ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)

クラーク・アシュトン・スミス

Clark Ashton Smith

1893/ 1/13-1961/ 8/14 U.S.A.
Authors List

ホラーというか、怪奇小説、恐怖小説の匂いのある作家。好きである。シリーズでいうと「ハイパーボリア」がよかった。

Collection

『呪われし地』 Genius Loci and Other Tales (1960)

『魔術師の帝国』 The Empire of Necromancers

『イルーニュの巨人』 The Colossus of Ylourgne and Other Stories

『魔界王国 -《妖奇と耽美の珠玉集》』 Ice-Demon and Other Stories (1931)

『ゾティーク幻妖怪異譚』 Tales of Zothique

『ヒュペルボレオス極北神怪譚』 The Muse of Hyperborean

『アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚』 Averoigne

『魔術師の帝国1』 The Empire of Necromancers. volume 1: Zothique

『魔術師の帝国2』 The Empire of Necromancers. Volume 2: Hyperborea

Short Fiction

「プルトニウム」 The Plutonian Drug (Amazing Stories 1934/ 9)

「分裂症の神」 Schizoid Creator (Fantasy Fiction 1953/11)

「小惑星の支配者」 Master of the Asteroid (Wonder Stories 1932/10)

「地獄のササイドン」 The Dark Eidolon (Weird Tales 1935/ 1)

「マルグリスの死」 The Death of Malygris (Weird Tales 1934/ 4)

「アブロワーニュの逢引」 A Rendez-Vous in Averoigne (Weird Tales 1931/ 4and5)

「混沌空間」 The Dimension of Chance (Wonder Stories 1932/10)

「魔神ツァソググアの神殿」 The Tales of Satamra Zeiros (Weird Tales 1931/11)

「白蛆の襲来」 The Coming of the White Worm (Stirring Science Stories 1941/ 4)

「魔術師の迷路」 The Maze of Maal Dweb (The Double Shadow and Other Fantasies 1933)

「地図にない島」 The Uncharted Isle (Weird Tales 1930/11)

「魔力のある物語」 The Necromantic Tale (Weird Tales 1931/ 1)

「妖術師の帰還」 The Return of the Sorcerer (Strange Tales 1931/ 9)

「墳墓の末裔」 The Nameless Offspring (Strange Tales 1932/ 6)

「彼方からの猟犬」 The Hunters from Beyond (Strange Stories 1932/10)

「サタムプラ・ゼイロスの物語」 The Tale of Satampra Zeiros

「極地からの光」 The Light from the Pole: History of Pharazyn the Enchanter

「窖に通じる階段」 The Stairs in the Crypt: History of the Necromancer Avalzaunt

「最も忌まわしきもの」 The Utmost Abomination

「ウトレッソル」 Utressor

Nonfiction/Etc.

「ハワード・フィリップス・ラヴクラフト頌」 To Howard Phillips Lovecraft (Wierd Tales 1937/ 7)

Juvenile

『アトランティスの呪い』

Update:2020