クラーク・アシュトン・スミス

Clark Ashton Smith

1893/ 1/13-1961/ 8/14 U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

ホラーというか、怪奇小説、恐怖小説の匂いのある作家。好きである。シリーズでいうと「ハイパーボリア」がよかった。

Amazon クラーク・アシュトン・スミス Clark Ashton Smith

Collection

『イルーニュの巨人』 The Colossus of Ylourgne and Other Stories

『魔界王国 -《妖奇と耽美の珠玉集》』 Ice-Demon and Other Stories (1931)

『呪われし地』 Genius Loci and Other Tales (1960)

『魔術師の帝国』 The Empire of Necromancers

『ゾティーク幻妖怪異譚』 Tales of Zothique

『ヒュペルボレオス極北神怪譚』 The Muse of Hyperborean

『アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚』 Averoigne

『魔術師の帝国1』 The Empire of Necromancers volume 1: Zothique

Short Fiction

「プルトニウム」 The Plutonian Drug (Amazing Stories 1934/ 9)

「分裂症の神」 Schizoid Creator (Fantasy Fiction 1953/11)

「小惑星の支配者」 Master of the Asteroid (Wonder Stories 1932/10)

「地獄のササイドン」 The Dark Eidolon (Weird Tales 1935/ 1)

「マルグリスの死」 The Death of Malygris (Weird Tales 1934/ 4)

「アブロワーニュの逢引」 A Rendez-Vous in Averoigne (Weird Tales 1931/ 4and5)

「混沌空間」 The Dimension of Chance (Wonder Stories 1932/10)

「魔神ツァソググアの神殿」 The Tales of Satamra Zeiros (Weird Tales 1931/11)

「白蛆の襲来」 The Coming of the White Worm (Stirring Science Stories 1941/ 4)

「魔術師の迷路」 The Maze of Maal Dweb (The Double Shadow and Other Fantasies 1933)

「地図にない島」 The Uncharted Isle (Weird Tales 1930/11)

「魔力のある物語」 The Necromantic Tale (Weird Tales 1931/ 1)

「妖術師の帰還」 The Return of the Sorcerer (Strange Tales 1931/ 9)

「墳墓の末裔」 The Nameless Offspring (Strange Tales 1932/ 6)

「彼方からの猟犬」 The Hunters from Beyond (Strange Stories 1932/10)

「サタムプラ・ゼイロスの物語」 The Tale of Satampra Zeiros

「極地からの光」 The Light from the Pole: History of Pharazyn the Enchanter

「窖に通じる階段」 The Stairs in the Crypt: History of the Necromancer Avalzaunt

「最も忌まわしきもの」 The Utmost Abomination

「ウトレッソル」 Utressor

Nonfiction/Etc.

「ハワード・フィリップス・ラヴクラフト頌」 To Howard Phillips Lovecraft (Wierd Tales 1937/ 7)

Juvenile

『アトランティスの呪い』

Top of Page