レジナルド・ヒル

Reginald Hill

1936- U.K.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

Pen Name:パトリック・ルエル(Patrick Ruell)。オックスフォード大学卒業。

Amazon レジナルド・ヒル Reginald Hill

Novel

『社交好きの女』 A Clubable Woman (1970)

『殺人のすすめ』 Fell of DarkAn Advancement of Learning (1971)

『秘められた感情』 Ruling Passion (1973)

『四月の屍衣』 An April Shroud (1975)

『スパイの妻』 The Spy's Wife (1980)

『王子を守る者』 Who Guards the Prince?(Who Guards the Prince?)(Guardians of the Prince) (1982)

『薔薇は死を夢見る』 Deadheads(Death-Heads) (1983)

『死にぎわの台詞』 Exit Lines (1984)

『子供の悪戯』 Child's Play (1987)

『闇の淵』 Underworld (1988)

『骨と沈黙』 Bones and Silence (1990)

『甦った女』 Recalled to Life (1992)

『幸運を招く男』 Blood Sympathy (1993)

『誰の罪でもなく』 Born Guilty (1995)

『完璧な絵画』 Pictures of Perfection (1994)

『幻の森』 The Wood Beyond (1996)

『ベウラの頂』 On Beulan Height (1998)

『武器と女たち』 Arms and the Woman (2000)

『死者との対話』 Dialogues of the Dead (2001)

『死の笑話集』 Death's Jest-Book

『真夜中への挨拶』 Good Morning, Midnight (2004)

『異人館』 The Stranger House (2005)

『ダルジールの死』 The Death of Dalziel (2007)

『死は万病を癒す薬』 A Cure for All Diseases (2008)

『午前零時のフーガ』 Midnight Fugue (2009)

『探偵稼業は運しだい -私立探偵ジョー・シックススミス』 The Roar of the Butterflies


『長く孤独な狙撃』 The Long Kill (1986)

『眠りネズミは死んだ』 Death of a Dormouse (1987)

『ただ一度の挑戦』 The Only Game (1991)

Collection

『パスコーの幽霊』 Pascoe's Ghost (1979)

『ソ連に幽霊は存在しない』 There Are No Ghosts In the Soviet Union and Other Stories (1987)

『ダルジール警部と四つの謎』 Asking for the Moon (1994)

『最低の犯罪』

Short Fiction

「洋上の聖餐」 A Shameful Eating

「イタリアのシャーロック・ホームズ」 The Italian Sherlock Holmes (editor:(Martin H. Greenberg)/(Calol-Lynn R. Waugh)/(Jon L. Lellenberg) Holmes for The Holidays 1996)

「きよしこの夜」 Silent Night

「最後の狼」 The Last Wolf

「クリスマスのキャンドル」 A Candle for Christmas

「妹を窓外放出した男」 The Man Who Dedenstrayed His Sister

「政治家はつらいよ」 Realpolitic

「お宝の猿」 Brass Monkey

「犬のゲーム」 The Game of Dog (editor:(Martin Edwards) Mysterious Pleasures 2003)

「恥をかく」 Fool of Myself (editor:(Simon Brett) The Detection Collection 2005)

Nonfiction/Etc.

「ヒル、ディブデイン創作の秘密を語る」

「レジナルド・ヒルに一問一答」

Top of Page