ギョーム・アポリネール

Guillaume Apollinaire

1880/ 8/26-1918/11/ 9 Poland
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

イタリア出身のポーランド人。
本名ヴィルヘルム・アポリナリス・コストロヴィツキ(Wilhelm (Albert Vladimir) Apollinaris de Kostrowitzky)/(Wiliam (Albert Włodzimierz) Apolinary Kostrowicki)
印象派批判主義「キュビスム」の先導者の1人。
表記は、ギヨオム・アポリネエル、他、あり。
Amazon ギョーム・アポリネール Guillaume Apollinaire

Novel/Collection/Etc.
第一書房

『動物詩集 -又の名・オルフエさまのお供の衆』

『アポリネエル詩抄』

紅玉堂書店(Kogyoku-do Shoten)

『偽救世主ランフイヨン -或はドルムザム男爵の冒険』 L'amphion faux-messie

白水社(HakusuiSha)

『オノレ・シユブラツクの喪失・アムステルダムの水兵』

『虐殺された詩人』 Le poete assassine

『異端教祖株式会社』 L'hérésiaque et Cie


「仮面の砲兵伍長奇談すなわち蘇生した詩人」 Cas du brigadier masque c'esta-dire le poete ressuscite

「影の散歩」 La Promenade de L'ombre

「ティレシアスの乳房」

山本書店

『アムステルダムの水夫』

野田書房(Noda Shobo)

『贋救世主アンフィオン -一名ドルムザン男爵の冒険物語』 L'amphion faux-messie

創元社(SogenSha)

『アポリネール詩集』

新潮社(ShinchoSha)

『アポリネール詩集』

緑地社

『キュビスムの画家たち』

大学書林

『詩と短篇小説集』

『アポリネール短篇傑作集』

『アポリネールのコント』 Contes de G. Apollinaire

『アポリネール詩と短篇小説集』 Posies et contes choisis

第三書房

『青い眼』

『異端の教祖商会』

『おしゃべり回想』

昭森社

『立体派の画家たち -美学的省察』

『アポリネール遺稿詩篇』

角川書店(Kadokawa Shoten)

『ヒルデスハイムの薔薇 -他十五篇』

『一万一千本の鞭』 Les onze mille verges

『若きドン・ジュアンの冒険』 Les exploits d'un jeune Don Juan

彌生書房(Yayoi Shobo)

『アポリネール詩集』

浪速書房(Naniwa Shobo)

『愛の神秘』

「サロメ」

「淫蕩の太子」

学芸書林

『若きドン・ジュアンの冒険』 Les exploits d'un jeune Don Juan

『壱万壱千鞭譚』 Les onze mille verges

晶文社(ShobunSha)

『異端教祖株式会社』 L'hérésiaque et Cie

二見書房(Futami Shobo)

『一万一千本の鞭 -太守の色道遍歴』 Les onze mille verges

講談社(KodanSha)

『異端教祖株式会社』 L'hérésiaque et Cie

『虐殺された詩人』 Le poete assassine


「短編」

出帆社

『ドン・ジュアン手柄話』 Les exploits d'un jeune Don Juan


「オノレ・シュブラックの失踪」 La Disparition d'Honoré Subrac (1910)

青銅社

『腐ってゆく魔術師』 Enchanteur pourrissant

求龍堂(Kyuryudo)

『動物詩集 -又はオルフェさまの供揃い』

ほるぷ出版

『アポリネール詩集』 Apollinaire

富士見書房(Fujimi Shobo)

『若きドン・ジュアンの冒険』 Les exploits d'un jeune Don Juan

『一万一千本の鞭』 Les onze mille verges

福武書店(Fukutake Shoten)

『アポリネール傑作短篇集』

評論社(HyoronSha)

『アポリネール動物詩集』

小沢書店(Ozawa Shoten)

『アポリネール詩集』

河出書房(Kawade Shobo)/河出書房新社(Kawade Shobo ShinSha)

『一万一千の鞭』 Les onze mille verges

『若きドン・ジュアンの手柄ばなし』 Les exploits d'un jeune Don Juan

『詩の朗読会 フランス編』


「オノレ・シュブラックの消滅」 La Disparition d'Honoré Subrac (1910)


「オトゥミカ」

「オノレ・シュブラックの失踪」

「聖女アドラータ」

「死後の婚約者」

「月の王」

「ギョーム・アポリネール」

沖積舎(ChusekiSha)

