ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

エルモア・レナード

Elmore Leonard

1925/10/11-2013/ 8/20 U.S.A.
Authors List

ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。

Amazon エルモア・レナード Elmore Leonard

Novel

『ムーンシャイン・ウォー』 The Moonshin War (1969)

『ミスター・マジェスティック』 Mr. Majestyk (1974)

『五万二千ドルの罠』 Fifty-Two Pickup (1974)

『スワッグ』 Swag (1976)

『身元不明者89号』 Unknown Man No.89 (1977)

『追われる男』 The Hunted (1977)

『ザ・スイッチ』 The Switch (1978)

『マイアミ欲望海岸』 Gold Coast (1980)

『野獣の街』 City Primeval (1980)

『スプリット・イメージ』 Split Images (1982)

『キャット・チェイサー』 Cat Chaser (1982)

『スティック』 Stick (1983)

『ラブラバ』 La BRAVA (1983)

『グリッツ』 Glitz (1985)

『バンディッツ』 Bandits (1987)

『タッチ』 Touch (1987)

『フリーキー・ディーキー』 Freaky Deaky (1988)

『キルショット』 Killshot (1989)

『ゲット・ショーティ』 Get Shorty (1990)

『ラム・パンチ』 Rum Punch (1992)

『プロント』 Pronto (1993)

『アウト・オブ・サイト』 Out of Sight (1996)

『キューバ・リブレ』 Cuba Libre (1998)

『ビー・クール』 Be Cool (1999)

『ママ、大変、うちにコヨーテがいるよ!』 A Coyote's in the House (2004)

『ホット・キッド』 The Hot Kid (2005)

Short Fiction

「決断の三時十分」 Three-Ten to Yuma

「大佐の夫人」 The Colonel's Lady

「キャレンが寝た男」 Karen Makes Out (Murder for Love 1996)

「火花」 Sparks (editor:(Otto Penzler) Murder and Obsession 1999)

「チカソー族のチャーリー・ホーク」 Chickasaw Charlie Hoke (editor:(Otto Penzler) Murderers'Row 2001)

「微笑んだ少年」 The Boy Who Smiled (Gunsmoke 1953/ 6)

「新しいメイド」 When the Women Come Out to Dance (When the Women Come Out to Dance: Stories 2003)

「ルーリーとプリティ・ボーイ」 Louly and Pretty Boy (editor:(Otto Penzler) Dangerous Women 2005)

「女にはわからないこと」 (Western Magazine 1955/12)

「ぶちかませ!」

「追悼エッセイ」

Nonfiction/Etc.

「エルモア・レナード語る」 An Interview with Elmore Leonard


「エルモア・レナードの内幕」 Getting It Right: Researching Elmore Leonard's Novels

「「グリッツ」と最新作「バンディッツ」の内幕」(essay) Advance Man: Researching Elmore Leonard's Novels