ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

アリステア・マクリーン

Alistair Maclean

1922/ 4/28-1987/ 2/ 2 Scotland
Authors List

(Alistair Stuart MacLean)
Pen Name:イアン・スチュアート(Ian Stuart)。
スコットランドのデイヴィオット生まれ。グラスゴー大学卒業、海軍勤務。中等学校の歴史教師から作家。『女王陛下のユリシーズ号』は、名作。わたしも震えるほど、感激しました。
『ナヴァロンの要塞』、『最後の国境線』等、言うに及ばず。前期、中期、後期とだんだんしなびていくのはしかたがないにしてもだ、ちょっと極端すぎないかいとも思う。
結果、処女作に帰結してしまうのは気の毒だなとは思うけど。

Amazon アリステア・マクリーン Alistair Maclean

Novel

『女王陛下のユリシーズ号』 H. M. S. Ulysses (1955)

『ナヴァロンの要塞』 The Guns of Navarone (1957)

『シンガポール脱出』 South by Java Head (1958)

『最後の国境線』 The Last Frontier(The Secret Ways) (1959)

『北極戦線』 Night Without End (1959)

『恐怖の関門』 Fear Is the Key (1961)

『黒い十字軍』 The Dark Crusader(The Black Shrike) (1961)

『黄金のランデヴー』 The Golden Rendezvous (1962)

『悪魔の兵器』 The Satan Bug (1962)

『原子力潜水艦ドルフィン』 Ice Station Zebra (1963)

『八点鐘が鳴る時』 When Eight Bells Toll (1966)

『荒鷲の要塞』 Where Eagles Dare (1967)

『ナヴァロンの嵐』 Force Ten from Navarone (1968)

『麻薬運河』 Puppet on a Chain (1969)

『巡礼のキャラバン隊』 Caravan to Vaccares (1970)

『北海の墓場』 Bear Island (1971)

『歪んだサーキット』 The Way to Dusty Death (1973)

『軍用列車』 Breakheat Pass (1974)

『地獄の綱渡り』 Circus (1975)

『金門橋』 The Golden Gate (1976)

『魔女の海域』 Seawitch (1977)

『さらばカリフォルニア』 Good-Bye California(1977)

『雪原の炎』 Athabasca (1980)

『死の激流』 River of Death (1981)

『パルチザン』 Partisans (1982)

『防潮門』 Floodgate (1983)

『サン・アンドレアス号の脱出』 San Andreas (1984)

『サントリーニの牙』 Santorini (1986)

Collection

『孤独の海』 The Lonely Sea (1985)

Short Fiction

「シティ・オブ・ベナレス号の悲劇」 City of Benares (1985)

Nonfiction/Etc.

『キャプテン・クックの航海』 Captain Cook (1972)


『人質の塔』