『贋救世主アンフィオン -一名ドルムザン男爵の冒険物語』 L'amphion faux-messie

光文社(KobunSha)

「アムステルダムの水夫」 Le Matelot d'amsterdam (1910)

「お風呂の楽しみ」

国書刊行会(Kokusho Kankohkai)

「サロメ」

「月の王」 Le roi-lune

「ラテン系ユダヤ人」 Le Juif Latin

筑摩書房(Chikuma Shobo)

「月の王」 Le roi-lune

「オノレ・シュブラックの失踪」 La Disparition d'Honoré Subrac (1910)

「アムステルダムの水夫」 Le Matelot d'amsterdam (1910)

「詩人のナプキン」 La Serviette Des Poetes

「混成賭博クラブでのめぐり会い」 La Rencontre au Cercle mixte

「ミラボー橋」

「友人メリタルト」 L'Ami Meritarte


「オノレ・シュブラックの失踪」

「アムステルダムの水夫」

偕成社(KaiseiSha)

「オノレ・シュブラックの失踪」 La Disparition D'honore Subrac

くもん出版(Kumon Shuppan)

「消えたオノレ・シュブラック」 La Disparition D'honore Subrac

金の星社(Kin no Hoshi Sha)

「分身人間」

集英社(ShueiSha)

「月の王」 Le roi-lune

「贋救世主アンフィオン ドルムザン男爵の冒険物語」 L'Amphion Faxu Messie: ou histoires et aventures du baron d'Ormesan

「贈物」

「出発」

「ミラボー橋」


「ヒルデスハイムの薔薇」

「オノレ・シュブラックの失踪」

透土社(TohdoSha)

「仮面をつけた上等兵の出来事すなわち蘇った詩人」 Cas du brigadier masque c'esta-dire le poete ressuscite

早川書房(Hayakawa Shobo)

「オノレ・シュブラックの失踪」 La Disparition d'Honoré Subrac (1910)

北宋社(HokusouSha)

「魔術師シモン」 Simon Mage

岩谷書店/宝石社

「プラーグで行き逢った男」 Le Passant De Prague

「オノレ・シュブラックの失踪」 La Disparition d'Honoré Subrac (1910)

「アムステルダムの船員」 Le Matelot d'amsterdam (1910)

學生社(GakuseiSha)

「ヒルデスハイムのばら」 La Rose de Hildesheim ou les Tresors des ro is Mages

「オノレ・シュブラックの失踪」 La Disparition d'Honoré Subrac (1910)

立風書房(Rippu Shobo)

「オノレ・シュブラックの失踪」 La Disparition d'Honoré Subrac (1910)

岩波書店(Iwanami Shoten)

「オノレ・シュブラックの失踪」 La Disparition d'Honoré Subrac (1910)

世界文化社(SekaibunkaSha)

「オノレ・シュブラックの失踪」 La Disparition d'Honoré Subrac (1910)

中央公論社(ChuokoronSha)/中央公論新社(Chuokoron-ShinSha)

「アムステルダムの水夫」 Le Matelot d'amsterdam (1910)

「オノレ・シュブラックの失踪」 La Disparition d'Honoré Subrac (1910)

東京創元社(Tokyo SogenSha)

「オノレ・シュブラックの消滅」 La Disparition d'Honoré Subrac (1910)

新日本出版社(Shin Nihon SuppanSha)

「オノレ・シュブラックの消失」 La Disparition d'Honoré Subrac (1910)

書肆山田

「オノレ・シュブラックの滅形」 La Disparition d'Honoré Subrac (1910)

「アムステルダムの水夫」 Le Matelot d'amsterdam (1910)

「詩人のナプキン」 La Serviette Des Poetes

旺文社(ObunSha)

「死後の婚約」

学習研究社(Gakushu KenkyuSha)

「オノレ・シュブラックの失踪」 La disparition d'honore sublac

平凡社(HeibonSha)

「アルコール」

書肆山田

「詩人のナプキン」

「オノレ・シュブラックの滅形」

「アムステルダムの水夫」

みすず書房(Misuzu Shobo)

「アンリ・マチス」

先進社

「オノレ・シュブラックの消滅」 La Disparition D'honore Subrac

Complete Collection

『アポリネール全集』


『アポリネール全集01』

『アポリネール全集02』

『アポリネール全集03』

『アポリネール全集04』

Top of Page