ジョン・W・キャンベル・ジュニア

John W. Campbell, Jr.

1910/ 6/ 8-1971/ 7/11 U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

(John Wood Campbell, Jr.)
ただ、ひたすら生き残るために戦う。それが『月は地獄だ!』である。
実に古臭い作品ではあるけれど、ここにSFの原点があると思う。学生の時に読んだ思い出の一冊。
いつまでたっても忘れられない。おそらくは、いまの人たちが読めば、投げ出すのかもしれないけれど。

何度も映画化されている「影が行く」は古典的名作。映画は古いのも再映画もどちらも見ているが、カーペンター監督のはグロかった。
当時、免疫がなかったもので、ぐちょぐちょさは勘弁してと思ったものだ。のちホラー映画にはまるわけだけど…。
モーリー&ウエイドは、古き良きスペース・オペラ。
Amazon ジョン・W・キャンベル・ジュニア John W. Campbell, Jr.

Novel

『100万光年の死闘』 The Mightiest Machine (1947)

『月は地獄だ!』 The Moon is Hell! (1957)


『遊星からの物体X -ファーストコンタクト』 The Thing

Collection

『暗黒星通過!』 The Black Star Passes (1953)

『影が行く』 Who Goes There? and Other Stories (1955)

Short Fiction

「忘却」 Forgetfulness (Astounding 1937/ 6)

「機械」 The Machine (Astounding 1935/ 2)

「最終進化」 The Last Evolution (Amazing 1932/ 8)

Nonfiction/Etc.

「ニューヨーク二つの会見記 ポール キャンベルに会う」

Juvenile

『月は地獄だ!』 The Moon is Hell! (1957)

『なぞの宇宙物体X』 Who Goes There?

『暗黒星の恐怖』 The Black Star Passed


「物体Xの恐怖」 Who Goes There?

Top of Page