夜」

「わたしとあいつ」

「侮蔑」

「疲れた娼婦」

「苦い蜜月」

「海へかえる」

「軽蔑」

「倦怠」

Top of Page