ポール・オースター

Paul Auster

1947/ 2/ 3- U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

ニュージャージー州ニューアーク生まれ。コロンビア大学で修士号を取得。
Amazon ポール・オースター Paul Auster

Novel

『シティ・オヴ・グラス』 City of Glass (1985)

『幽霊たち』 Ghosts (1986)

『鍵のかかった部屋』 The Locked Room (1986)

『最後の物たちの国で』 In the Country of Last Things (1987)

『ムーン・パレス』 Moon Palace (1989)

『偶然の音楽』 The Music of Chance (1990)

『リヴァイアサン』 Leviathan (1992)

『ミスター・ヴァーティゴ』 Mr. Vertigo (1994)

『ティンブクトゥ』 Timbuktu (1999)

『幻影の書』 The Book of Illusions

『ガラスの街』 City of Glass

『オラクル・ナイト』 Oracle Night

『ブルックリン・フォリーズ』 The Brooklyn Follies

『写字室の旅』 Travels in the Scriptorium

『闇の中の男』 Man in the Dark


『スモーク&ブルー・イン・ザ・フェイス』 Smoke and Blue in the Face (1995)

『ルル・オン・ザ・ブリッジ』 Lulu on the Bridge (1998)


『消失 -ポール・オースター詩集』 Disappearances (1988)

『壁の文字 -ポール・オースター全詩集』 Collected Poems of Paul Auster

Short Fiction

「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」 Auggie Wren's Christmas Story

「ブラックアウツ」 Blackouts

Nonfiction/Etc.

『空腹の技法』 The Art of Hunger (1982)

『孤独の発明』 The Invention of Solitude (1982)

『トゥルー・ストーリーズ』 (2004)


『わがタイプライターの物語』 The Story of My Typewriter


『ポール・オースター』


『シティ・オブ・グラス』 City of Glass


『ヒア・アンド・ナウ -往復書簡2008-2011』 Here and Now


『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』 True Tales of American Life 2001(I Thought My Father was God, and Other True Tales from NPR's National History Project)

『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』 I Thought My Father was God


『ポール・オースターが朗読するナショナル・ストーリー・プロジェクト』 Paul Auster Reads the National Story Project/I Thought My Father Was God

『ポール・オースターが朗読するナショナル・ストーリー・プロジェクト2 -動物/物/家族篇』 Paul Auster Reads the National Story Project/I Thought My Father Was God

『ポール・オースターが朗読するナショナル・ストーリー・プロジェクト3 -スラップスティック/見知らぬ隣人篇』 Paul Auster Reads the National Story Project/I Thought My Father Was God

『ポール・オースターが朗読するナショナル・ストーリー・プロジェクト4 -戦争/愛篇』 Paul Auster Reads the National Story Project/I Thought My Father Was God

『ポール・オースターが朗読するナショナル・ストーリー・プロジェクト4 -戦争/愛篇』 Paul Auster Reads the National Story Project/I Thought My Father Was God


「BLACKOUTS」 Blackouts

「現実が持っている、不思議で、意外な本質に、我々は本当に向きあってはいないんじゃないか」 The Strange and Unexpected Nature of Reality is Never Really Addressed

「孤児の再発明」

Top of Page